蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

工事不要で便利!ポータブル型蓄電池のメリット・デメリットを解説

蓄電池 2021年07月16日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

実は、工事が不要で利用できる蓄電池があること、知っていましたか?

工事不要となると、ご近所さんへの騒音被害もないし、なにより手間が省ける!

今回は工事は必要な蓄電池、不要な蓄電池について比べながら解説していきます。

工事有の定置型蓄電池と、工事不要のポータブル型蓄電池の違い

蓄電池は、工事を要する定置型蓄電池と、工事不要のポータブル型蓄電池に大別されます。

蓄電池の工事とは、電気の配線工事や重量に耐えれる土台作りの工事です。

そして、工事の有無の大きな違いは、「蓄電池の容量」です。

定置型蓄電池は、ポータブル型蓄電池はより容量が大きい傾向があります。

続いて、定置型蓄電池とポータブル型蓄電池の特徴を詳しく解説していきます。

定置型蓄電池

定置型蓄電池の特徴は、下記のようになります。

  • 容量が4kWh以上
  • 工事をして屋外設置と屋内設置が可能
  • 工事が必要で、蓄電容量が大きいため、価格帯は百万円以上と高め
  • エアコンの室外機1・2台分ほどの大きさ
  • 重いため、土台作りの工事を要する場合がある。

定置型蓄電池は、容量が大きいため大きく重くなる傾向があります。
屋外に大容量の蓄電池を設置したい方は、定置型蓄電池が向いています。

ポータブル型蓄電池

ポータブル型蓄電池の特徴は、下記のようになります。

  • 容量が5kWh以下
  • 工事不要で基本的に屋内設置
  • コンセントが数口ついており、そこから充電可能
  • 持ち運びやキャスター移動が可能なものがある
  • 工事不要で容量が小さいため、価格は百万円以下と安い
  • エアコンの室外機1台以下の大きさ

ポータブル型蓄電池は、容量が小さく工事不要で手軽に導入できます。

コストを抑えて蓄電池を購入したい方には、ポータブル型蓄電池が向いています。

工事不要!ポータブル型蓄電池が選ばれる理由3選

ポータブル型蓄電池の最大の特徴は、「容量が小さく工事不要」という点です。

そのポータブル型蓄電池が人気な理由は、下記のようになります。

  • 工事不要なのでマンションや介護施設に最適
  • 価格帯が安い
  • アウトドアでも活用可能

以上のポータブル型蓄電池の魅力を、順にご説明します。

工事不要なのでマンションや介護施設に最適

ポータブル型蓄電池は工事が不要のため、工事できないマンションや賃貸物件に向いています。

また、施設者がいるため工事が難しい介護施設や、来訪があるため工事ができないクリニックに最適です。

特に、介護が必要な方がいる施設や家庭では、いざというときに電気が使えなくなると介護が十分にできない可能性があります。

ポータブル蓄電池はそのような状況の方に視野に入れていただきたい、防災法です。 

価格帯が安い

ポータブル型蓄電池は、容量が小さく工事不要なため、価格が安いです。

一般的に、蓄電池は容量が大きく性能が良くなるほど価格が高くなる傾向があります。
定置型蓄電池の場合、百万円以上する商品がそこそこありますが、ポータブル型蓄電池は100万円以下の商品が多いです。

導入コストを抑えて災害に備えたい方に、ポータブル型蓄電池はお勧めです。

アウトドアでも活用可能

ポータブル型蓄電池の中には、持ち運びができる取っ手付きの商品やキャスター付きの商品があります。

そのため、キャンプやアウトドアで、ポータブル型蓄電池は大活躍します。

十分な電力を確保し、様々な使い方ができるのが魅力です。

例えば、一般的な充電器は、決められた電子機器以外の充電はできません。

一方、ポータブル型蓄電池はコンセントで接続します。

そのため、電子機器の充電や電気毛布、冷蔵庫、スピーカー、掃除機、電子ポット、プロジェクターといった多様な使い方ができます。

工事不要なのに・・・。ポータブル型蓄電池の注意点

ポータブル型蓄電池は、工事不要で手軽に導入でき、様々なメリットがあります。
一方で、導入前に注意すべき点が2点あります。

  • 容量に注意
  • 同時に多くの製品に電力を供給できない

2つの注意点について、順にご説明します。

容量に注意

ポータブル型蓄電池の容量は、40kWh以下です。

そのため、使用環境によっては、思ったより容量が少ないと感じることがあります。

同時に多くの製品に電力を供給できない

ポータブル型蓄電池は、蓄電池についたコンセント口から充電します。
そのコンセント口は、2個であることが一般的です。

そのため、冷蔵庫や電子レンジの稼働、電子機器の充電を平行して行えません。

一方、定置型蓄電池は配線工事をするので、全ての部屋に電力を供給する仕組みを作れます。
災害時に全ての部屋が問題なく使えるようにしたい方に、ポータブル型蓄電池は不向きです。

【まとめ】工事不要なポータブル型蓄電池は手軽に導入できる

ポータブル型蓄電池は、容量が小さく工事不要なのが大きな特徴です。

ポータブル型蓄電池のメリットは、工事や費用面での導入ハードルが小さい点、移動可能でアウトドアでも活躍する点です。

そのため、工事ができないマンションや賃貸物件、介護施設や、安く蓄電池を導入したい方に向いています。

一方、ポータブル型蓄電池は容量が小さく、同時に多くの製品に電力を供給できないことに注意が必要です。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事