蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

スマホ用ebookバナー画像

外装塗装の助成金は市町村で受け取り可能!【条件・審査を紹介】

屋根・外壁塗装 2022年01月21日更新
  • 助成金を受け取るための条件や審査ってどんなものがあるんだろう
  • 関東地方で助成金・補助金を受け取れる市区町村が知りたい
  • 助成金・補助金を受け取るまでの流れを教えてほしい

外装塗装の助成金・補助金は、お住まいの自治体から受け取ることができます。

ただし、条件や審査によって助成金・補助金を受け取れない場合もあります。

2つの制度を理解しておくだけで、申請までスムーズにおこなうことができるでしょう。

今回の記事では、上記をメインに関東の助成金・補助金が受け取れる市区町村や、失敗しない業者の選び方など解説していきます。

外装塗装で助成金・補助金は支給される!【2つの違いを解説】

外装塗装の助成金・補助金は、自治体から10万~25万円ほど支給されます。

しかし、都道府県によって助成金・補助金の内容や金額は異なります。

ちなみに助成金と補助金の違いは以下の通りです。

  • 助成金:条件を満たすと受け取れる
  • 補助金:受給審査に通れば受け取れる

条件の中には、決められた塗料や地元の業者に頼むことで、助成金を受け取ることができます。

一方、補助金は募集人数や予算額が限られています。

申請しても必ず受け取れるものではなく、審査をクリアした場合のみ受給されます。

外装塗装の助成金を受け取るための条件や審査【注意点を紹介】

外装塗装の助成金を受け取るための条件や審査についてご紹介します。

助成金を受け取るときに注意したいポイントも合わせてご覧ください。

助成金・補助金を受け取るための条件

地域の自治体によって条件は異なるのですが、覚えておきたい項目をまとめてみました。

  • お住まいの塗装業者に依頼すること
  • 遮熱・断熱塗料を使うこと
  • 申請者の年齢が50歳以下であること
  • 2世帯・3世帯での同居であること
  • 空き家の家を購入または借りて住むこと

外装塗装の条件は、お住まいの自治体によって条件は異なります。

事前にどのような条件があるのか確認しておくと安心です。

助成金・補助金の申請には3つの審査がある

助成金・補助金の条件を満たしていても、以下のような場合は審査に通らないことがあります。

  • 助成金・補助金の条件を満たしていない
  • 税金の滞納がある
  • 申請前に外装塗装をおこなってしまった

上記の条件を満たすことで、助成金・補助金を受け取ることが可能です。

申請後の審査には、3週間ほどかかるため書類の不備はないか念入りに確認しておきましょう。

外装塗装の助成金が受け取れる関東地方の市町村まとめ

令和3年の外装塗装の助成金が下りる関東地方の市区町村をご紹介します。

関東地方

市区町村

埼玉県

熊谷市・川口市・本庄市・羽生市・入間市・坂戸市・幸手市・越生町・横瀬町・小鹿野町・神川町・寄居町

東京都

千代田区・港区・台東区・品川区・大田区・世田谷区・足立区

神奈川県

横浜市・横須賀市・海老名市・座間市・綾瀬市・二宮町・湯河原町

千葉県

市川市・我孫子市・君津市・袖ヶ浦市・富里市・酒々井町・多古町

群馬県

桐生市・渋川市・安中市・みどり市・昭和村・千代田町

栃木県

宇都宮市・栃木市・市貝町・塩谷町

茨城県

結城市・下妻市・取手市・筑西市・かすみがうら市・桜川市

同居・空き家の活用の条件がある市町村は以下のとおりです。

  • 同居の助成条件:栃木市・横須賀市・海老名市
  • 空き家の助成条件:渋川市・横瀬町・二宮町

令和3年度から、助成金の受け付けは先着順から抽選式に変わりました。

都道府県によって、前期と後期に分けて募集されています。

主に4月・9月~11月の間に、受付を実施する自治体が多いようです。

外装塗装をおこなう際は、自治体の申請期間をホームページから確認しましょう。

外装塗装の助成金・補助金を受け取れる全国の市区町村を探す方法

全国の地方公共団体が行う住宅リフォームの支援制度を検索サイトで見ることができます。

サイトにアクセスすると、日本列島の画像が表示されます。

お住まいの都道府県をクリックすると、市区町村ごとに外装塗装の助成金・補助金をカンタンに確認することができます。

※引用:地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト(令和3年度版)

外装塗装の申請から助成金を受け取るまでの7つの流れ

外装塗装を受け取るまでの流れは以下のとおりです。

  1. 自治体ホームページの助成金・補助金の申請書をダウンロード
  2. 申請書が受理されると決定通知書が届く
  3. 外装塗装を開始
  4. 外装塗装完了後、報告書を提出
  5. 塗装を担当した業者と建物をチェック
  6. 決定通知書が到着
  7. 助成金・補助金を銀行口座で受け取る

助成金を受け取るまでの流れを、しっかりと理解していればスムーズに申請することができます。

助成金の申請後、審査が通れば1~2ヶ月の目安で受給されるようです。

外装塗装の助成金を受けるなら地元密着の業者がおすすめ

助成金をスムーズに受け取るためには、複数の業者に見積りをとることがおすすめです。

選択肢が増える分、塗装内容や費用を比較して選ぶことができるからです。

また助成金の制度に詳しい業者を選ぶことも大切です。

塗装内容をしっかり説明してくれたり、助成金の流れを理解している業者なら申請までスムーズにおこなうことができるでしょう。

リノベステーションではニチコンやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

この記事の監修者

光熱費削減コンサルタント

中田 萌

『お客様に寄り添うこと』をモットーに日々の業務に取り組んでおります。
太陽光発電の活用方法や蓄電池の導入などのご相談は年間2000件以上頂いており、真摯に問題解決に取り組んできました。
光熱費削減に関するお悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にリノステまでお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(祝日除く)

関連記事

New call-to-action