蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

あなたのおうち、リフォームに最適な時期がいつかご存じですか?

2021年10月05日更新

自宅をリフォームする時期は?適切なタイミングを考えよう

タイミングがあるとは聞くものの、おうちのリフォームって一体いつすればいいの?

あなたはそんな「漠然とした悩み」を感じていませんか?

快適な生活を送り継続させるためには、リフォームを実施するタイミングはかなり重要です。

本記事では、リフォームをすべき時期をはじめ、その際の注意点についてわかりやすく解説していきます!

「まぁ、いずれやるつもりだけどね」と、今日までズルズルきてしまった方にはおすすめです。ご自宅をリフォームするタイミングについて悩んでいる方はぜひご参考くださいね。

家のリフォームをする理由【適切な時期は場所によって違う】

家のリフォームには、一般的に次の4つの理由があります。

  • 設備の修繕が必要になった
  • 定期的なメンテナンス
  • 家庭環境の変化
  • グレードアップしたくなった

上記を順番に説明していきます。

設備の修繕が必要になった

設備が老朽化、経年劣化による故障などが発生すると、「修繕」というリフォームをしなければいけなくなります。

家の設備は、時間の経過とともに劣化してしまいます。これはどうしても防ぎきれません。

例えば、トイレの故障や雨漏りといったもの。こういったことが起こると、日々の生活に大きな影響を与えます。

そのため、リフォーム理由の中でも、緊急性が高い場合が多いといえるでしょう。

こういった理由の場合、適切なリフォームのタイミングは修繕が必要になったその瞬間ということになります。

定期的なメンテナンス

家をより長持ちさせるためには、定期的にメンテナンスをしなければなりません。

上記記載の通り、家の設備には寿命があり、徐々に劣化していきます。

目立った故障が見られなくても劣化は進行しているため、設備の耐用年数などに合わせてメンテナンスリフォームの時期を考える必要があります。

ここでのポイントは「定期的」であるということです。

定期的な「メンテナンス」というリフォームで、自宅の劣化スピードを遅らせることはもちろん、故障や破損による大きな被害を未然に防ぐことができます。

家庭環境の変化

家庭環境の変化によって、リフォームが必要になる場合があります。

・子どもが大きくなってきたので子供部屋を作りたい
・将来のためにバリアフリー設計にしたい

など、ライフスタイルに応じて住環境の変化が必要になります。

こういった理由の場合、適切なリフォームの時期は事前に予測することができます。

数年先の計画を前もって立てておくことで、より快適な生活を送ることができます。

グレードアップしたくなった

現状よりもっと快適な生活がしたいという場合には、設備をグレードアップする必要があります。

実際に自宅で生活してみると、「購入時には気づかなかったけれど、ここはもっとこうしておけば良かったな、、、」と感じることも多いのではないでしょうか。

トイレを新型にする、収納を増やす、より使いやすいキッチンにするなど、多くのリフォームが考えられます。

ただし、理想をすべて叶えるにはかなりの費用がかかることが多いため、優先順位をつけて考えることが重要です。

自宅内で改善したい箇所の選定をしつつ、家計状況に応じたタイミングを考えましょう。

“家のライフサイクル”をリフォーム時期の目安にしよう

人だけでなく、「家のライフサイクル」と呼ばれるものがあります。

住環境における各設備の耐用年数はそれぞれ異なりますが、リフォームが必要になってくる一般的な目安が存在します。

おうちの中の各設備別に、リフォームが必要になる目安を解説していきます!

屋根

屋根は、素材によって葺き替えや塗装をすべき時期が変わってきます。

スレート材の場合には10年~15年、瓦屋根の場合には20年~30年がリフォームの目安です。

屋根は雨や風、紫外線の影響を強く受けるため、気づかないうちに劣化が進んでいることがあります。

雨漏りや色落ちが起こった際にリフォームするのは当たり前のことですが、そうでなくても定期的にメンテナンスをするようにしましょう!

