リノベステーションは新型コロナウィルスへの対応を徹底しています。詳しくはこちらをご確認ください。
メニュー
マイページ
お気に入り
カート
相談件数
年間2,000件以上
完全
自社施工
取扱商品
10,000点以上
クレジット
ローン
銀行振込

リノステとは?

ご利用ガイド

お客様の口コミ

お役立ちコンテンツ

蓄電池について

0円リフォーム

無料電子ブック

その他

カテゴリーで選ぶ

蓄電池

太陽光発電

パワーコンディショナ

エコキュート

IHクッキングヒーター

外壁塗装

ポータブル電源

太陽光発電 メリット金額シミュレーション
太陽光発電ってやめたほうがいい?設置のメリット・デメリットを徹底解説!
ebook_banner_1200340_221018
ebook_banner_1200340_221018
solar_ebook_bnr_top
previous arrow
next arrow

ソーラーパネルのデメリットは?設置費用や元が取れるのかも解説!

太陽光発電 2022年11月24日更新

ソーラーパネルは、地球の環境保全に一役買うものです。

しかし、デメリットが多いという噂もあり、設置するか否かを迷っている方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、ソーラーパネルの主なデメリットやメリット、ソーラーパネルを設置して元は取れるのかを解説します。

ソーラーパネルの設置に悩んでいる方、必見です。

ソーラーパネルはデメリット?主なデメリットには何がある?

ソーラーパネルは、残念ながら「デメリットが多い」といわれています。

では、なぜデメリットが多いといわれているのでしょうか。

まずは、ソーラーパネルの主なデメリットを紹介します。

初期費用が膨大にかかる

ソーラーパネルは、初期費用が膨大にかかるデメリットがあります。

初期費用がいくら必要かというと、標準的な3〜5kWhのソーラーパネルを設置した場合で120〜170万円前後
単なる思い付きで購入できない代物であることが分かりますよね。

現実問題「多額の初期費用を投じて、それ相応のメリットを感じることはできるのか」と、疑問に感じてしまうことでしょう。

屋根にソーラーパネルの重量分の負荷がかかる

ソーラーパネルは、一般的に住宅の屋根に設置します。

したがって、ソーラーパネルを設置していない家庭に比べて、屋根の負担は大きくなります。

また、リフォームでソーラーパネルを設置する場合、屋根の補強が必要な場合も。

この場合、工事費用が追加で必要になるので、初期費用がさらに膨れ上がる可能性があります。

発電量が日照時間で左右する

発電量が日照時間で左右するのも、ソーラーパネルのデメリットの一つです。

発電量が最も良いとされているのは、当然のごとく「南向き」になります。

しかし、南向き家庭でも、日照時間が少なければ思っているほどの発電量は見込めません。
冬場や悪天候が続く場合は、日照時間が見込めないので発電量も多くなく「思っていたのと違う」と感じてしまうことでしょう。

悪徳業者に騙されてしまう可能性がある

ソーラーパネルは、昨今メジャーになりつつある商品です。

だからこそ、消費者の無知を利用して騙してくる業者が多い事実があります。

  • キャンペーン価格は今だけ
  • 今日中に契約しないと絶対に損
  • 即決してくれれば工事費は無料

などの文言を言われたら「ここは悪徳業者かもしれない」と、即座に頭を働かせましょう。

ソーラーパネルは、既述の通り非常に高額商品です。

だからこそ、即決などは絶対せず、家族ときちんと相談してから購入してくださいね。

ソーラーパネルはデメリット?ソーラーパネルのメリットは?

