蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
東京都江東区の蓄電池補助金

東京都江東区の蓄電池補助金概要

制度名 (個人住宅用・集合住宅用)地球温暖化防止設備導入助成
補助金額 10万円
補助対象機器 蓄電システム、HEMS
申請期間 2021/4/1~2022/3/15
申請時期 工事前
設備要件 居住の用に供する部分に使用する蓄電池であって、次の要件をすべて満たすもの
一般社団法人環境共創イニシアチブが補助対象製品として登録しているものまたはそれに準じた性能を持つもので区が認めるもの
太陽光発電システム又は燃料電池装置(エネファ-ム)と常時接続していること
申請方法 郵送
お問合せ先 環境清掃部 温暖化対策課 環境調整係
窓口:防災センタ-6階3番
〒135-8383 東京都江東区東陽 4-11-28
電話番号:03-3647-6124
ファックス:03-5617-5737
公式URL https://www.city.koto.lg.jp/380201/machizukuri/kankyo/sedo/30jyosei.html
その他

東京都の蓄電池補助金概要

制度名 自家消費プラン事業
補助金額 42万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/1~2022/3/31
申請時期 工事前
設備要件 都内の住宅に新規設置すること
未使用であること
太陽光発電システムを同時設置するか、既に設置していること
家庭の太陽光発電等の電力データ、再エネ電力の自家消費に伴う環境価値等が提供可能であること
申請方法 郵送と電子申請どちらでも
お問合せ先 (補助制度について)
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
電話:03-5388-3533
(申請受付について)
公益財団法人東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京 )
電話:03-6279-4615
公式URL https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/25/03.html
その他

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

東京都江東区の特徴

東京都江東区は、東京都の東部に位置し、隅田川と荒川に挟まれています。

隅田川と荒川の河口である東京湾に面している地域は、江戸時代から埋め立てが始められた地域であり、江東区の大部分がゼロメ-トル地帯、または海面より低い海抜マイナス地帯となっています。

さらに江東区は、太平洋側から吹きつける南東風をまともに受け、4月以降から降水量が増え始めます
そして6〜7月の梅雨の時期、8〜10月の台風シ-ズンになると、江東区の海抜の低い地域は、大雨浸水に至る危険性が高くなります。

河川の堤防の決壊、東京湾の高潮まで被害が広がると、江東区全体が危険になりますので、千葉県や東京都西部、神奈川県への避難が必要になります。

また、巨大建築物や人工排熱、アスファルトなどが地表に覆いかぶさっている場所が多いため、ヒ-トアイランド現象が顕著な地域です。
そのため夏の日中は、特に厳しい暑さがあります。
冬は温暖で、降雪量が少なく、比較的過ごしやすい気候です。冬は乾燥しているので、大規模な火災に至らないよう注意が必要です。