外壁

外壁の塗装は10年おきにするのが良いと言われています。

外壁は一気に劣化することはなく、徐々にひび割れてきたり、色あせてきたりします。

目立った劣化が確認できなくても、10年前後を目安にメンテナンスをするようにしましょう。

また、外壁の塗装は屋根のリフォームと同時に行うことをおすすめします。

屋根のリフォームも外壁のリフォームも、施工時に業者の人が作業するための足場を設置する必要があります。

足場は、一般的に設置だけでも10万円以上かかるといわれています。

屋根、外壁と別々にリフォームする場合、2回分の足場設置費用がかかってしまいます。同時にリフォームを進めれば、1回分の費用で済むため無駄な支出を減らすことが可能です。

壁紙

内側の壁紙は、10年~20年を目安に張り替えることをおすすめします。

とはいえ、この目安は壁紙の状態によって多少の前後があります。

例えば、室内でタバコを吸っている場合。ヤニが付着して壁紙が黄ばみ、寿命は短くなります。

また、湿度によって劣化のスピードが早まることがあります。

壁紙が美しいかそうでないかは、家の雰囲気に大きく影響します。きれいな壁紙を保てるようにしたいですね!

フローリング

フローリングは、15年~20年程度を目安にリフォームすると、良い状態を保つことが可能です。

フローリングは木材のため、傷がついてしまったり割れてしまったりします。

また、カーペットを敷いている場合には、隙間にカビが発生してしまうこともあります。

現状がどうなっているのかを確かめながら、定期的な掃除やメンテナンスはもちろん、ひどい状態になる前にリフォームをしましょう!

一室が畳部屋であるご自宅に居住している方は多いのではないでしょうか。

畳は、約3年経過したときに裏返すことで、きれいな面を表にすることができます。

また、使い始めて5年~6年を目安に、「表替え」をすることで、さらに長い期間使えるようになります。

表替えとは、畳の芯以外の表面部分だけを新しくするリフォームのことをいいます。

そして、使い始めから10年ほどたった場合には、上に書いた畳の芯の部分も劣化してしまうことが多いです。

このタイミングで、畳自体を交換するようにしましょう!

キッチン

キッチンはほぼ毎日使用する設備であり、かつ水や油などを使う場所です。経年劣化が表れやすい設備であるといえるでしょう。

キッチンはコンロやレンジフード、シンクなど場所によって劣化の時期は変わってきますが、10年~20年を目安にリフォームすることが望ましいです。

また、目立った不良がなくても、5年刻みで点検をするようにしましょう。

キッチンは火を使う場所なので、気づかないうちに故障していると大きな被害をもたらしてしまう恐れがあります。

浴室

浴室は10年~20年を目安にリフォームすることをおすすめします。

通常使用していても、このくらいの期間が経過することで、タイルの剥がれや給湯器の不調などが現れることが多いです。

水は建物を劣化させる大きな原因であるため、浴室はカビなどに日ごろから注意しなければなりません。

目立った劣化が無くても、定期的に点検をするようにしましょう!

洗面所

洗面所もキッチンや浴室と同じように、10年~20年でリフォームすることが望ましいです。

排水設備の耐用年数によって変わってきますが、リフォームをしないことで水が流れにくくなる等のデメリットがあります。

トイレ

トイレのリフォームも、10年~20年で行うことをおすすめします。

トイレ本体は基本的に陶器でつくられているため、ひび割れなどの外傷がない限り使い続けることができます。

ですが、洗面所などと同じように、排水設備に不具合が生じてくることが多いです。

定期的に点検、リフォームをすることで、大きな被害を防ぐことができます。

特に、急にトイレが使えなくなるとかなり困ってしまうため、早めに対処しておきたいですね。

また、最近では節水トイレなど高機能トイレが数多く発売されています。

不具合の有無にかかわらず、一度検討してみるのも良いかもしれません!

家のリフォーム時期を考える際の注意点【3つある】

リフォームの時期を考える際には、家のライフサイクル以外にも気を付けるべきことがあるんです!

ここでは、その中でも特に注意すべきポイントを紹介します!

できるだけまとめてリフォームする

外壁リフォームの話でも触れましたが、各場所を別々にリフォームするのではなく、できるだけまとめてリフォームするのが望ましいです。

まとめてリフォームをすることで、足場を組む回数を最小限にしたり、工期が短くなったりします。

リフォーム業者に来てもらうだけでもお金が発生するので、日数を少なくした方が費用を抑えられます。

さらに、業者の出入りが少なくなるので、私たちの生活への影響も少なくなります。

もちろん不必要なリフォームまでするべきではないですが、できるだけまとめることを意識して、リフォームの時期を検討しましょう!

