蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

気になる!蓄電池とエコキュート併設時の値段【相場と補助金】

蓄電池 2021年10月12日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

気になる!蓄電池とエコキュート併設時の値段【相場と補助金】

オール電化住宅の給湯器といえば、エコキュートです。

エコキュートは空気の熱を利用してお湯を沸かすため、とってもエコ・省エネな給湯機器として知られていますよね。

最近だと、災害時の備えとして蓄電池と一緒に設置する方も増えているようです!

そこで今回は、蓄電池とエコキュートを併設する際の費用について、調査しました。

後半では、蓄電池とエコキュートの設置費用をサポートする補助金についてもご紹介いたします。

ぜひ、最後までご覧くださいね!

蓄電池とエコキュートの値段は合計180~200万円ぐらい!

いきなり結論から申し上げます!

蓄電池とエコキュートを一緒に導入する場合、大体185~200万円程の費用がかかります。

200万円というと、新車が買えるぐらいの金額ですよね。

お母さんお母さん

えっ、200万円もするの!?ちょっと高すぎ。

お父さんお父さん

住宅ローンの返済もまだまだ残っているし、200万円はキツイな〜。

相場金額を聞いて、購入をためらう方もいらっしゃるかもしれません。

しかしながら、蓄電池とエコキュートの設置は、長期的にメリットが大きいのも事実です。

そのため初期費用だけをみて、すぐ購入を諦めてしまうのは、もったいないかもしれません!

ここからは、蓄電池・エコキュートそれぞれの設置費用と、その内訳について詳しくみていきましょう。

エコキュートと併設する蓄電池の値段は平均140万前後

家庭用蓄電池の設置費用の相場は、140万円前後といわれています。

家庭用蓄電池には様々な種類があり、機種によってかなり価格が異なります。

そこで今回は、一般的なタイプの蓄電池に着目して、設置費用の相場をご紹介していきます。

まず、よく使われているタイプの蓄電池とはどんなものでしょうか?

その答えは、「定置型」かつ、「容量7~8kWh」の蓄電池です。

なので今回は、この一般的な「定置型で容量7~8kWh」の蓄電池を例にして、以下で詳しくみていきます!

家庭用蓄電池は2つの種類に大別できます

  • 定置型
  • ポータブル型

これらについて順に説明していきます。

家庭用蓄電池の9割を占める「定置型」

「定置型」とは文字通り、屋内外の場所に設置するタイプの蓄電池のことを指します。

蓄電容量が大きい傾向にあり、多くの家庭では定置型が選ばれています。

一般社団法人日本電機工業会が発表した資料によると、実際、2020年度上半期に出荷された蓄電池の90%以上は、定置型でした。

特にエコキュートと一緒に設置する場合は、大容量の定置型蓄電池をオススメします。

持ち運びができて便利な「ポータブル型」

ポータブル型の蓄電池は持ち運びが可能で、自宅のコンセントから簡単に充電することができます。

ポータブル蓄電池は、定位置型の蓄電池と比べ、蓄電容量が少ないのが特徴です。

また、ポータブル蓄電池はエコキュートやIHクッキングヒーターなどの200V家電には対応していません。

平均的な蓄電池の容量帯は7~8kWh

前出の通り、家庭用蓄電池の平均的な蓄電容量は、7~8kWhといわれています。

日本電機工業会が公表しているデータによると、2020年度上半期に設置された定置型蓄電池の平均容量は7.54kWhでした。

また、下記からもわかるように、直近4年間の平均容量も7kWh台で推移しています。

定置用LIB蓄電システムの出荷実績(台数)

これより、最近の標準的な蓄電池の容量は、7~8kWhということがわかります。

容量7~8kWhの定置型蓄電池の相場は130~150万円

一般的な蓄電池の種類についてみてきました。

上記から、「定置型」かつ、容量が「7~8kWh」の蓄電池が平均的なタイプであることがわかりました。

ではこの一般的な蓄電池の平均価格はどのくらいなのでしょうか。

株式会社三菱総合研究所が発表した「蓄電システムをめぐる現状認識」によると、2019年度、容量5~10kWh未満の蓄電池の平均導入費は、1kWhあたり18.5万円という結果が出ています。

このデータから、7~8kWhの平均的な容量の蓄電池の価格は130~150万円ぐらいだと見当がつきます。

もちろん、メーカーや各種機能の有無によって価格は大きく変動します。

この相場価格は、あくまで一つの目安としてくださいね!