ソーラーパネルにはデメリットが多数ありますが、昨今の普及を見ても分かる通り、メリットも多数あります。

続いて、ソーラーパネルの主なメリットを3つ紹介します。

電気代の節約が可能

ソーラーパネルは、電気代の節約が可能というメリットがあります。

ソーラーパネルを導入すると、日中の電力はソーラーパネルが発電したもので賄うことが可能です。

つまり、日中分の電力を節約することが可能ということ。

ここに蓄電池などが加われば、ソーラーパネルが発電した電力を夜間に使えるので、電気代の節約をより感じることができますよ。

二酸化炭素を排出しないから環境に優しい

ソーラーパネルには、二酸化炭素を排出しないから環境に優しいというメリットもあります。

家庭で電力を使うためには、電力会社と電気契約を結び、電力会社から送電してもらう必要があります。

しかし、電力会社から購入する電力は、発電時に二酸化炭素を多く排出してしまうデメリットがあるのです。
つまり、環境に優しくありません。

一方、ソーラーパネルは「再生可能エネルギー」なので、発電時に二酸化炭素を排出しません。
つまり、クリーンエネルギーで地球環境に優しいのです。

非常時に停電を免れることができる

ソーラーパネルを所有していれば、非常時に停電を免れることができます。

とはいえ、条件として「最低限の日差しがあること」「恩恵を受けられるのは日中のみ」があります。

しかし、非常時に通電がストップしてしまう家庭と比べれば、とても安心できますよね。

ソーラーパネルを設置しているだけで、冷蔵庫の中身を腐らせることがない、テレビなどを付けて情報収集ができる、スマホの充電ができるなど、多くの安心を手にすることができます。

デメリット多数?ソーラーパネルの設置費用は?元は取れる?

最後に、ソーラーパネルに多額の初期費用を投資する価値はあるのかを解説します。

ソーラーパネルの設置費用の相場

ソーラーパネルの初期費用は、既述の通り120〜170万円が一般的です。
とても高額なことが分かりますよね。

だからこそ、「多額の初期費用を投じてまで、ソーラーパネルを設置する意味はあるのか」と、疑問に感じている方も多いことでしょう。

しかし、国や自治体から出ている補助金制度を上手く利用することで、初期費用に関する実質負担額の大幅削減が可能です。

また、ソーラーローンを利用すれば、まとまった貯金がなくてもソーラーパネルの導入ができます。
初期費用に対して不安があるのであれば、ソーラーローンについて一度しっかり勉強してみてはいかがでしょうか。

ソーラーパネルは設置10年で元が取れる計算

ソーラーパネルは初期費用が高いですが、実は設置10年で元が取れるといわれています。
理由は
「売電で得られる収入」と「電力の自家消費で得られる電気代の節約」があるからです。

ソーラーパネルを設置すると、余剰電力を売電することができます。
ソーラーパネル設置後の最初の10年間は、売電価格が非常に高く設定されており、
2022年度は1kWhあたり17円で取引されています。

つまり、ソーラーパネルの発電量が多ければ多いほど、売電できる電力が多くなり、収入が増えるということです。
売電しない分は自家消費という選択ができるので、電気代の削減も期待できます。

初期費用がとても高額なソーラーパネルですが、収入が増えて支出が減るので、設置後10年で元が取れるといわれているのです。

ソーラーパネルはデメリットも!メリットと天秤にかけて購入の判断を

今回の記事では、ソーラーパネルのデメリットとメリット、ソーラーパネルを設置して元は取れるのかを紹介しました。

昨今、ソーラーパネルの重要性が訴えかけられていますが、第一章で紹介した通り、ソーラーパネルは万人受けする商品でないことは頭に入れておくべき事案です。

ソーラーパネルを導入するメリットがデメリットに勝れば、導入の検討を前向きに進めていけると良いですね。

リノベステーションでは多くのメーカーの蓄電池や太陽光発電を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

無料お見積もりも承っております。見積もり依頼はこちら。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

この記事の監修者

『お客様に寄り添うこと』をモットーに日々の業務に取り組んでおります。
太陽光発電の活用方法や蓄電池の導入などのご相談は年間2000件以上頂いており、真摯に問題解決に取り組んできました。
光熱費削減に関するお悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

光熱費削減コンサルタント

中田 萌
蓄電池やリフォームに関する
ご相談やお見積もりは
完全無料です!
電話ですぐにご相談!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
WEBからお気軽にご相談!
New call-to-action
New call-to-action