安全性を第一に考える

リフォームする際には、安全性を第一に考える必要があります。

設備に不備が出始めているのに放置しておくといった、リフォームの時期を先延ばしにして危険な状況が続いてしまうことは絶対に避けなければなりません。

例えば、老朽化が進み災害に弱い家のままだと、実際に災害が発生してしまうと大事になる場合もあります。

リフォームには生活面や経済面等多くのことが関わりますが、何よりも安全性を重視するようにしてくださいね!

お金と相談し慎重に考える

ここまでリフォームの重要さに触れてきましたが、先立つものが必要なのでお財布との相談は必須となるでしょう。

修繕やメンテナンスといったリフォームは生活に必須ですが、グレードアップを叶えるリフォームは必ずしも必要でない場合があります。

例えば、これから子供の教育費や学費といったお金がかかる、という時に無理なリフォームはするべきではないでしょう。

快適な生活を送ろうと思っていたはずが、逆に生活を苦しくしてしまったら元も子もないですよね。

「本当に必要なリフォームなのか」についてよく考え、慎重に検討するようにしましょう!

リフォームの時期以上に気を付けたい、業者の選び方について

住宅のリフォームは、基本的に業者に依頼することがほとんどです。

ここではリフォーム業者を選ぶ際に気を付けたいポイントを紹介します!

見積もりを比較する

リフォーム業者を選ぶ際には、複数の業者に見積もりを依頼するようにしましょう。

見積もりを比較することで、あなたに合った最適な業者を見つけることができます。

ここで注意すべきなのが、金額だけでなく内容もしっかりチェックする、ということです。

「○○一式」などのどんぶり勘定だと、思っていたよりも費用がかかってしまった、ということになりかねません。納得いくまで見積内容を洗い出しましょう。

内容も含めて比較するようにしたいですね!

施工実績が豊富か確認する

施工実績の豊富さを確認することが、リフォームを成功させる大きなポイントです。

水まわりや外装、内装などリフォームの種類は様々ですが、業者によって得意不得意が存在します。

ホームページや口コミサイト、友人などから情報を得て、自身が依頼したいリフォームに適した業者を選ぶようにしましょう!

会社の規模で判断しない

リフォームを依頼する時には、何となく有名なリフォーム業者を選んでしまいがちです。

ですが、規模が小さい地域密着型の業者を選んだ方が良い場合も存在します。

地域密着型の業者は広告宣伝や営業にあまりお金をかけないため、費用を安く抑えられることが多いです。

また、リフォーム後のトラブルにも迅速に対応してくれます。

規模だけで判断せず、様々な条件を比較して決めるようにしましょう!

飛び込み営業に注意する

リフォーム業者の中には、飛び込み営業をおこなっている業者があります。

全てではありませんが、このような業者の中には「床業者」「屋根業者」などと呼ばれる悪徳業者が存在します。

  • 屋根が剥がれているのでリフォームした方がいい
  • 外壁が剥がれていて、このままだとマズい

というような口実で訪問してきて、契約を勧めてきます。聞きなれない専門用語を頻発し危機感を煽るといった話術を駆使してきます。

基本的に、危機感を煽る飛び込みの訪問営業でリフォームをすすめられたら「話を聞かない」という認識で間違いないと思います。

住宅リフォームのような大きな買い物を飛び込み営業でできるわけがありません。「結構です、帰ってください。」と伝えましょう。

見積だけほしいというような場合は、その場では絶対に契約せずに金額表だけ受け取ってください。他の業者にも見てもらい、適正価格かどうかなどを判断するようにしましょう!

自宅をリフォームすべき時期とタイミングまとめ

以上、住宅リフォームをするべき時期や、その際の注意点について説明してきました。

目立った劣化が無くても、定期的にメンテナンスやリフォームをすることによって、安全で快適な生活が実現できます。

本記事を参考にして、リフォームの時期・タイミングを考えてみてください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事