蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

オムロンの蓄電池の特徴や強みは?おすすめ2機種の特徴も紹介!

蓄電池 2021年11月14日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

オムロンと聞くと、一家に一台はあるであろう体温計を想像する方も多いのではないでしょうか。実はオムロンは、家庭用蓄電池の製造および販売も手掛けており、実績もしっかりあるのですよ。

この記事では、オムロン製蓄電池の特徴や強み、おすすめ機種の特徴について紹介します。オムロン製の蓄電池を検討している方、必見です。

オムロン製蓄電池の特徴&強みは?

まずは、オムロン製蓄電池にはどういった特徴や強みがあるのか、具体的に4つ紹介します。

4タイプの蓄電池から家庭に合う容量のものを選択可能

オムロン製蓄電池は、蓄電容量が以下のように4タイプ存在していて、家庭に合う容量の蓄電池を選択可能という嬉しい特徴があります。

  • 16.4kWh
  • 9.8kWh
  • 6.5kWh
  • 4.2kWh

 蓄電池に求める必要容量は、各家庭によって異なるはず。だからこそ、幅広いラインナップがあるオムロン製蓄電池は選択肢が広がって良いですよね。

3つのモードの中から家庭に合う使い方を選択可能

オムロン製蓄電池は、以下3つのモードの中から家庭に合う使い方を選択可能という嬉しい特徴もあります。

グリーンモード

電力の自家消費を最優先に考えるモード

経済モード

売電を優先し収入を得ることを最優先に考えるモード

安全モード

蓄電残量の維持を最優先に考えるモード

各家庭によって、蓄電池に求めているものは異なるはず。したがって、上記のように3タイプの中から家庭に合った蓄電池の使い方を選択できるのは嬉しいですよね。

また、上記3タイプのどれを選択しても、自動モードと呼ばれる停電発生時に自動的に電力を復旧させてくれるモードが入っているので、停電時も安心して電力を使うことができますよ。

長期に渡って培ってきた実力があって安心 

オムロンは、長期に渡って培ってきた実力があるので安心できるという特徴があります。

あまり知られていないかもしれませんが、オムロンは蓄電池の使用には欠かせないパワーコンディショナーのパイオニア。20年以上も業界の最前線で活躍をしており、創エネ分野でのサポート実績もしっかりあります。

蓄電池は、10~15年程度と長期に渡って使用する商品。したがって、歴史の浅いメーカーよりもしっかりとした歴史のあるメーカーの蓄電池を選んだほうが安心できますよね。オムロンは、既述の通り歴史がしっかりしているので、安心して蓄電池を使用できますよ。

10年後も蓄電容量60%以上を実現している機種がある

オムロン製蓄電池は、使用開始から10年後も蓄電容量60%以上を実現している機種があります。

蓄電池は電化製品なので、数年も経てば蓄電容量が徐々に減っていきます。たとえていうなら、携帯電話と同じ仕組みです。携帯電話も、購入後すぐは電池の減るスピードが遅いですが、同じ機種を2~3年程度使った場合、電池の減りが早くなったことを感じるでしょう。電化製品である以上は仕方のないことなのですが、蓄電池に関しては、万一の停電時を思うと安心はできない現象となってしまいます。

しかし、オムロン製蓄電池は、10年使用したとしても蓄電容量は初期の60%以上を確保してくれます。したがって、たとえば使用から10年目で大規模停電に見舞われたとしても、蓄電池を導入した恩恵をしっかり受けることが可能です。

オムロン製蓄電池!おすすめ2機種の特徴を紹介!

ここからは、オムロン製蓄電池でおすすめの2機種の特徴を紹介します。

ここで紹介するおすすめの2機種は、「KPAC-Aシリーズ」の「KP-BU65-A」「KP-BU98-B」です。それぞれ見ていきましょう。

単機能型蓄電池KP-BU65-Aの特徴は?

