蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
京都府乙訓郡大山崎町の蓄電池補助金

京都府乙訓郡大山崎町の蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

京都府の蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

京都府乙訓郡大山崎町の特徴

京都府の南部に位置し、乙訓郡に属する町。
大阪府三島郡島本町との府境に位置する。京都府で最も面積の小さい市町村である。旧山城国乙訓郡。河の南という意味で「河陽(かや、かよう)」の別名がある。
・面積 5.97km2、総人口16,070人
人口
平成22年国勢調査より前回調査からの人口増減をみると、0.45%減の15,123人であり、増減率は府下26市町村中8位、36行政区域中14位。
歴史的には中世にエゴマの栽培とその種から取るえごま油の製造、販売で栄えた。
20世紀後半の昭和戦後期から平成初期の時期までは米作およびタケノコの採取などの農業が有名であった。
高度成長期以降、国道171号線沿いに工場や倉庫が増加した。特にダイハツ工業、日立グループの事業所やマクセルホールディングスの京都本社、ゲームソフト開発のトーセの登記上本店及び開発センターがある。なお、サントリー山崎蒸溜所は大阪府島本町に所在し、本町には所在しない。一方、同社京都ビール工場の一部が町域に所在する。
「ゼロカーボンシティ」宣言について
2050年までに二酸化炭素の排出量を実質ゼロにすることを目指す旨を首長自らが公表した地方自治体を「ゼロカーボンシティ」として国内外に広く発信するとともに、全国の自治体へ表明を呼び掛けています。
大山崎町の豊かな自然を子どもたちやその先の世代へ引き継ぐためにも、大山崎町は「ゼロカーボンシティ」宣言。
今後、町民の皆様のご意見を踏まえながら、地球温暖化対策について新たな施策を検討し、大山崎町が一丸となって「ゼロカーボンシティ」を実現できるように取り組む姿勢。