リノベステーションは新型コロナウィルスへの対応を徹底しています。詳しくはこちらをご確認ください。
メニュー
マイページ
お気に入り
カート
相談件数
年間2,000件以上
完全
自社施工
取扱商品
10,000点以上
クレジット
ローン
銀行振込

リノステとは?

ご利用ガイド

お客様の口コミ

お役立ちコンテンツ

蓄電池について

0円リフォーム

無料電子ブック

その他

カテゴリーで選ぶ

蓄電池

太陽光発電

パワーコンディショナ

エコキュート

IHクッキングヒーター

外壁塗装

ポータブル電源

太陽光発電 メリット金額シミュレーション
太陽光発電ってやめたほうがいい?設置のメリット・デメリットを徹底解説!
ebook_banner_1200340_221018
ebook_banner_1200340_221018
solar_ebook_bnr_top
previous arrow
next arrow

【徹底解説】ハンセンジャパンのポータブル電源とは?

蓄電池 2022年11月23日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

停電対策やアウトドアに役立つポータブル電源。

ポータブル蓄電池とも呼ばれるポータブル電源は、電気が使えない場所でも電気を使用することができる便利な商品です。

今回は、ハンセンジャパンのポータブル電源の特徴を解説します。

ハンセンジャパンは太陽光パネルを販売している会社!

ポータブル電源を販売しているハンセンジャパンは、太陽光パネルを取り扱っている会社です。

本社は東京都にあり、創業は2014年で、比較的新しい会社だと言えるでしょう。

ハンセンジャパンのポータブル電源の特徴とメリットは?

ハンセンジャパンのポータブル電源は、大きなモニターが特徴です。

また、ポータブル電源本体も17.1キロと軽いので、使いやすくどこにでも収納しやすいので普段使いもしやすいです。

特徴① 残量が見やすいモニター付き

ハンセンジャパンのポータブル電源は、正面に搭載しているモニターで蓄電残量を確認することが出来ます。

一目で残りの蓄電量を確認することができるので、普段使いの時だけではなく、非常時にも役立つでしょう。

蓄電残量をすぐに確認することができるので、充電のしすぎを防ぎ、電気を計画的に使用することができます

特徴② 太陽光パネルから充電することが可能

ハンセンジャパンのポータブル電源は、コンセントからだけではなく、別売りの太陽光パネルからも充電することが可能です。

ポータブル電源と共に太陽光パネルを購入しておけば、コンセントがない場所でもポータブル電源を充電することができるので便利でしょう。

さらに、停電が起きた際にも、太陽光さえあれば充電することができるので、停電対策としてポータブル電源を導入する人は、太陽光パネルの購入も検討してみましょう。

特徴③ 17.1キロと軽量

ハンセンジャパンのポータブル電源は、17.1キロと軽量です。

重量が20k以下なので、女性でも簡単に持ち運ぶことができるでしょう。

さらに、ポータブル電源を収納しておきたい場合も、場所を選ぶことなく収納することが出来ます。

ポータブル電源本体も凹凸が少なく、縦長なので収納しやすいのが嬉しい点です。

ハンセンジャパンと他メーカーのポータブル電源を比較!

次に、ハンセンジャパンと人気のJackery 、デザイン性の高いPowerArQを比較してみましょう。

ハンセンジャパンのポータブル電源は、容量が大きいので、比較にはJackery、PowerArQそれぞれ販売されている中で一番容量が大きい製品を選択しました。

ちなみに、この3メーカーの中で一番価格が高いのはJackeryです。

 

