蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
埼玉県行田市の蓄電池補助金

埼玉県行田市の蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

埼玉県の蓄電池補助金概要

制度名 【令和3年度】蓄電池・V2H補助(再生可能エネルギー電力活用促進事業補助)
補助金額 5万円
補助対象機器 蓄電システム、V2H
申請期間 2021/4/1~2022/2/28
申請時期 工事前
設備要件 自己が居住する既存の戸建住宅(集合住宅を除く)への設置が対象。
太陽光発電設備と同時に設置するか、太陽光発電設備がすでに設置されていること。
再生可能エネルギーの使用により発電した電力を蓄え、取り出すことが可能であること(全量売電は対象外)
申請方法 郵送
お問合せ先 環境部 エネルギー環境課 住宅等省エネルギー推進担当
〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階
電話:048-830-3042
ファックス:048-830-4778
公式URL https://www.pref.saitama.lg.jp/a0503/chikudenchihojokin3.html
その他

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

埼玉県行田市の特徴

埼玉県行田市は埼玉県北部に位置します。利根川を境として群馬県と接します。
行田市の市域は利根川と荒川がつくりだした平野です。そのため、起伏が少ない平坦地となっています。
行田市内にある大字「埼玉(さきたま)」は埼玉の語源と考えられてます。
古墳時代には鉄剣で有名な稲荷山古墳などがつくられました。戦国時代、行田市周辺は成田氏の支配下にあり、水城として有名な忍城が築かれ、豊臣軍の水攻めにあいました。
江戸時代には忍藩の領地となり、足袋の産地として有名になります。明治時代になると、足袋生産が機械化され、行田足袋のブランドで全国に知られます。
行田市の名物は「フライ」。一般的なフライと異なり、行田市のフライはクレープのような生地に肉や卵などの具材を入れるものでお好み焼きに近いものです。
太平洋側の気候に属し、夏は高温多湿、冬は低温乾燥となります。