蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

ポータブル蓄電池は日本製がいい?海外製との違いを解説!

蓄電池 2021年10月27日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

アウトドアや災害対策として大活躍するポータブル蓄電池。
屋内外問わず、電気を使用することが出来、ちょっとした作業からキャンプ停電対策として活用することが出来ます。

そんなポータブル蓄電池は、近年需要が高まってきており、海外製・日本製問わず多くの商品が販売されています。
今回は、ポータブル蓄電池の海外製・日本製の違いや日本製がおすすめな理由を解説していきます。

【まずはここから】ポータブル蓄電池ってなに?

エコや光熱費削減の観点から、近年人気が出ている「家庭用蓄電池」。

ポータブル蓄電池は、持ち運びができる家庭用蓄電池といったところでしょうか。
家庭用蓄電池に比べて、持ち運びができる蓄電容量は減ってしまいます。

しかし、持ち運びができることで利便性が上がり、アウトドアやピクニックなどで使用することができます。

さらに、停電が起きた時に、充電してあるポータブル蓄電池があれば、電気を使用することが可能です。
万が一停電が起きた時の停電対策として、ポータブル蓄電池が一家に一台あると安心です。

持ち運びができる蓄電池!

持ち運びができるポータブル蓄電池は、キャンプや車中泊といったアウトドアをする人にとっては、なじみ深いのではないでしょうか。

アウトドア以外でも、ピクニックや運動会、庭先での電気工具の使やDIYなどに活用することが出来ます。
特別な設備も必要なく、手軽に導入することが出来るので、一家に一台あれば防災対策としても役立ちます。

アウトドアだけでなく災害対策にも!

停電が起こった時に、ポータブル蓄電池があれば、スマホの充電などの電源の確保が出来ます。
スマホの充電の他にも、ライトや扇風機なども使用することが可能です。

ポータブル蓄電池によっては、ライトやスピーカーが付属している商品や、バッテリーが取り外し可能な商品があります。
さらに、ソーラーパネルで充電できる商品も多いので、災害対策としてポータブル蓄電池を購入する時は、ソーラーパネルに対応している商品を選ぶとよいでしょう。

ポータブル蓄電池は用途の広く使いやすい!

ポータブル蓄電池は、あらかじめ充電しておけば、どこでも電気を使用することが出来ます。

庭先でのDIYや車中泊、キャンプ、子供の学校行事など様々な場面で使用することが可能です。
今まで、電気が使えなくて不便だ思っていた場面でも、電気を使用することが可能なので、生活を豊かにしてくれるでしょう。

一台あれば、停電が起きた時にも使用することが出来るので、家庭用蓄電池を導入していない家庭でも安心です。
ポータブル蓄電池は、購入するだけで特別な設備は必要ないので、今すぐに手軽に導入することが出来ます。

ポータブル蓄電池の日本製と海外製の違いは?

ポータブル蓄電池の商品でも、日本製・海外製の商品があります。

日本製と海外製のポータブル蓄電池には、主に3つの違いがあります。
安全性に関わることもあるので、メリット・デメリットをよく理解し、ポータブル蓄電池を選びましょう。

違い① 価格が違う!

日本製と海外製のポータブル蓄電池の1番の違いは、価格です。

海外製のポータブル蓄電池は、日本製のポータブル蓄電池に比べて価格が安い傾向にあります。
海外製のポータブル蓄電池は、大量に製造・生産されており、一度に大量に生産することで価格が安く抑えられています。

違い② 安全性を保証するPSEマークの有無!

PSEマークとは「電気用品安全法」の略称で、多くの電化製品に表示されています。
PSEは、電化製品の安全性や品質を保証するマークのことです。

特定の電化製品に取得が義務付けられており、指定されている電化製品はPSEマークを取得しなければ、製造・販売ができません。

現在、日本ではポータブル蓄電池にPSEマークの取得は義務付けられていません

しかし、日本製のポータブル蓄電池の多くは、PSEマークを取得しています。
海外製のポータブル蓄電池であっても、PSEマークを取得している商品もありますが、現時点では少ないのが現状です。

違い③ サポートや保証が違う!

海外製・日本製のポータブル蓄電池は、サポートや保証が違います。

両者ともサポートや保証がついていますが、海外製のポータブル蓄電池は修理やリコールが起きた時に、海外までポータブル蓄電池を送らなければならず手間がかかります。
対して、サポートの面でも日本製のポータブル蓄電池であれば、修理を依頼する時も日本国内だけで済み、日本人スタッフに対応してもらえるので安心です。

ポータブル蓄電池は海外製よりも日本製がおすすめな理由

安全性やサポート、保証などのトータルな面において、ポータブル蓄電池は日本製がおすすめです。

ポータブル蓄電池は、日常だけではなく災害で停電が起きた時にも、使用することが出来ます。
万が一、停電が起きてしまったときに「使えない」では、困ってしまうで余程の理由がない限り、日本製のポータブル蓄電池の購入がおすすめです。

理由① 保証が付いていて安心

日本製のポータブル蓄電池には、2年の保証がついている商品が多いです。
ポータブル蓄電池は、値段が5万円前後する商品が多いので、2年の保証がついていると安心です。

また、使用していて分からないことがあった時なども、日本人スタッフに対応してもらえます。

理由② 安全性が保証されている

日本では、ポータブル蓄電池にPSEマークの取得は義務付けられていません。
しかし、日本製のポータブル蓄電池の多くはPSEマークを取得しており、安全性が保証されています。

海外製のポータブル蓄電池にもPSEマークを取得した商品はありますが、日本製の商品の方がPSEマークを取得している商品が多いです。
ポータブル蓄電池を購入する時に、安全性も考慮したい場合には日本製のポータブル蓄電池から選ぶとよいでしょう。

理由③ 修理サポートが受けられて安心

海外製・日本製のほとんどのポータブル蓄電池共に、保証や修理サポートがついています。

海外製のメーカーの製品を購入したことのある方は経験があるかもしれませんが、修理や保証を受けるときに日本製の製品の方がスムーズにいくことが多いです。
修理を受けるときも、日本製であれば日本国内で用が済むのに対し、海外製の製品は海外まで修理のために輸送しなければいけません。

そういった手間を省くためにも、日本製ポータブル蓄電池がおすすめです。

長く安全に使用したいなら日本製ポータブル蓄電池がおすすめ!

今回は、日本製・海外製のポータブル蓄電池について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

日常的にだけではなく、アクティビティ、アウトドアに加え、非常時にも活用できるポータブル蓄電池は、一家に一台あると安心です。

さらに、ポータブル蓄電池を購入する時は容量や機能だけではなく、保証やサポートについても調べるとよいでしょう。

ポータブル蓄電池は、家庭用蓄電池に比べて安価ですが、決して安い買い物ではありません。

保証やサポートがしっかりしている製品を選び、安心して使えるようにしましょう。

 

リノベステーションではニチコンやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。(ポータブル蓄電池もあります。)

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事