蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

テスラ家庭用蓄電池を導入するメリット・デメリットを徹底解説

蓄電池 2021年08月29日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

家庭用蓄電池の選択肢の1つに、米テスラ社のPowerwall(パワーウォール)が挙げられます。

2020年より順次導入されているPowerwallは、大容量で性能が高く、太陽光発電システムとの併用に向いているといわれます。

 

ここでは、テスラの家庭用蓄電池を導入するメリット・デメリットについてチェックしていきましょう。

また、テスラの家庭用蓄電池の設置に向いている住宅の特徴についてもご説明いたします。

 

テスラの家庭用蓄電池を導入する6つのメリット

テスラの家庭用蓄電池Powerwallが注目されることには大きな理由があります。

特に、容量が大きく使いやすい点はPowerwallならではの魅力といえるでしょう。

まずは、テスラの家庭用蓄電池Powerwallを導入するメリットを見ていきましょう。

 

1. 生活に必要な電力を自家発電でまかなえる

テスラのPowerwallには十分な蓄電容量が備わっています。

一般的なメーカーの蓄電池の容量は5.0~7.8kWhほどになっています。

これに対し、テスラのPowerwallは13.5kWhという大容量を誇ります。

テスラの家庭用蓄電池を太陽光発電システムと組み合わせれば、日中の発電によって蓄電し、夜間や雨天の日には蓄積した余剰電力で住宅の電力をまかなうという理想的なサイクルの実現が可能となります。

太陽光というクリーンエネルギーによって住宅全体の電力を自給自足できるのは、テスラの家庭用蓄電池を導入する大きなメリットといえます。

 

2. 停電時の備えとして活用できる

停電時の備えとして家庭用蓄電池を導入する方は多いものです。

しかし、蓄電池の種類によっては停電後に非常電源が供給されるまでに1秒から数秒のラグが発生することがあります。

ラグが発生した場合には、電化製品の運転が途切れてしまったり、パソコンのデータが失われてしまったりするおそれがあります。

テスラのPowerwallは停電を察知すると瞬間的に家庭への電力供給を復旧させる仕組みになっています。

 

万一の停電時にもタイムラグを挟むことなく電力供給が継続されるので安心です。

また、テスラのPowerwallが供給する電気の容量は大きく、長時間の停電にも十分に耐えられます。

 

3. パワーコンディショナーが内蔵されている

蓄電池を設置するときにはパワーコンディショナーを別途購入して設置しなければならないことがあります。

しかし、テスラのPowerwallはパワーコンディショナー内蔵型のハイブリッド仕様です。

Powerwallと別にパワーコンディショナーを購入する必要がないので、スマートに設置ができます。

 

4.丈夫な設計になっているので安心して設置できる

テスラのPowerwallは防水構造になっており、屋内外を問わず設置できます。防塵構造で耐久性が高いのもPowerwallの魅力です。

また、Powerwallには水冷による温度管理機能が内蔵されており、露出配線や排熱口がないなど安全性に配慮して開発されています。

お子様やペットが火傷をするようなトラブルが起きる心配もなく、安心して使用できます。

 

5. 外観がコンパクトでスタイリッシュ

コンパクトかつスタイリッシュな設計もテスラならではの魅力です。Powerwallのサイズは1150mm×753mm×147mmで、重量は114kgと他社製品に比べてコンパクトです。

テスラのPowerwallはカラー展開も豊富です。ベーシックなホワイトやブラック、グレーのほか、レッドやネイビー、パープルといった色合いの機種を選ぶこともできます。

 

6. スマホ連動型なので稼動状況を逐一チェックできる

テスラのPowerwall導入時には、スマホに対応アプリをインストールするのがおすすめです。

アプリを活用すれば、電力消費量や自家発電のパフォーマンスをリアルタイムでチェックできます。

 