まず、蓄電容量6.5kWhの単能型蓄電池KP-BU65-Aの特徴を3つ紹介します。

世界最小最軽量52kg

KP-BU65-Aは、蓄電容量6.5kWhの蓄電池の中で、世界最小最軽量を実現しています。

どれほどまでに小型化しているかというのは、以下の通りです。

大きさ

横452mm×高さ656mm×奥行き120mm

重量

52kg

参考までに、同じ蓄電容量6.5kWhのシャープ製蓄電池(JH-WB1921)の大きさと重量は以下の通りです。

  • 大きさ…横560mm×高さ575mm×奥行き320mm
  • 重量…74kg

KP-BU65-Aがどれだけ小型かつ軽量であるかがわかりますよね。

基礎工事が不要で経費削減

KP-BU65-Aは屋内設置型なので、基礎工事が不要で経費削減が可能という特徴があります。

屋外設置型の蓄電池は一般的に、コンクリ基礎を作るなど基礎工事が必要になります。したがって、蓄電池本体の購入費用の他、蓄電池の設置費用が20~30万円ほど上乗せされてしまいます。

しかし、KP-BU65-Aは屋内設置型の蓄電池なので、基礎工事は不要です。したがって、設置に伴う工事費用の負担はありません。経費を削減できて、家計は助かりますよね。

重塩害地域でも使用可能

KP-BU65-Aは屋内設置型蓄電池なので、重塩害地域でも使用可能という特徴があります。

多くの屋外設置型蓄電池は、重塩害地域と呼ばれる沿岸に近い環境では使用できません。海水に含まれる塩分によって、電子部品の集合体である蓄電池の機器内部に、何らかの異常を来たす恐れが指摘されているからです。

しかし、KP-BU65-Aは屋内設置型蓄電池なので、海に近いエリアにお住まいの場合でも安心して使用できます。重塩害エリアで使用できる蓄電池は全体を見てもとても少なく、限りがあります。選択肢が増えるだけで嬉しいですよね。

単機能型蓄電池KP-BU98-Bの特徴は?

続いて、蓄電容量9.8kWhの単機能型蓄電池KP-BU98-Bの特徴を見ていきましょう。

世界最小最軽量78kg

KP-BU98-Bは、蓄電容量9.8kWhの蓄電池の中で、世界最小かつ最軽量を実現しています。

どれほどまでに小型化しているかというのは、以下の表の通りです。

大きさ

横452mm×高さ542mm×奥行き228mm

重量

78kg

参考までに、KP-BU98-Bと同じ蓄電容量9.8kWhを誇るスマートスターの「スマートスターL」の大きさや重量と比較してみましょう。

  • 大きさ…横762mm×高さ1145mm×奥行き440mm
  • 重量…195kg

 KP-BU98-Bが小型かつ軽量なのが一目瞭然ですね!

壁掛け設置が可能だから水害に強い

KP-BU98-Bは、壁掛け設置が可能なので水害に強いという特徴もあります。

KP-BU98-Bは屋外設置型蓄電池です。一般的な屋外設置型蓄電池は、地面にコンクリ基礎を作り、地面からの高さを出す必要があります。とはいえ、地面から数センチ高い位置に蓄電池が設置してあるだけなので、大雨による水害や盗難被害など、さまざまな被害を受けてしまう恐れがあります。

しかし、KP-BU98-Bは、屋外は屋外でも壁掛け設置が可能という嬉しい特徴がある機種です。したがって、水害や盗難被害から免れる可能性が高くなります。決して安価な買い物ではない蓄電池。万一のことを想定して、リスク対策ができるのは嬉しいですよね。

オムロン製蓄電池は魅力たくさん!家庭に合う蓄電池を検討しよう!

オムロン製蓄電池は、たくさんの魅力があることがわかりました。

家庭の状況に合わせて、4種類の蓄電容量の中から最適な蓄電池を選択できるのは、嬉しい特徴といえるでしょう。

さらに、ここで紹介した2機種に関しては、世界最小かつ最軽量を実現している機種というだけあって魅力ですよね。設置場所に困ることはないですし、蓄電池の重量に耐えられず床や壁が変形してしまったという可能性も極めて低くなります。

オムロン製蓄電池は、狭小住宅にお住まいの方、蓄電池の設置場所がない!という家庭に特におすすめです。

リノベステーションではニチコンやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事