蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
京都府宇治市の蓄電池補助金

京都府宇治市の蓄電池補助金概要

制度名 家庭向け自立型再生可能エネルギー導入事業費補助金
補助金額 12万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/1-2022/3/17
申請時期 工事前
設備要件 蓄電容量が1Kwh以上の、住宅用であること。 上記の太陽光発電設備と接続され、その発電する電力を充放電する設備であり、蓄電池部、インバータ、コンバータ及びパワーコンディショナ等の電力変換装置が一体的に構成されていること。 日本工業規格に掲げる密閉型小型二次電池の安全性、その他関係法令が定める安全基準を満たしていること。 充放電能力がメーカーによって出荷後も保証されており、かつ、保証開始日が申請日の前後一年以内であること。 メーカー等によって設置後のメンテナンス体制が用意されていること。
申請方法 持ち込み
お問合せ先 環境企画課〒611-8501京都府宇治市宇治琵琶33番地 TEL:0774-20-8726 FAX:0774021-0423
公式URL https://www.city.uji.kyoto.jp/site/ijuteiju/6760.html
その他 宇治市内に、自らが所有し、かつ居住する、戸建専用住宅に対象設備を同時に設置する人、または、対象設備を設置した戸建専用住宅を、自ら居住する目的で取得する人。 市税や上下水道料金の滞納が無い方 過去にこの補助金を受けたことの無い方

京都府の蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

京都府宇治市の特徴

宇治市(うじし)は、京都府の南部に位置する市
京都盆地の東南部にあり[5]、京都市や大津市と隣接する[5]。人口は約18人。
京都市に次ぐ、京都府内の第二都市である。
面積 67.54km2、総人口 178,642、平均年齢:42.1歳
宇治市役所 – 宇治琵琶33に所在。海抜44メートル。
茶業 -開発により市内の茶農地は減少しているが、茶匠の名跡の多くが市内にあり、伝統的な産業となっている。
2013年(平成25年)の宇治市の観光入込客数は3,947,844人で、京都府内では京都市に次ぐ第2位であるが、観光消費額は5,267,500千円で府内第5位である
・宇治 における年間の気候および平均気象
宇治では、夏は短く、暑く、蒸し暑く、ほぼ曇り、冬は非常に寒く、ほぼ晴れ、年間を通じて湿度が高くです。 1 年を通して、気温は 0°Cから 32°Cに変化しますが、-3°C 未満または 35°C を超えることは滅多にありません。