リノベステーションは新型コロナウィルスへの対応を徹底しています。詳しくはこちらをご確認ください。
メニュー
マイページ
お気に入り
カート
相談件数
年間2,000件以上
完全
自社施工
取扱商品
10,000点以上
クレジット
ローン
銀行振込

リノステとは?

ご利用ガイド

お客様の口コミ

お役立ちコンテンツ

蓄電池について

0円リフォーム

無料電子ブック

その他

カテゴリーで選ぶ

蓄電池

太陽光発電

パワーコンディショナ

エコキュート

IHクッキングヒーター

外壁塗装

ポータブル電源

エコな生活を送ると
電気代もお得!?

電気代やガス代などの光熱費が高騰している今、
光熱費は買うのではなく自給自足するのが当たり前の時代に突入しています。

また、政府もSDGsやZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などに代表されるように、2030年までに再生エネルギーを使用する割合や自家発電自家消費のできる住まいの実現をする目標を掲げており、省エネに関するリフォームに注目が集まっています。

そのため、現在はその目標を達成するための補助金制度も充実しており、すでに住居のあるご家庭でも約1/3ほどの負担で省エネ住宅へのリフォームを実現することができる絶好のチャンスです。

省エネ住宅とは?

省エネ住宅とは

住居内の温度を保つためにはエアコンや暖房設備を使用することになります。
電力会社から購入する電力は電力会社にもよりますが石油や石炭を使用したものが多く、環境に優しくない上に電気料金や燃料代の費用がかかります。

省エネ住宅とは、室温の制御などに必要なエネルギーを少なくする対策が施された住宅をいいます。

リノベーションで省エネ対策を行うことで、少ないエネルギーで室温制御が可能となり、環境にも優しいだけではなく、エアコンなどの室温調整機器をなるべくつかわず電気代を大幅に節約できる住宅を実現することができるのです。

今、省エネ住宅が注目されている理由

理由1
電気代を1/3 節約することができる

高断熱の省エネ住宅は家の中が均一な温度で保てる住まいなため、室内の場所別に温度ムラが生じづらいです。
そのため、少しのエネルギーで家全体の空気を循環でき、家全体が夏涼しく冬暖かい状態を実現できます。

温度ムラが生じづらいということは、温かい空間から寒い空間へ移動する際などの身体へのストレスが軽減できるため、健康的に過ごすことができる可能性が高まります。

※4人家族で1ヶ月の電力消費量が250kwhで計算した場合、基本料金を含め約7000円の電気代となります。4kWの蓄電池を導入し昼間の電気は全て蓄電池を使用し夜間は通常の電力を使用することで、
約4500円となり約1/3の削減となります。
電気代を1/3節約することができる

理由2
夏は涼しく冬は暖かい家で健康的に過ごすことができる

省エネ住宅とは

住居内の温度を保つためにはエアコンや暖房設備を使用することになります。
電力会社から購入する電力は電力会社にもよりますが石油や石炭を使用したものが多く、環境に優しくない上に電気料金や燃料代の費用がかかります。

省エネ住宅とは、室温の制御などに必要なエネルギーを少なくする対策が施された住宅をいいます。

リノベーションで省エネ対策を行うことで、少ないエネルギーで室温制御が可能となり、環境にも優しいだけではなく、エアコンなどの室温調整機器をなるべくつかわず電気代を大幅に節約できる住宅を実現することができるのです。

理由3
住宅維持費を合計約500万円*軽減することができる

高断熱の省エネ住宅なら結露の発生を抑えるすとができるので、壁や木材をカビで炒めてしまう可能性が軽減できます。

そのため、一般的に10年に1度必要と言われている外壁塗装についても回数を減らすことで費用を抑えることができ、維持費を抑えつつ長く快適に過ごす家を保つことが可能です。

※戸建て住居に50年間住み外壁塗装を10年に1度し1回100万円かかった場合の費用
電気代を1/3節約することができる

リフォームでできる省エネ住宅

省エネ住宅リフォームは太陽光発電機器を設置するイメージがありますが、
それだけではありません。
エネルギー消費を抑えるという視点で
給湯器を設置したり断熱効果を高めるリフォームもあります。

パターン1
エネルギー消費量(電力)を減らすリフォーム

エネルギー消費量を減らすためには、室内の温度を抑えるための「断熱リフォーム」他、給湯器や冷暖房機器などのエネルギーを消費する機器を「省エネ可能な機器に変更する」という手段もあります。

断熱リフォームについては建物の中に入っている断熱材を見直す方法の他、外壁塗装を断熱効果の高い塗料で塗り変える方法があります。

建物自体の断熱材を見直すリフォームする場合は数百万円以上かかることもあるため、給湯器や冷暖房機器の見直しや、断熱塗料での外壁塗装ほうが家計の負担額は抑えられると言えます。

エネルギー消費量(電力)を減らすリフォーム

パターン2
エネルギー(電力)を創るリフォーム

エネルギー(電力)を創るリフォーム

エネルギー消費を抑える方法の他、太陽光発電のようなエネルギーを創るリフォームも省エネリフォームに含まれます。

太陽光発電を設置している場合、電気を自家発電自家消費できるため電力会社から購入する電力量が減り電気代を削減できる他、太陽光パネルの電力量によっては売電収入も見込めます

さらに、蓄電池を設置すれば余剰電力が蓄えれるため停電時にも電気が使えたり、太陽光発電のみを設置しているよりさらに電気代の削減に繋がります。

光熱費削減商品の選び方で
お悩みの方は担当者におまかせ!

相談件数年間2,000件以上の光熱費削減のプロが、あなたのご家庭にあった商品選びをサポートいたします。どの商品を選べばよいかわからないメリット金額がわからない他社から金額を提示されたが適正かわからない方は、お気軽にお電話またはメールフォームにてお問い合わせください!無料でご相談を承ります
対応スタッフを見る
迷っている方はお気軽にご相談ください!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
蓄電池やリフォームに関する
ご相談やお見積もりは
完全無料です!
電話ですぐにご相談!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
WEBからお気軽にご相談!
New call-to-action
New call-to-action