蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

太陽光発電とエコキュートを同時に導入するべき理由を解説!

蓄電池 2021年10月08日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

img_solar power_EQ_reform_210311

リフォームして太陽光発電とエコキュートを利用するとどうなる?

ご自宅を「リフォームして太陽光発電やエコキュートを導入してエコな暮らしを追求したい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
実際、年々太陽光発電やエコキュートを利用する家庭は増えています。

今回の記事では、特徴や費用、併用するメリットなど様々な角度から太陽光発電とエコキュートについて解説していきます。

少しでも導入を検討されている方はぜひ最後までお読みください。

太陽光発電・エコキュートって何?【リフォーム前に知っておきたい】

そもそも太陽光発電やエコキュートって何かと聞かれたら説明できますか?
特にエコキュートは言葉を聞いたことがあっても、説明できる人は少ないのではないでしょうか。

ここでは実際に、太陽光発電やエコキュートの特徴や仕組みについてざっと見ていきましょう。

太陽光発電の特徴

太陽光発電はその名の通り太陽光を使って電気エネルギーを発生する「太陽電池」を使って発電を行う発電方法を指します。
太陽光発電は、地球環境に優しい自然界のエネルギーである再生可能エネルギーの代表例として知られています。

さらに詳しい特徴に関しては後述のメリット・デメリットで扱います。

太陽光発電の仕組み

どのようにして太陽光を元に発電を行っているのでしょうか。

太陽電池は、プラスの電荷を多く含むP型半導体とマイナスの電荷を多く含むN型半導体をくっつけたような構造になっています。
太陽光が当たることでプラスとマイナスの電荷が発生し、それぞれがP型半導体とN型半導体に集まることによって電気が生まれています。

エコキュートの特徴

エコキュートとは、電気を利用してお湯を沸かす給湯器の総称です。
お風呂のお湯やキッチンの水道で温かいお湯を使いたいとき給湯器が使われています。
一般的には、お湯を沸かすときにはガスを使うのが従来の方法でした。

しかし、基本的にガスよりも安い「深夜電力」を使うことによってコストを抑えることができるというのがエコキュート最大の特徴です。

近年は、ガスを一切使わない住宅であるオール電化の住宅が人気になってきているため、エコキュートが導入されることが増えています。

エコキュートの仕組み

エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットから構成されます。
ヒートポンプユニットで空気の熱を高温化してお湯を作り、そのお湯を貯湯タンクに貯めて保温するという仕組みです。

具体的には、ヒートポンプユニットでは空気の熱を取り込み、空気熱交換機の冷媒が吸収した後、さらに圧縮することでお湯が完成します。
基本的には、65~90℃のお湯が貯湯に蓄えられるということになっています。
外の空気を取り込むため外の気温が高いほど効率的にお湯を作ることができます。

エコキュートと電気温水器の違い

電気温水器器も電気を利用してお湯を沸かすという点では同じです。
エコキュートと電気温水器は両方電気給湯器の種類なのですが違いはお湯を沸かす仕組みにあります。
エコキュートが大気の熱を使ってお湯を沸かすのに対して電気温水器は電熱ヒーターによってお湯を沸かしているのです。

【リフォーム要検討】太陽光発電とエコキュートの併用がお得な理由

別々に解説してきた太陽光発電とエコキュートですが、これらを自宅に両方とも導入するとお得です。
太陽光発電は太陽が出ている日中しか発電することができません。

しかし、給湯にガスを使わないエコキュートを利用するとオール電化に切り替えることができ、オール電化の家庭向けの夜間の電気料金が安いプランを選択できるようになります。

昼間は太陽光発電で発電した電気をそのまま使い、夜は電気代の安い電気を買ってエコキュートでお湯を沸かすことができるのです。
蓄電池も併用すると場合によっては売電の必要がないこともあります。
効率的にエネルギーを使って光熱費を大幅に節約することができるようになるのは魅力的ですよね。

太陽光発電やエコキュートにリフォームする驚きのメリットとは

太陽光発電やエコキュートを導入するとどのようなメリットが考えられるのでしょうか。
ここではリフォームをしたときに考えられるメリットを3つずつ紹介します。

太陽光発電のメリット

光熱費の削減になり電気料金を抑えることができる

太陽光発電を導入すると、電力を自分の家でまかなうことができます。

夜など太陽光発電ができない時間帯もあるため全ての電気をまかなうことは厳しいですが、電力会社から電気を買う量が抑えられます。
これにより大幅に電気料金の節約をすることができるのです。