また、発電量や商品電力量を自動的にグラフ化する機能によって、変動の状況が可視化されます。

万一停電が発生したときにも、スマホに通知を受け取れるので安心です。

アプリを活用すれば運転モードの変更を手軽におこなうことも可能となります。

状況に応じて節約モードやバランスモードなどに切り替えれば、電力を上手に活用できます。

テスラのPowerwallと連動しているスマホアプリは操作が手軽で、スマホ操作に慣れていない方でも問題なく使用できます。

 

テスラの家庭用蓄電池を導入する3つのデメリット

テスラの家庭用蓄電池Powerwallの導入には多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

特に、費用面の不安を抱え、購入をためらう方は少なくないようです。

 

また、Powerwall導入時には使用感についても細かくチェックしておきましょう。

ここからはテスラの家庭用蓄電池を導入するデメリットについてご説明いたします。

 

1. 購入や施工に一定の費用がかかる

家庭用蓄電池の導入時には一定の費用がかかります。

テスラのPowerwallは本体価格が約82万円となっています。

Powerwallの導入時にはほかに本体サポートのためのソフトウェア費用と設置費用がかかります。

これらをトータルすると、150万円程度の費用がかかることになります。

 

ただし、他メーカーの蓄電池には本体価格のみで200万円以上という価格帯のものも多いため、比較すればテスラの価格は比較的安価といえます。

テスラのPowerwallを導入するときには見積りを取って他社との検討をしたり、補助金制度をチェックしたりするのがおすすめです。

 

2. 木造住宅への壁面設置ができない

テスラのPowerwallは床置き設置または壁掛け設置の形で設置できます。

設置場所は屋外でも屋内でも問題ありません。

 

ただし、蓄電池には一定の重さがあるため、木造住宅に壁掛け設置するのは難しいのが現状です。

木造住宅にテスラのPowerwallを設置する場合には床置き設置を選びましょう。

 

3. 電気自動車から住宅への電力供給ができない

電気自動車から住宅に電力を供給するシステムをはVtoH(Vehicle to Home)と呼びます。

テスラのPowerwallはVtoH非対応となっているので注意が必要です。

もちろん、Powerwallに溜めた電気を電気自動車の充電に使うことは可能です。

しかし、自動車に溜めた電気を住宅に送って使用することはできないので気をつけましょう。

 

テスラの家庭用蓄電池の導入が向いている家の特徴

これから太陽光発電システムを導入するのであれば、ソーラーシステムと蓄電池をセットにするのが最適です。

しかし、既に太陽光発電システムがあるのなら、どのメーカーの家庭用蓄電池を導入しても特に問題はありません。

テスラのPowerwallは分電盤に接続する仕組みになっているため、太陽光発電システムのメーカーを問わず連携できます。

太陽光発電システムによって発電される電気を蓄積できる大容量の家庭用蓄電池をお探しなら、テスラのPowerwallが最適です。

 

テスラの家庭用蓄電池Powerwallは、生活に必要な電気を自給自足でまかないたい方に向いているのです。

テスラのPowerwallはすべての機能がオールインワンになっており、パワーコンディショナーの併設も必要ありません。

 

また、操作はサポート用のソフトウェアやスマホアプリから手軽におこなえます。

見た目がすっきりとスタイリッシュなのも、海外メーカーのテスラならではの特徴です。

住宅の屋外に蓄電池を設置したいけれどデザイン性が気になるという方は、テスラのPowerwallを選ぶのが最適です。

 

家庭用蓄電池をお探しなら、導入メリットの多いテスラのPowerwallがおすすめ

テスラの家庭用蓄電池Powerwallには、蓄電容量が大きく性能が高いという魅力があります。

また、見た目のスタイリッシュさや操作性の良さも特筆すべきポイントです。

 

その一方で、テスラの家庭用蓄電池には費用面や設置方法に関するデメリットもあります。

テスラの家庭用蓄電池を導入するときには、その特徴を十分に把握し、見積りを取ってじっくりと検討することが大切です。

 

リノベステーションではテスラやファーウェイを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事