蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

2021年度版 
東京都文京区の蓄電池補助金

東京都文京区の蓄電池補助金概要

制度名 令和3年度 文京区新エネルギ-・省エネルギ-設備設置費助成
補助金額 10万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 第1期設備設置日:令和3年2月1日(月曜日)~6月30日(水曜日)
申請期間:令和3年5月6日(木曜日)~8月2日(月曜日)
第2期設備設置日:令和3年7月1日(木曜日)~10月31日(日曜日)
申請期間:令和3年8月2日(月曜日)~11月30日(火曜日)
第3期設備設置日:令和3年11月1日(月曜日)~令和4年1月31日(月曜日)
申請期間:令和3年12月1日(水曜日)~令和4年2月28日(月曜日)
申請時期 工事後
設備要件 太陽光発電システムもしくは家庭用燃料電池と常時接続するリチウムイオン蓄電池、インバ-タ-及び充電器等により構成されるシステム。太陽光発電システム(既に設置されている太陽光発電システムを含む)に常時接続するものは、一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したもので、太陽光発電システムにより発電した電力を蓄電できるものであること。家庭用燃料電池(既に設置されている家庭用燃料電池を含む)に常時接続する場合は、一般社団法人環境共創イニシアチブが指定したもので、停電時に家庭用燃料電池システムを起動し発電させることができるものであること。
申請方法 持ち込み
お問合せ先 〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号文京シビックセンタ-17階南側環境政策課環境調整係電話番号:03-5803-1259FAX:03-5803-1362
公式URL https://www.city.bunkyo.lg.jp/bosai/kankyo/hozen/energy.html
その他

東京都の蓄電池補助金概要

制度名 自家消費プラン事業
補助金額 42万円
補助対象機器 蓄電システム
申請期間 2021/4/1~2022/3/31
申請時期 工事前
設備要件 都内の住宅に新規設置すること
未使用であること
太陽光発電システムを同時設置するか、既に設置していること
家庭の太陽光発電等の電力データ、再エネ電力の自家消費に伴う環境価値等が提供可能であること
申請方法 郵送と電子申請どちらでも
お問合せ先 (補助制度について)
環境局地球環境エネルギー部地域エネルギー課
電話:03-5388-3533
(申請受付について)
公益財団法人東京都環境公社東京都地球温暖化防止活動推進センター(クール・ネット東京 )
電話:03-6279-4615
公式URL https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/03/25/03.html
その他

国からの蓄電池補助金概要

現在ご利用可能な補助金制度がありません。

東京都文京区の特徴

東京都文京区は東京23区の中心部に位置し、明治時代には夏目漱石や森鴎外、石川啄木などの文豪が住んでおり、東京大学をはじめとする大学が多く「文京区」という区名にふさわしい街です。

江戸時代には水戸黄門で有名な水戸徳川家の屋敷が建てられたり、伝通院や護国寺など徳川幕府ゆかりの寺が建立されています。

気候は降水量や日照時間は全国的に見ても平均的で年間平均気温がやや高いといえますが、特に特徴的な気候のある地域ではないでしょう。