メニュー
相談件数
年間2,000件以上
工事
全国対応
取扱商品
10,000点以上
クレジット
ローン
銀行振込

リノステとは?

ご利用ガイド

お客様の口コミ

お役立ちコンテンツ

蓄電池について

0円リフォーム

無料電子ブック

その他

カテゴリーで選ぶ

蓄電池

太陽光発電

パワーコンディショナ

エコキュート

IHクッキングヒーター

外壁塗装

ポータブル電源

太陽光発電 メリット金額シミュレーション
太陽光発電ってやめたほうがいい?設置のメリット・デメリットを徹底解説!
1200-340 (1)
ebook_banner_1200340_221018
ebook_banner_1200340_221018
solar_ebook_bnr_top
previous arrow
next arrow

太陽光発電、雪が降ってもしない?積雪地域でのメリットと雪対策法

太陽光発電 2024年02月01日更新

「雪国で太陽光パネルは、発電できるの?」かと心配に思っていませんか?

雪国で太陽光パネルを効率的に使うためには、雪対策がとても重要です。

この記事では、雪国で太陽光パネルを使う際の雪対策や、設置のメリット・注意点をわかりやすく解説します。

発電ストップ!雪が引き起こす太陽光パネルの問題

雪が引き起こす太陽光パネルの発電トラブルについて、詳しく紹介します。

雪で発電量が少なくなる

太陽光パネルに雪が積もると、発電ができなくなる可能性があります。

なぜなら、雪が太陽光パネルをおおってしまうと、太陽の光がパネルにしっかり当たらなくなるからです。

雪が太陽光パネルに積もると、しばらくの間発電がストップし、寒冷地域では雪が解けるまで発電力が減少してしまう恐れがあります。

雪の重みで建物や設備が傷む

太陽光パネルは雪の重みで屋根に負担がかかります。

新雪は1立方メートルあたり約50~150kgで軽いですが、こしまり雪は密度が高く1立方メートルあたり150~250kgほどの重さです。

それに加えて、パネル自体が約15kgもあり、建物の耐震性も考えてしっかりと設置する必要があります。

落雪で危険が生じる

太陽光パネルの表面はガラスでできているため、雪が滑りやすくなり、それによって危険性が増します。

なめらかなガラス表面に雪が積もりにくく、積もった雪も滑りやすいため、雪が力強く一気に落下しやすくなり、通常よりも遠くに飛ぶ可能性が高まります。

パネルの雪が急に滑り落ちやすくなるので、周囲の安全性や設置場所に十分な注意が必要です。

雪の影響を逆手に!太陽光パネルがもたらす3つのメリット

積雪の地域で太陽光パネルがもたらすメリットを3つ紹介します。

発電量は予想以上に減少しない

積雪地域においても、太陽光パネルの発電量は驚くほど減少しません。

太陽光パネルは冷たい冬にも強く、発電量の減少が少ない特徴があります。

春や秋は損失率が12~15%、夏は16~20%、冬は8~10%ほどです。

(参照:年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)

太陽光パネルは暑いと性能が下がることがありますが、寒冷な積雪地域では、雪が降っていない冬も発電しやすい傾向があります。

台風の心配が少ない

太陽光パネルの主な故障原因は台風ですが、積雪地域では被害のリスクが低いです。

北海道の積雪地域では、気象庁のデータ」によれば、2020年~2022年までに約1回の頻度で台風が発生しています。

太陽光パネルが台風で壊れると、修理代がかさむことがありますが、積雪地域では弱まった台風が多く、安全に利用できます。

そのため、太陽光パネルの導入が積雪地域でも安心しておこなえる上に、安定した発電が期待できます。

暖房費の節約が期待できる

冬場の積雪地域では、暖房コストが高くなりがちですが、太陽光パネルがあれば節約対策が可能です。

太陽光パネルがあれば、太陽の光から電気を作り出せるため、冬場の高い暖房費用を節約できます。

また、冬季は室温の放熱を防ぎ、暖かさを保つことができます。

積雪地域でも冬季の日照時間で効果的に利用でき、経済的かつエコな暖房が実現できるでしょう。

雪が降る地域で気になる!太陽光発電の発電量はいくら?