ハンセンジャパン

Jackery

PowerArQ

蓄電容量

1,670Wh

2,160Wh

1,000Wh

重量

17.1kg

約19.5kg

10.4kg

出力ポート数

4箇所

7箇所

7箇所

出力

1,500W

2200W

1000W

本体の大きさ

400×200×380mm

84x269x307.5mm

33.3×23.5×27.3cm

充電方法

コンセント

太陽光パネル

シガーソケット

コンセント

太陽光パネル

シガーソケット

コンセント

太陽光パネル

シガーソケット

比較① 容量

ハンセンジャパン、Jackery、PowerArQの中で一番蓄電容量が大きいのは、2,160WhのJackeryでした。

ハンセンジャパンの1,670Whは、Jackeryよりも容量が少ないです。

しかし、ハンセンジャパンのポータブル電源は価格もJackeryより安いので、必要な蓄電容量や価格をしっかり比較し購入を決定しましょう。

比較② 重量

3つのメーカーの中で一番軽かったのは、PowerArQでした。

PowerArQは、蓄電容量が一番少ないので、当然の結果だと言えるでしょう。

ポータブル電源は、蓄電容量によって重量が変化します。

ポータブル電源を頻繁に持ち運んで使用する場合、重量にもしっかり注目しましょう。

特に、女性が主に使用する場合は、なるべく軽いポータブル電源がおすすめです。

比較③ 出力ポート数

出力ポート数が多かったのは、ポート数が7箇所あるJackeryとPowerArQでした。

ハンセンジャパンの出力ポート数は4箇所と少ないので、一度に多くの出力ポートの使用を想定している場合はデメリットとなるでしょう。

比較④ 出力

出力が一番大きかったのは、2200WのJackeryでした。

しかし、Jackeryは価格が高いので、価格よりも出力や蓄電容量を優先したい場合におすすめです。

比較⑤ 本体の大きさ

本体の大きさが一番小さかったのは、デザイン性の高いPowerArQです。

蓄電容量をそれほど必要とせず、デザイン性の高いポータブル電源が欲しい場合には、PowerArQのポータブル電源がおすすめです。

ハンセンジャパンのポータブル電源は、Jackeryよりも少し大きいという結果になりました。

ハンセンジャパンのポータブル電源購入で補助金利用できる?

近年、国や都道府県、自治体では蓄電池に対する補助金事業を実施しているケースがあります。

多くの蓄電池に対する補助金は、備え付けの家庭用蓄電池に対するものです。

しかし、都道府県や自治体によっては、ポータブル電源に対する補助金事業を実施しているケースがあります。

蓄電池やポータブル電源に対する国の補助金

現在、ポータブル電源を購入する際に国の補助金を受け取ることはできません

国から出している蓄電池に対する補助金は、あくまで自宅に備え付ける蓄電池に対するものなので注意しましょう。

蓄電池やポータブル電源に対する都道府県等の補助金

都道府県や自治体によっては、ポータブル電源の購入で補助金を受け取ることができるケースがあります。

ハンセンジャパンに限らず、ポータブル電源を購入する際には、事前にお住まいの都道府県や自治体の補助金情報をチェックしてみましょう。

ハンセンジャパンのポータブル電源はこんな人におすすめ!

最後に、ハンセンジャパンのポータブル電源の購入がおすすめな人について解説します。

ハンセンジャパンのポータブル電源は、大容量かつ軽量なので、アウトドアや屋外での活動に最適です。

また、ハンセンジャパンのポータブル電源は、蓄電池を導入できるスペースがない人にもおすすめです。

① アウトドアを楽しみたい人

キャンプや車中泊など、近年アウトドアの人気が高まっています。

キャンプや車中泊をするときに、ハンセンジャパンのポータブル電源を使用すれば、スマホの充電やヒーター、ケトルなどを使用することが可能です。

今よりもアウトドアを楽しむために、ハンセンジャパンのポータブル電源を購入してみてはいかがでしょうか。

② 停電対策をしたい人

マンションやアパート、オフィスなど、蓄電池の導入が難しい場合にも、大容量のハンセンジャパンのポータブル電源がおすすめです。

ハンセンジャパンのポータブル電源は、本体全面のモニターで蓄電残量を確認することが可能です。

誰にでも分かりやすく残量が確認できるので、誰が使用するかわからない状況でも残量を大切にしながら電気を使うことができるでしょう。

③ 屋外で作業をする人

ハンセンジャパンのポータブル電源は、アウトドアでの使用以外にも屋外で作業をする人におすすめです。

屋外でイベントを行う場合やガーデニングを行う場合など、幅広い用途で使用することができるでしょう。

ハンセンジャパンのポータブル電源は1,670Whと大容量なので、蓄電容量を気にせず使いたいという人におすすめです。

ハンセンジャパンのポータブル電源は手軽に停電対策をしたい人に!

今回は、ハンセンジャパンのポータブル電源について解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

ハンセンジャパンのポータブル電源は、大容量かつ軽量なのでアウトドアから屋外のイベント、停電対策まで幅広い用途で使用することが出来ます

リノベステーションでは多くのメーカーの蓄電池や太陽光発電を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

無料お見積もりも承っております。見積もり依頼はこちら。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

この記事の監修者

『お客様に寄り添うこと』をモットーに日々の業務に取り組んでおります。
太陽光発電の活用方法や蓄電池の導入などのご相談は年間2000件以上頂いており、真摯に問題解決に取り組んできました。
光熱費削減に関するお悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

光熱費削減コンサルタント

中田 萌
蓄電池やリフォームに関する
ご相談やお見積もりは
完全無料です!
電話ですぐにご相談!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
WEBからお気軽にご相談!
New call-to-action
New call-to-action