蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

トイレの換気扇の電気代は?つけっぱなしにした方が良い?

トイレ・洗面所 2021年10月08日更新
img_toilet_Ventilation fan_electric bill_210212

トイレの換気扇をつけっぱなしにするか、こまめに使用するかは大きな悩みどころですよね。

匂いや湿気が溜まることを考えると、換気扇をつけっぱなしにしておきたいです。
一方で、つけっぱなしにしておくと電気代が気になるものです。

そこで、本記事ではトイレの換気扇の電気代やつけっぱなしにすることのメリットについて解説していきます。

最初に、本記事の内容を3行でまとめます。

  • トイレの換気扇をつけっぱなしにしておく電気代は、月々約50円~300円である
  • トイレの換気扇をつけっぱなしにしておくことで、「空気を清潔にする」「臭いを抑える」「カビや結露の発生を抑える」などのメリットがある
  • トイレの換気扇の電気代を抑えるには、「最新の換気扇を利用する」「換気扇を定期的に掃除する」などの方法がある

是非最後までご覧くださいね!

トイレの換気扇はつけっぱなしの方が良い?電気代は?

ここからはトイレの換気扇の電気代と、つけっぱなしにするメリットを解説していきます。

トイレの換気扇の電気代

トイレの換気扇の消費電力は基本的に約3Wと小さく、大きなトイレでも30Wは超えないことがほとんどです。

この消費電力で1カ月、24時間つけっぱなしにする場合の電気代は約50円~300円になります。

年間で考えると600~3000円ほどの出費となりますが、許容範囲内だと感じる方も多いのではないでしょうか。

トイレの換気扇をつけっぱなしにするメリット

電気代があまり大きくなくても、メリットが少なければやる意味はありませんよね。
ここからは、トイレの換気扇をつけっぱなしにするメリットについて解説していきます。

トイレの空気を清潔に保つ

排泄物が出るトイレの空気は決してキレイなものではありません。
排泄物から出たウイルスや細菌が、空気中に留まってしまうためです。

換気扇をつけっぱなしにして常に新鮮な空気に入れ替えることで、トイレの空気を清潔に保つことができます。

トイレの臭いを抑える

当然の話でもありますが、排泄物は臭いも放出します。

空気の滞った所では、臭いが濃縮し、混ざりあい、さらに臭くなってしまいます。
トイレを気持ちよく使うためには、空気の入れ替えをしっかりと行うことが必要です。

カビや水垢の発生を抑える

トイレも水回りですから、湿気や結露のような水気が発生しやすいです。
このような水気はカビや水垢の温床になります。

換気扇を回して部屋の空気の流れをよくすることで、カビや水垢の発生を防ぐことが可能です。

ほこりや花粉を屋外に排出する

空気の滞った所では、ほこりや花粉が溜まってしまいます。

特に、狭くて窓も小さいトイレでは空気の動きが生じにくいため、ほこりや花粉が溜まる傾向が強いです。
そのせいで掃除が大変になったり、花粉症に悩まされることになります。

換気扇を回して空気の流れをよくすることで、ほこりや花粉に悩まされることを防ぐことが可能です。

トイレの換気扇の電気代を抑える方法

「トイレの換気扇をつけっぱなしにするメリットがたくさんあることは分かったけれど、長期間で考えるとそれなりの出費になる電気代を抑えたい、、」

このような方に向けて、ここからはトイレの換気扇の電気代を抑える方法について解説していきます。

最新の換気扇を利用する

エアコンの消費電力や、トイレの節水性能でも同様のことを聞いたことがあるかもしれませんが、古い換気扇の電気効率は悪いです。

あたらしい換気扇の方が一般的に、少ない電力で多くの空気を入れ替えることができます。
家の換気扇が古くなってきた場合は、交換を検討されることもおすすめです。

換気扇を定期的に掃除する

エアコンのフィルター同様に、トイレの換気扇にまとわりつくホコリや汚れは稼働の妨げになります。

稼働の抵抗は電気代の増加に繋がります。
換気扇は定期的な掃除を行いましょう。

暖房や冷房との併用を控える

換気扇は外の空気と中の空気を入れ替える機能を担っています。

暖房・冷房が快適な温度にした部屋の空気を、換気扇は暑い・冷たい外の空気と入れ替えられてしまうのです。
自然、暖房・冷房の負担が増えてしまい、トータルの電気代が上昇します。

電気代を最優先に考える場合は、暖房や冷房との併用は避けましょう。

また、「エアコンが換気を行ってくれているから換気扇はいらない」という言説をしばしば耳にすることがあるかもしれません。
これは誤りであり、基本的にエアコンは換気機能を持たないという点を留意してください。

【まとめ】トイレ換気扇の電気代を把握して賢く利用しよう!

いかがでしたか?
メリットがたくさんある一方で、トイレの換気扇をつけっぱなしにしておくための電気代は、決して高くはありませんでした。

しかし、長期的に考えればそれなりの額にはなりますし、家庭によって優先度の違いがあるものです。

本記事が快適な生活の参考になりましたら幸いです。

最後に本記事の内容を再度3行でまとめます。

  • トイレの換気扇をつけっぱなしにしておく電気代は、月々約50円~300円ほどである
  • トイレの換気扇をつけっぱなしにしておくことで、「空気を清潔にする」「臭いを抑える」「カビや結露の発生を抑える」などのメリットがある
  • トイレの換気扇の電気代を抑えるには、「最新の換気扇を利用する」「換気扇を定期的に掃除する」などの方法がある

本日から是非とも実践にうつしてみてくださいね!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事