蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
東京都練馬区の蓄電池補助金

東京都練馬区の蓄電池補助金概要

制度名 練馬区再生可能エネルギ-・省エネルギ-設備設置補助制度
補助金額 6万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/15~2022/3/15
申請時期 工事後
設備要件 国のネット・ゼロ・エネルギ-・ハウス(ZEH)支援事業において、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に補助対象機器として登録されているもの
既存または同時に設置した太陽光発電設備と連携していること
蓄電システムの機器費が蓄電容量1kWh当たり20万円(税抜)以下であること
申請方法 郵送か持ち込み
お問合せ先 練馬区環境部環境課
地球温暖化対策係 補助金担当
〒176-8501 練馬区豊玉北6丁目12番1号 練馬区役所本庁舎18階
電話:03-5984-4706(直通)
公式URL https://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/shigoto/kankyo/hojo/index.html
その他

東京都の蓄電池補助金概要

制度名 自家消費プラン事業
補助金額 42万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/1~2022/3/31
申請時期 工事前
設備要件 都内の住宅に新規設置すること
未使用であること
太陽光発電システムを同時設置するか、既に設置していること
家庭の太陽光発電等の電力データ、再エネ電力の自家消費に伴う環境価値等が提供可能であること
申請方法 郵送と電子申請どちらでも
お問合せ先 (補助制度について)
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
電話:03-5388-3533
(申請受付について)
公益財団法人東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京 )
電話:03-6279-4615
公式URL https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/25/03.html
その他

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

東京都練馬区の特徴

練馬区は東京都の中でも毎年最高気温を記録し夏場に高温、猛暑に関する最高記録が観測されている埼玉県熊谷市に並ぶ暑い地域です。

練馬区の暑さは東京都心部で起こったヒ-トアイランド現象によって温められた東京湾から吹く南風のちょうど風下に位置すること、そして冷たい海の風が当たらないため温度の上がりやすい内陸部に位置することが原因となっています。
一方で冬は都心の区と比較しても寒さが厳しく、都心では雨やみぞれが降っていても練馬区では積雪を伴う雪が降っている場合もあります。

春や秋は日中と夜間の寒暖差が大きく、この特徴を活かしたキャベツの栽培が盛んに行われています。

年間の降水量は約1000 mm~約2000mmと大きな特徴はありませんが、近年はヒ-トアイランド現象が要因のひとつとも言われているゲリラ豪雨の被害を受けることが増加しています。
年間を通して気温差が大きいことが練馬区の気候の最大の特徴と言えるでしょう。