蓄電池と併設するエコキュートの値段の相場は50~60万

エコキュートの設置費用は、50~60万円が相場といわれています。

エコキュートの設置費用には、以下が含まれます。

  • 本体代
  • 電気工事費
  • 水道工事費

それぞれ詳しく解説していきます!

本体代:40~60万円程度

3~5人家族の家庭だと、370L以上の容量タンクが必要になってきます。

機種にもよりますが、370Lのエコキュートの本体価格は、40~60万円が相場です。

補足情報ですが、エコキュートの本体はヒートポンプと貯湯ユニットで構成されています。

また別途、本体を動かすためのリモコン等の付属品も必要です。

多くの場合、これら付属品代は本体価格に含まれているようですが、業者によって価格表記はまちまちです。
後から困らないために、念のため確認しておきましょう!

電気工事費:2~4万円程度

電気工事費も、エコキュートの設置費用に含まれます。

エコキュート設置の電気工事には、2~4万円程度の費用がかかります。

エコキュートの電気工事にかかる工程は、以下の通りです。

  • 配線工事
  • ブレーカーや分電盤の交換
  • 電力会社に申請

ほかにも、お住いの住宅に200Vの配線が引かれていない場合は、幹線を張り替える必要があります。

「幹線」とは、電柱の電線から電気を住宅に引き込む電線のことです。

幹線張替えを行う場合は、追加で3~4万円の費用が発生します。

水道工事代:8~20万円程度

エコキュートの水道工事費は、7~20万円であることが多いです。

大まかな費用の内訳は以下の通りです。

  • 既存の給湯器の撤去:5000~1万円
  • 基礎工事:2~4万円
  • 配管工事:2~5万円
  • 試運転:3~5万円

上記以外にも、追加の工事が必要になる場合があります。

例えば、オイルタンクを設置していると、タンクの移設が必要なことも。

オイルタンクの移設には、1~2万円程度の追加費用がかかります。

他にも、お風呂の追い焚きや保温機能をつけたい場合も、別途工事が必要です。

追い焚きや保温機能をつける場合、「浴槽循環口」を取り付けます。

浴槽循環口の設置には、大体1~1万5000円ほどの工事費用がかかります。

補助金利用で60万円オフも可能!?【蓄電池とエコキュートの値段】

家庭用蓄電池とエコキュートを同時に設置すると、大体200万円前後の費用が必要です。

少しでも設置費用を抑えたい方は、補助金を活用することをおすすめします!

一部の地方自治体では蓄電池・エコキュート設置費用の助成が行われています。

今回は、東京都福生市を一例に、利用可能な補助金を一部ご紹介します。

【福生市】エコキュート補助金で最大20万円支給!

福生市は、「住まいの省エネ・バリアフリー住宅改修等工事費助成事業」という補助金事業を行っています。

この補助金は、太陽光発電や住宅の断熱化工事など、省エネリフォーム工事費用をサポートする補助金です。

エコキュートの設置費用も助成対象で、費用の20%(上限20万円)をカバーしてくれます。

【東京都】蓄電池の設置費用のうち最大42万円を助成!

東京都の「自家消費プラン」という補助金は、東京都内の蓄電池を設置する住宅を対象に支援を行っています。

気になる補助金額ですが、

「蓄電池システムの蓄電容量1kWhあたり×70,000円」もしくは、「42万円」のいずれか低い方

となっています。

蓄電池とエコキュートの値段は約200万!賢く補助金活用しよう!

今回は、蓄電池とエコキュートを同時に設置する場合の費用について解説しました!

今回の記事の要点をおさらいします。

  • 蓄電池とエコキュートの設置費用は、合計200万円程度
  • 平均的な家庭向けの蓄電池は140万円前後
  • 一般的なファミリーサイズのエコキュートだと50~60万円必要
  • 蓄電池とエコキュートの設置費用を補助している地方自治体も!

以上になります。

エコキュート・家庭用蓄電池を組み合わせて使うことで、光熱費を節約できたり、災害時への備えを強化できたりと、一気に暮らしが豊かになります。

初期費用は決して安くありませんが、補助金を駆使してお得に設置することも可能です。

早速、信頼できる業者やお住いの自治体に問い合わせて、情報収集を開始しましょう!

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事