蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

スマートソーラー蓄電池は業界最安の価格が魅力!特徴や強みを解説

蓄電池 2021年08月13日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

「なるべく費用をかけずに蓄電池を導入したい」とお考えの方に、話題のメーカー・スマートソーラーの蓄電池を紹介します!

 

スマートソーラーの蓄電池システム「ハイブリッドシステム−T」は、標準工事費込みで148.8万円(税抜)という驚異の低価格が魅力のモデルです。

 

この記事では、ハイブリッドシステム−Tの特徴や低価格の秘訣、メリットやデメリットについてわかりやすく解説しています。

1. スマートソーラー蓄電池の特徴

まずはじめに、スマートソーラー株式会社の概要や、主力商品「ハイブリッドシステム−T」の特徴、その低価格の理由について解説します。

1−1. スマートソーラーとは?

スマートソーラー株式会社は、千葉県木更津市に本社をもつ、2007年に設立された太陽光発電事業を展開する企業です。

代表者の手塚博文氏は太陽光発電ビジネスのパイオニアであり、(株)京セラソーラーコーポレーションの元・代表取締役社長です。

 

世界初の球状ソーラーパネルや、遮音壁と一体化した太陽電池パネルなど、常に新しい技術を世に送り出しています。

すべての人々に太陽光発電の電力を提供することを目標に掲げ、全国各地にメガソーラー発電所を建設し、家庭用の太陽光発電システムの普及を推進しています。

1−2. スマートソーラー蓄電池の特徴

スマートソーラーが発売する「ハイブリッドシステム−T」は、業界最安クラスの低価格が魅力の太陽光発電システムです。

蓄電池本体、パワーコンディショナ、スイッチボックス、管理モジュールの4機器に加えて、家庭への標準工事費もあわせて148.8万円(税抜)という驚きの低価格を実現しています。

この価格は、同等の電池容量・スペックをもつ他社製品と比べて「3分の1以下」という安さであり、高性能・高品質・低価格のバランスを高いレベルで実現したモデルです。

1−3. 安さの理由はメーカー直販だから

ハイブリッドシステム−Tの低価格の理由は「メーカー直販」の販売スタイルにあります。

スマートソーラーが直接お客様に商品を販売することで、「中間卸業者」や「販売代理店」などの中間業者の手数料やマージン、送料などをカットすることができるため、通常の販売スタイルに比べてはるかに低価格で商品を提供できます。

 

さらに、企画から製造、流通までの工程を徹底的に見直し、ムダやコストをとことん廃したことで、より安い価格での販売を実現しています。

販売店への展示品の運搬など、余計な発送を省くことでCO2の削減にも繋がり、クリーンエネルギー企業としての社会貢献にも寄与しています。

2. スマートソーラー蓄電池の4つのメリット

続いて、スマートソーラーの蓄電池「ハイブリッドシステム−T」のメリットについて、「低価格」「明瞭な価格提示」「アフターサービス」「助成金」の4つのポイントに分けて解説します。

2−1. メリット①:業界最安の価格

ハイブリッドシステム−Tの特徴にして最大のメリットは、標準工事費込みで148.8万円(税抜)という低価格です。

本機種の電池容量は11.5kWhとかなり大容量であり、他メーカーの同等品の価格は300万円ほどで販売されているものが多いため、この価格は大きな魅力となっています。

 

2021年現在、最安値といわれているテスラの蓄電池システム「パワーウォール」の販売価格は、99万(税抜)と一見安いですが、工事費の相場は40〜80万円と幅広いため、一概にもっとも安いとはいいきれません。

 

パワーウォールは今のところ国の助成金の対象外ですので、対象地域であればハイブリッドシステム−Tを選んだほうが、最終的な出費は安く抑えられるでしょう。

 

2−2. メリット②:工事費が分かりやすい

2つめのメリットは、標準設置工事費があらかじめ明示されていることです。

太陽光発電システムの工事費相場は非常に幅が広く、設置する家の環境によっても大きく差ができてしまいます。

施工する業者によっても価格はまちまちなので、安く抑えたい場合は複数の業者に見積もりを取る必要があります。

ほかにも、点検作業や壁の補強などの追加工事が必要な場合もあり、予想していた出費額をはるかに上まわってしまうケースもあります。

 

一方で、ハイブリッドシステム−Tは335,000円(税抜)の標準工事費がはじめから明示されているため、安心して設置を任せることができます。

「点検口の設置…12,000円(税抜)」「壁面補強(1m×1mあたり)…42,000円(税抜)」など、追加工事の費用もわかりやすく、最終的な合計費用の計算がとてもしやすくなっています。

 

2−3. メリット③:充実の保証内容

日本企業ならではの充実したアフターサービスも、スマートソーラーをおすすめしたいメリットのひとつです。

安心の製品保証10年に加えて、バッテリー容量が60%を切った場合の無償交換、台風や落雷などの自然災害に対する保証も10年間ついています。

特筆すべき点は、修理費用だけでなく「機器の配送料」も無料ということです。

メーカーや販売店によっては、修理が無料でも大型機器の運搬料は別途実費請求されてしまうケースもあり、突然の出費に困る場合があります。

スマートソーラーなら、保証期間内であれば「何度でも」修理・交換してくれる点も魅力的ですね。

別途42,000円(税抜)の費用が必要ですが、プラス5年間の保証を追加できるサービスもあります。

2−4. メリット④:安心のアフターサービス

蓄電池の稼働状況の遠隔監視や、緊急時かけつけサービスなどの手厚いサポートも大きなメリットです。

ハイブリッドシステム−Tの運転状況は24時間スマートソーラーが管理しており、故障や不具合が見つかった場合はただちにアプリなどでお知らせしてくれます。

急を要する故障や大きな破損などのトラブル発生時には、専門スタッフがかけつけ直接修理を行います。

通話料無料のオーナー専用ダイヤルも用意されているため、長期に渡って安心して商品を使い続けていくことができます。

3. スマートソーラー蓄電池の2つのデメリット

最後に、ハイブリッドシステム−Tのデメリットを2つ紹介します。

3−1. デメリット①:電池寿命は特別長くない

ハイブリッドシステム−Tの電池寿命は約15年ほどといわれており、他社と比較してもそれほど長くありません。

メーカーによっては30年以上の電池寿命をもつモデルも販売されているため、できるだけ長く使いたい方にとってはデメリットといえるでしょう。

15年での電池交換を前提に、5年間の有償追加保証サービスへの加入をおすすめします。

3−2. デメリット②:メーカー直販のため価格競争がない

メーカー直販の明瞭な固定価格は、メリットであると同時にデメリットもあります。

他メーカーの商品は多くの販売店が取り扱うことで競争が生まれ、キャンペーンやセールなどで大幅にお得になる可能性があります。

その点を踏まえてもハイブリッドシステム−Tの価格のほうが安いことが多いですが、基本的に価格に変化がないという点は頭に入れておいてください。

4. スマートソーラー蓄電池は安さと安心を両立した高コスパ商品!

ハイブリッドシステム−Tは、148.8万円(税抜)という低価格ながら、徹底したコスト管理による品質の高さも魅力となっています。

オーナー専用ダイヤルや緊急時かけつけサービスなど、充実のサポートも安心して使えるポイントですね。

安さだけではない、高品質と安心を両立したスマートソーラー蓄電池の導入をぜひ検討してみましょう!

 

リノベステーションではニチコンやファーウェイを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事