蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
埼玉県和光市の蓄電池補助金

埼玉県和光市の蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

埼玉県の蓄電池補助金概要

制度名 【令和3年度】蓄電池・V2H補助(再生可能エネルギー電力活用促進事業補助)
補助金額 5万円
補助対象機器 蓄電システム、V2H
申請期間 2021/4/1~2022/2/28
申請時期 工事前
設備要件 自己が居住する既存の戸建住宅(集合住宅を除く)への設置が対象。
太陽光発電設備と同時に設置するか、太陽光発電設備がすでに設置されていること。
再生可能エネルギーの使用により発電した電力を蓄え、取り出すことが可能であること(全量売電は対象外)
申請方法 郵送
お問合せ先 環境部 エネルギー環境課 住宅等省エネルギー推進担当
〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第三庁舎3階
電話:048-830-3042
ファックス:048-830-4778
公式URL https://www.pref.saitama.lg.jp/a0503/chikudenchihojokin3.html
その他

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

埼玉県和光市の特徴

東京23区に隣接することから、戦後急速にベッドタウンとして人口が増え、本田技研工業の工場建設(現在は工場は廃止)によって工業都市として発展した。市域の一部はキャンプ・ドレイクの跡地に位置しており国や民間の研究・研修施設などの立地が進んでいる。
住宅地として造成が進んでいるが、かつての武蔵野の面影を残すような雑木林や畑が点在するほか、県営の和光樹林公園など緑の多い公園もある。
「災害に強い街」ランキングで、和光市は1都3県の184市区のうち2位であった(1位は所沢市、3位は北本市)。この順位は公益財団法人の地盤工学会関東支部が、自然災害発生頻度と被害人口に、ハード・ソフト対策の充実度を掛け合わせ算出した、自然災害に対する独自のリスク指標「GNS」に基づいており、市の大半が武蔵野台地に位置していること、浸水想定区域の大半が市街化調整区域と工業地帯で水害リスクも比較的低いこと、開発の際には雨水浸透施設の設置を条例で義務付けていることが要因にあげられている[1]。