蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【エコキュートが故障…】修理や部品の交換に必要な費用の相場は?

浴室 2021年11月19日更新

給湯器の買い替えを検討しているみなさま。

おトクでエコな「エコキュート」の購入を検討してみてはいかがでしょうか。
エコキュートは、初期費用こそ高いものの、少ない電気で効率よくお湯を沸かすことができるため、お財布にも環境にも優しい給湯器です。

ただ、そんなエコキュートにも弱点があります。
それは「故障」です。
エコキュートは長期間使用し続けることでおトクになっていくタイプの給湯器のため、早めに故障を起こしてしまうともとが取れない可能性があるのです。

今回は、そんなエコキュートの「故障」に焦点を当てて解説していきます。
機器の故障リスクを抑えるポイントについても紹介しているので、すでにエコキュートを利用している方もぜひ最後までお付き合いください。

【部品ごとに異なる?】エコキュートの寿命は5年~15年

エコキュートは、2001年に発売が開始された若い商品であるため、正確な耐用年数についてはまだはっきりしていませんが、現在までの販売・修理状況から、エコキュートのおおよその寿命は10年程度といわれています。

エコキュートの寿命について、もう少し詳しくみてみましょう。
エコキュートの耐用年数は部品ごとに異なっており、心臓部分で電子回路が多く搭載されているヒートポンプユニット」は、寿命が約5年~10年とやや短めです。
それに対し、沸かしたお湯を貯めておく貯湯タンク」は、ヒートポンプユニットにくらべると精密部品が少ないこともあり、寿命も約10年~15年と比較的長めとなっています。

エコキュートでよくある故障・不具合とは?

エコキュートを使用していてよく発生する故障や不具合には、「水漏れ」「お湯が出ない」などがあります。

エコキュートの「水漏れ」は、配管の劣化によって発生することが多いです。
配管の修理や交換を自分でおこなうことは難しいので、すぐに業者を手配し対応をお願いしましょう。

なお、エコキュートは機器を屋外に設置するため、冬場の凍結などで配管が損傷しやすくなっています。
寒さの厳しい地域にお住まいの方は、チェックを怠らないようにしてください。

「お湯が出ない」といったトラブルは、故障ではないケースが多いです。
エコキュートは、大気中の熱を利用してお湯を沸かす仕組みをとっているため、沸き上がるまでにかなり時間を要します。
そのため、タンク内のお湯をすべて使い果たしてしまうと、しばらくの間は水が出続けるようになってしまうのです。

貯湯タンクにお湯があるのにお湯が出ない場合は、温度調整を司る基盤部分や温度検知をおこなう機器が故障している可能性があるので、ただちに業者を呼んで、交換や修理の依頼をしましょう。

故障や不具合が発生した際は、買い替えを検討したほうがよい場合も

使っているエコキュートに故障や不具合が発生した場合は、まずは業者を呼んで修理や交換の依頼をしましょう。
しかし、エコキュートの修理や交換にかかる費用は比較的高額で、すでに長い間機器を使用している場合は修理や交換ではなく「買い替え」を検討したほうが良いケースもあります。

ここで、エコキュートの修理や交換時に発生する費用について部品ごとにまとめてみました。
ちなみに、修理や交換に業者を依頼すると、点検や見積もりだけでも1~2万円程度の費用が発生します。

  • 貯湯タンク:5万円
  • ヒートポンプユニット:5~20万円
  • その他の部品:1~10万円

部品によっては数万円程度の出費で済むケースもありますが、ヒートポンプユニットが故障してしまった場合は、交換や修理にかかる費用がかなり高額になっています
ヒートポンプユニットは、部品自体の耐用年数が他の部品にくらべると比較的短く、故障のリスクが高いことからも、日々の使い方には特に気をつけてください。

なお、発売当初は高額だったエコキュートですが、現在は20万~80万円程度で買い替えも可能です。
地域によっては自治体の補助金を活用することで、さらに安く機器を交換できるケースもあります。

新しい製品のほうが節電効果も高いことが多いので、よりおトクに給湯器を使用できるでしょう。
エコキュートを長期間使用している場合や、修理や交換にかかる費用が高額な場合は、思い切って買い替えを検討してみてください。

【事前準備が大事】エコキュートの「もしも」に備えてできる対策は?

エコキュートは、初期費用が高額な代わりに日々の光熱費を節約できる、使えば使うほどおトクになる給湯器です。
その性質上、寿命を迎える前に故障や不具合を起こしてしまうと、結果的に損をしてしまう可能性もあるでしょう。

ここでは、みなさんがリスクに備えておトクにエコキュートを使えるように、「エコキュートの故障を防ぐポイント」と、「エコキュートの修理や交換費用を安く抑えるポイント」の2つのコツについて紹介していきます。

エコキュートの故障を防ぐポイント

エコキュートを長持ちさせるためには、日々のメンテナンスが重要です。
貯湯タンクやヒートポンプユニットは、汚れや不純物が底にたまることによって故障を引き起こすことが多いので、年に2~3回は自身で水抜きをおこなってトラブルを未然に防ぎましょう。

ただ、エコキュートは複雑な設計になっているため、自身でメンテナンスや点検ができる範囲は限られています。
精密部分の点検は専門の業者に依頼しましょう。

業者による点検は基本的に有料となっていますが、設置工事をおこなった業者が無料で対応してくれる場合もあります。
エコキュートをこれから購入される方は、取り付け工事後の無料点検を実施している業者から機器を購入するとよいかもしれませんね。

エコキュートの修理や交換費用を安く抑えるポイント

メンテナンスや点検をどれだけおこなっていても、エコキュートが故障してしまう可能性はあります。
もしエコキュートが故障しても、費用負担を少しでも抑えられるように、必ず保証に加入するようにしてください。

メーカー

本体

冷媒装置

貯湯タンク

延長保証

三菱

2年

3年

5年

5年…10,800円

8年…23,238円

日立

1年

3年

5年

7年…20,954円

10年…23,381円

パナソニック

1年

3年

5年

5年…10,476円

8年…23,333円

コロナ

2年

3年

5年

5年…10,800円

8年…23,238円

10年…28,381円

ダイキン

1年

3年

5年

10年…28,000円

こちらは、エコキュートの主要メーカーが提供している保証サービスをまとめた表です。
メーカーごとに若干差はありますが、保証期間に差はほとんどありません。

さらに、有償にはなりますが、メーカーごとに保証期間を延長できるサービスを提供しているので、故障が不安な方は保証期間を選んだうえで加入するようにしてください。
有償保証の価格はどのメーカーも1~3万円程度となっています。

エコキュートの販売店でも独自で保証サービスを提供している場合があるので、こちらも事前に確認しておくことをおすすめします。

エコキュートを「賢く」・「おトク」に使いこなそう

今回は、エコキュートが故障した際の費用について解説しました。

エコキュートは発売されてから期間が短く、正確な耐用年数についてはまだ判明していません。
また、修理や部品の交換にかかる費用はエコキュートの中でも故障の多いヒートポンプユニットだと20万円程度と比較的高く、機器を長期にわたって使用している場合は交換を勧められるケースも多いです。
電気代の削減をするつもりで導入したエコキュートで「損」をしてしまわないように、日頃のメンテナンスやメーカー保証への加入は必ず実施するようにしましょう。

リノベステーションではニチコンやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事