蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

エコキュートとは?オール電化と組み合わせるメリットも紹介!

蓄電池 2021年11月15日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

環境に優しく光熱費節約も期待できるエコキュート。近年、このエコキュートとオール電化の組み合わせが注目されています。

しかし、エコキュートやオール電化とは何なのかいまいち分からないと感じていませんか?確かに、最近耳にするようにはなりましたがまだまだ認知されていない言葉です。

そこで今回は、エコキュートやオール電化の概要やそれぞれの特徴紹介します!導入の良い点だけでなく注意点も紹介するので、エコキュートの導入を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

エコキュートとは?【大気中の熱を活用する給湯機】

エコキュートとは、「大気中の熱や二酸化炭素などの再生可能エネルギーを使ってお湯を沸かす機器のこと」です。エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットがセットになっています。

ヒートポンプユニットで大気中の熱を取り込んで水の温度を上げ、貯湯タンクユニットで保温する仕組みです。エコキュートは、ガスを使わず再生可能エネルギーでお湯を沸かすことができるので、環境に優しく光熱費の節約が期待できます。

そのため、ガスを利用せず電気のみの住宅を指すオール電化の家庭には、エコキュートの利用がおすすめです。

オール電化のメリット【安全性が高く節約できる】

まずは、オール電化のメリットを紹介します。オール電化は、ガスを使わずIHやエコキュートのみで生活する住宅を指します。オール電化にすることで、以下の3つのメリットがあるでしょう。

  • 光熱費が節約できる
  • 安全性が高い
  • お手入れがしやすい

光熱費が節約できる

オール電化の大きなメリットは、「光熱費が節約できること」でしょう。オール電化の住宅であればガスを使わないため、ガス代金が全くかかりません。ガスを使わない分、基本使用料を電気のみで一本化できるのも嬉しいポイントです。

また、オール電化住宅用の料金プランであれば深夜の電気単価が割安なので、この時間に日中のお湯を沸かしておくことで電気代を節約することも可能です。

安全性が高い

オール電化は、一酸化炭素中毒や火災の危険があるガスに比べて非常に安全といえるでしょう。エコキュートやIHクッキングヒーターは、一酸化炭素や二酸化炭素を排出しないため換気の必要がありません。

また、通常のクッキングヒーターは火災の原因になることがありますが、IHであれば火災の可能性は極めて低いでしょう。

お手入れがしやすい

お手入れのしやすさもオール電化のメリットの1つです。IHクッキングヒーターは、通常のコンロのような凹凸がなく簡単に拭き取ったり掃除したりすることができます。

吹きこぼれによる故障もしにくく、キッチン周りのお手入れがしやすいので非常に使いやすいでしょう。

オール電化の注意点【初期費用や災害時に注意】

オール電化は、初期費用が高いだけでなく停電時に全ての機器が使えなくなる可能性もあるので注意しましょう。

オール電化向けの機器は、日々の光熱費は節約できるものの費用が高額です。

オール電化にリフォームする場合は、初期費用が60~100万円程度と高いので注意が必要です。また、全て電気で動かしているため、災害による停電時にはあらゆる機器が使えなくなる可能性があります。

特に、IHクッキングヒーターや暖房は機能しなくなるため災害時は気を付けましょう。ただし、エコキュートはタンク内に水が残っていれば使用することができます。

エコキュートのメリット【オール電化住宅の方必見!】

エコキュートのメリットは、主に次の4つです。

  • オール電化住宅に取り入れると電気代を大幅に節約できる
  • 環境に優しい
  • 災害時に活躍する

エコキュートは、災害時に活躍したり昼間の電気代を節約できたりとオール電化のデメリットをカバーしてくれます。

オール電化と組み合わせて電気代を大幅に節約できる

エコキュートは、オール電化と組み合わせることで電気代を大幅に節約することができます。オール電化住宅用の料金プランは深夜の電気料金が安いので、夜に稼働することが多いエコキュートとの相性が非常に良いです。

また、オール電化住宅の料金プランでは、昼間の電気代が高くなってしまい、上手く節約できないことがあります。

しかし、エコキュートは、夜に貯めたお湯を利用することができるため、オール電化住宅の方でも昼間の電気代を節約することができるでしょう。

環境に優しい

エコキュートは環境に優しいというメリットがあります。従来の給湯設備は、二酸化炭素を排出したり地球温暖化に影響を与える代替フロン(HFC)が使われたりしています。また、使用するエネルギー量も多いです。

しかし、エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用することにより二酸化炭素の排出を削減し、代替フロンの代わりに二酸化炭素を使用しているため、非常に環境に優しいといえるでしょう。

また、大気中の熱を利用することで熱を発生させるための電気量を抑えているので、効率よく経済的です。

災害時に活躍する

エコキュートは、災害時でも使用することができるのでオール電化のデメリットをカバーすることができます。

通常、地震や台風などによる停電や断水が起きた場合はお湯を使用することができません。しかし、常に貯水タンクにお湯があるエコキュートであれば、生活用の水が確保できるので災害時に大活躍します。

ただし、飲むことはできないため注意しましょう。

エコキュートのデメリット【費用が高く設置場所が必要】

エコキュートのデメリットは、主に次の3つです。

  • 設置場所が必要
  • お湯を飲むことができない
  • 導入費用が高い

エコキュートの導入を考えている方は、デメリットも考慮して検討しましょう。

設置場所が必要

エコキュートを導入したい方は事前に設置場所を確保しておかなければいけません。エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの2つを置くために幅900×奥行3000mm前後のスペースが必要です。

また、地震によって倒れたり隣家に合わせて移動したりする可能性もあるので、ある程度のトラブルを予測してスペースを確保しておきましょう。

お湯切れの可能性がある

使用量に見合った容量を選ばないとお湯切れを起こす可能性があるので注意しましょう。タンク内のお湯がなくなると水しか出なくなり、温かくなるまで非常に時間がかかってしまいます。

お湯切れは普段よりも多くお湯を使った場合に起きることが多いため、事前に沸き増しをしたり満タン湯沸かし設定などを行うようにしましょう。

導入費用が高い

エコキュートのデメリットとして、導入費用の高さが挙げられます。エコキュートはガス給湯機に比べて複雑な構造のため、設置費用が50万円前後と高額です。

光熱費は節約できるものの、あまりお湯を使わない家庭では初期費用の回収が大変になるでしょう。お得にエコキュートを使いたい方は、ランニングコストだけでなく設置にかかるイニシャルコストも考慮することが大切です。

オール電化とエコキュートは組み合わせよう!

エコキュートは、オール電化と組み合わせるのがおすすめです。深夜に稼働するエコキュートはオール電化と組み合わせることで、昼間の電気料金が高くなりやすいオール電化用の料金プランでも光熱費を節約することができます。

また、エコキュートは太陽光発電や蓄電池との相性もいいので、オール電化住宅にぴったり。ガスを使わず再生可能エネルギーで生活したい方は、ぜひエコキュートの導入を検討しましょう。

エコキュートとは何かを知ってオール電化と一緒に使おう

今回は、エコキュートとオール電化のメリットやデメリットを紹介しました。エコキュートは、初期費用の高さや設置場所の準備などのデメリットはあるものの、環境に優しく電気代節約が期待できる優れものです。

特にオール電化住宅の方にはエコキュートの導入がおすすめです。エコキュートで経済的な生活を送りましょう!

リノベステーションではニチコンやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事