停電時も電気を使うことができる

日本は、地震や台風など災害が多い国であるため災害時の停電が気になりますよね。
トラブルが起きて電気が供給されなくなった時も、太陽光発電の設備があれば一安心です。

停電でも、太陽光発電に備わっている自立運転機能を利用すると、自家発電した電気をそのまま利用することができます。

余った電気は売ることができる

メリットは、電気料金が安くなるばかりではありません。

なんと余分に発電した電気は、電力会社に対して売ることもできます。
これを売電と呼び、売電は面倒な手続きは不要で誰でも気軽に利用しやすいようになっています。
条件にもよりますが、売電をすることで年間15万円ほどの収入になる家庭もあるようです。

エコキュートのメリット

光熱費が安い

エコキュートの特徴としてエネルギー効率に優れているという特徴があります。
差はあるものの、従来の電気温水器と比べて使用電力は約3分の1で済むと言われています。
このため、当然電気料金を抑えることができます。

もちろん、ほとんどの場合ガスを利用してお湯を沸かすよりも光熱費を浮かせることができます。

省エネになる

エコキュートの仕組みのところで解説をした「ヒートポンプユニット」は稼働に電力を必要としますが少量です。
再生可能エネルギーである空気中の熱を主に使用しているため省エネになります。
二酸化炭素の排出や不快なにおいもなく快適に利用することができます。

非常時に貯めておいた水を使用できる

エコキュートの「貯湯ユニット」では常に水やお湯がたっぷり貯蔵されています。
このため、地震や台風などの災害時にもこのタンクの水を利用することができるのは魅力です。

断水してしまうと生活に困ってしまうのであると安心ですね。

太陽光発電やエコキュートにリフォームするデメリットもある!?

太陽光発電やエコキュートの良いところばかり列挙してきましたが反対にデメリットはあるのでしょうか。

ここではリフォームをしたときに考えられるデメリットを3つ程度ずつご紹介します。

太陽光発電のデメリット

発電量が天候に左右されてしまう

言わずもがなですが、太陽光発電は太陽の光を元にしているため、発電量は太陽の日射量によって変動します。
そのため、天候が悪いときには発電量が落ちてしまうのが、デメリットだといえるでしょう。

また、意外と見落としがちなのが季節による変化です。
季節によって日照時間は変わってくるので当然発電量も変わってきます。

しかし年単位で考えれば発電量は安定したものとなるのでそこまで心配はしなくていいでしょう。

近隣トラブルにつながる恐れがある

ケースとしてはレアですが、太陽光発電パネルの反射がまぶしい、もしくは反射によって暑いという理由で近隣トラブルが発生することもあるようです。
屋根の北面に太陽光発電パネルを設置したときに、このような反射が起きる可能性があります
これを避けるために、事前にを検討しておくかそもそも発電効率の少ない北側のパネルの設置を避けるといいでしょう。

メンテナンスが必要になる

太陽光発電の設備は定期的なメンテナンスが必要不可欠です。
自然環境の影響を受けやすい屋外に長期にわたり使用されているので、不具合が起きることも考えられます。

パワーコンディショナーの交換や故障の確認などのメンテナンスを考えると、20年の使用で約30万円のランニングコストがかかるという計算もあるようです。

エコキュートのデメリット

設置費用のハードルが高い

従来のガス給湯器や電気温水器と比較すると本体価格が高く、初期費用が高くなるという特徴があります。
光熱費が安く抑えられるのは確かですが、設置のハードルが低くないのが気になる方もいるかもしれません。

設置場所を必要とする

多くの場合、ヒートポンプユニットと貯水タンクを家の外側に設置するためスペースの確保が不可欠です。

屋外に十分なスペースがないと設置が難しい場合があるのは覚えておくといいでしょう。

太陽光発電・エコキュートにリフォームするのにかかる費用は?

太陽光発電やエコキュートの魅力はかなり分かっていただけたのではないでしょうか。

しかし、気になるのはやはり費用の面ですよね。

ここではそれぞれの価格の相場について見ていきましょう。

まずは、太陽光発電にリフォームするのにかかる費用についてです。
設置するのに目安となってくる費用は約120万円~170万円といわれています。

続いてエコキュートの設置費用です。
太陽光発電と比べると安いですが本体価格が15万~30万円程度、工事費なども含めると40万円強になります。

初期費用だけを見ると委縮してしまう価格に思えるかもしれませんが、導入することによって電気代や光熱費の節約になります。
長期的に見れば収支がプラスになることが多いのでぜひ考えてみてはいかがでしょうか。

太陽光発電とエコキュートにリフォームするのがおすすめ【まとめ】

いかがでしたか?

今回の記事では、太陽光発電とエコキュートについて詳しく解説してきました。

それぞれの特徴やメリット・デメリット、価格などまで詳しく解説してきました。
また、注目すべきなのが

太陽光発電とエコキュートの両方導入するリフォームを行うことによって相乗効果が期待できる

ということです。

導入を検討されている方の一助となれば幸いです!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事