蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

太陽光発電と蓄電池は一緒に工事するとお得?注意点も解説!

蓄電池 2021年10月07日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

家に太陽光発電を設置するか、蓄電池を設置するか、それとも両方設置するか。
どれもメリット・デメリットがあり、なかなか悩みどころですよね。

しかし、中でもおすすめしたいの両方一緒に設置することです。

そこで、本記事では太陽光発電と蓄電池を一緒に工事することのメリットや注意点などを解説していきます。

最初に本記事の内容を2行でまとめます。

  • 太陽光発電と蓄電池を一緒に設置することで「緊急時の備えの強化」「効果的な電力の消費」というメリットがある
  • 太陽光発電と蓄電池の設置工事を行う場合は、「業者選び」「製品選び」「補助金―減税制度」に気を付けると良い

太陽光発電と蓄電池を一緒に工事するメリット

太陽光発電と蓄電池を一緒に工事すると、それぞれのメリットが相乗してより大きな利益になります。
詳しく見ていきましょう。

緊急時の備えの強化

地震や異常気象への懸念が近年高まっていますが、実際にそのような災害が起きた時、電力の供給はストップする恐れがあります。
また、2021年の1月には発電所の燃料不足で停電するかもしれないというニュースが駆け巡りましたよね。

このような緊急時の備えとして太陽光発電や蓄電池の設置はとても有効な対策です。
さらに、一緒に設置することでより有効な対策となります。

太陽光発電は新しい電気を作れますが、空が曇っていては使えません。
蓄電池はいつでも貯めた電気を供給してくれますが、単体で新しく電気を作ることはできません。

緊急時の備えとしてこの上ない組み合わせでしょう。

効果的な電力の消費

太陽光発電だけを導入したとします。
晴れの日は太陽光発電が作り出した電気を使えますが、曇りや雨の日は電気会社から電気を買う必要が出てきます。

しかし、蓄電池があれば晴れている日に電気を貯め、曇りや雨の日に利用することが可能です。
曇りや雨が長続きすれば電気を買う必要が出てきますが、ほとんどの場合では効果的に電気をやりくりできます。

具体的な太陽光発電と蓄電池の工事内容

ここからは、太陽光発電と蓄電池設置の工事内容、工事する範囲や工事期間、費用相場などについて具体的に解説していきます。

太陽光発電

太陽光発電の設置で工事する箇所は屋根だけではありません。
他にも家の電気配線と繋げる工事、太陽光発電を管理するパワーコンディショナーを屋内に設置する工事があり、作業する方が屋内にも入りますので注意が必要です。

工事期間は基本的に1日ですが、屋根の状態などによって追加工事が必要な場合はさらに期間が延びます。

このような太陽光発電の設置にかかる費用の相場は、本体と合わせて200万円ほどです。
より高い性能、広い範囲への設置、屋根の補修などを求めると、さらに値段が上がります。

蓄電池

蓄電池の工事もまた、蓄電池を設置するだけではありません。
太陽光発電があればそれ繋げる工事、家の電気配線と繋げる工事を行います。

工事期間は簡単なものであれば1日、蓄電池を設置する場所にコンクリート製の基礎を作成するなど大変なものであれば数日かかります。

このような蓄電池の設置にかかる費用の相場は、本体価格と合わせて150万円ほどになります。
太陽光発電同様により高い性能を求めたり、複雑な工事が必要な場合はさらに値段が上がります。

太陽光発電と蓄電池の設置工事の注意ポイント

最後に太陽光発電と蓄電池を設置する際に、注意するべきポイントを解説していきます。

業者選び

太陽光発電や蓄電池を扱う企業の中には、悪徳業者や技術に乏しい業者が一定数存在します。

訪問販売で相場よりも大幅に高い価格を呈示したり、技術力が不十分であるのに工事を受注する企業などです。

そのため、業者を選ぶ際は「提示価格や契約」と「実績」に注意しましょう。

製品選び

太陽光発電や蓄電池の性能は、上を求めればキリがありません。
太陽光からの発電効率、蓄電可能な電気の量など、どこまでを求めるのか線引きを引くことが重要です。

太陽光発電と蓄電池を設置して、トータルの電気代を節約するのか、災害時の備えにするのか、売電収入を得るのか、目的を明確にして製品選びを行いましょう。

補助金ー減税制度

蓄電池については行政からの補助金がある程度ですが、太陽光発電については補助金に加えて所得税等の減税制度が利用できる場合があります。

こちら使えるのと使えないのでは、金銭的な負担が大きく変わりますので、購入前に条件に合っているか検討しましょう。

【まとめ】太陽光発電と蓄電池の工事内容をしっかり把握しよう!

いかがでしたか?

太陽光発電や蓄電池は一緒に設置することで、より大きなメリットを享受できます。

それでは、最後に再度本記事の内容を2行でまとめます。

  • 太陽光発電と蓄電池を一緒に設置することで「緊急時の備えの強化」「効果的な電力の消費」というメリットがある
  • 太陽光発電と蓄電池の設置工事を行う場合は、「業者選び」「製品選び」「補助金―減税制度」に気を付けると良い

片方を検討されている方は、ぜひ両方も検討してみてくださいね!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事