北海道科学大学」の研究データによると北海道では、12月の太陽光発電量は最も少なく、40 kWhに達しません。

冬季は寒さや日照時間の減少により、太陽光パネルの発電量が大きく減少します。

年間平均では966 kWh発電しますが、季節ごとに変動があり、全天日射量が0.15 kWh/m2で日射が少ない傾向があります。

発電量が影響を受けつつも、太陽光発電は一定の発電を保っているため、積雪地域でも有効に利用できます。

太陽光発電の冬支度:雪に負けない7つの対策

冬の太陽光発電に備え、雪に備える7つの対策方法を紹介します。

パネル取り付けるときは軒先を空ける

太陽光パネルを屋根の軒先側に空けて設置すると、雪が積もった際に雪止めが効果的に機能します。

軒先側に空けることで、雪が滑り落ちるのを防ぎ、屋根に残った雪が太陽光パネルを覆うリスクが減ります。

これにより、太陽光パネルが効率的に発電でき、雪による影響を最小限に抑えることができます。

落雪防止装置をつける

太陽光パネルが原因の落雪事故のリスクを軽減するためには、軒先に落雪防止設備を設置することが効果的です。

太陽光パネルの上に積もった雪が解けたり、重みで滑り落ちたりする事故を軽減できます。

風で雪がたくさん積もると、その雪が落雪防止装置の効果を損ねる可能性もあります。

雪がたまらないように、パネルを適切な高さと角度で設置することが重要です。

パネルの傾きを変える

太陽光パネルを傾けると、雪が積もる前に自然に落ちるようになります。

積雪地域でも、太陽光パネルを最低15度の角度に傾けると、積もった雪を効果的に防ぐことができます。

発電効率を確保するためには、理想的な角度は30度以上ですが、積雪の予防や発電量のキープを選択する必要があります。

架台を丈夫にして雪に負けないようにする

太陽光パネルは雪の影響を受けにくくするために、支持台を高くして50度から60度の傾斜で取り付けるのがおすすめです。

これにより、雪が滑りやすくなるので、積もった雪も簡単に取り除けます。

パネルを90度の角度で設置すると、雪の反射光によって発電量が増えるかもしれませんが、高い架台は除雪や運用のコストが上がるため、注意が必要です。

雪を溶かす太陽光パネルを設置する

雪の多い地域では、雪を解かす太陽光パネルを使う方法があります。

雪を溶かす「融雪機能付きパネル」は、電気で雪を溶かし、数分でスムーズに雪かきができます。

さらに、既存の太陽光パネルにも簡単に雪対策を追加できます。

雪を溶かす太陽光パネルを使うと、積雪の問題が少なくなり、安定したエネルギー供給ができるでしょう。

地面に置くなら高い架台を選ぶ

太陽光パネルを地面に設置する場合、高い架台を使うことが大切です。

なぜなら、十分な高さがないと、雪に埋もれて太陽光パネルが損傷する可能性があるからです。

また、架台の傾斜を40度に設定することで、雪が自然に滑り落ち、除雪作業が不要になります。

架台の高さを決める際には、地域ごとの気象条件を考えて、最適な設置角度を検討しましょう。

保険に加入して安心

雪による損傷から太陽光パネルを守るためには、保険に入ることが大切です。

保険料は発生しますが、高額な修理費用を支払うリスクを抑えることができます。

積雪地域では、火災保険や動産保険などの追加補償を検討し、修理費用のリスクに備えましょう。

施工会社は注意して選ぶ

雪の多い地域で太陽光発電を導入する際は、雪に慣れた施工会社を選ぶことが重要です。

雪国の状況を理解した専門家に依頼すれば、雪のトラブルを減らすことができます。

経験豊富な業者は雪の影響を軽減する工夫や対策を知っており、信頼性の高い太陽光発電システムを提供できるでしょう。

雪国のための賢い選択!太陽光発電施工会社選びの3つの秘訣

雪国で太陽光発電施工会社を選ぶ際の3つの重要なポイントを紹介します。

  • 実績を確認しよう
  • 慎重で確実な施工が大切
  • 正確なシミュレーションが大事

雪国では積雪や厳しい寒冷に対応できる施工実績が重要です。

太陽光発電を設置する際には、発電効率や配置を評価する正確なシミュレーションが欠かせません。

これらの要点を踏まえて、太陽光発電の施工会社を選ぶようにしましょう。

雪国の冬でも安心!頼りになる融雪機能太陽光パネルがおすすめ

今回は、積雪地域で太陽光発電を導入するメリットや雪対策について紹介しました。

積雪地域では台風被害が少なく、太陽光パネルの安定した発電が期待できます。

同様に、雪の多い地域でも、雪を防ぐ装置や溶かす太陽光パネルがあるため、設置も安心です。

雪国でも日照時間は十分ですが、積雪の影響に備えて、経験豊富な業者に設置を依頼しましょう。

▼【無料】蓄電池の選び方でお悩みの方はこちら
売電が終了する方必見!蓄電池の選び方とは?
 
▼【無料】太陽光発電の選び方でお悩みの方はこちら
電気代を節約したい方必見!太陽光発電の選び方とは?
 
▼【無料】お問い合わせ・お見積もり依頼はこちら
業界最安級の蓄電池・太陽光の見積もりはこちら
 
リノベステーションでは、手続きが面倒な補助金申請も一部代行しております。
 
▼お取扱い商品はこちら

蓄電池
太陽光発電
パワーコンディショナ
エコキュート
IH
外壁塗装
ポータブル電源

 

この記事の監修者

『お客様に寄り添うこと』をモットーに日々の業務に取り組んでおります。
太陽光発電の活用方法や蓄電池の導入などのご相談は年間2000件以上頂いており、真摯に問題解決に取り組んできました。
光熱費削減に関するお悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

光熱費削減コンサルタント

中田 萌
蓄電池やリフォームに関する
ご相談やお見積もりは
完全無料です!
電話ですぐにご相談!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
WEBからお気軽にご相談!