蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

シャープ製蓄電池の特徴や強みは?おすすめ 3商品の特徴も紹介!

蓄電池 2021年08月26日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

シャープは、日本が誇る大企業の一つ。日本人であれば誰もが知っているであろうシャープは、蓄電池市場にも参入しています。

この記事では、シャープ製蓄電池の特徴や強み、シャープ製蓄電池でおすすめ3商品の特徴を紹介します。シャープ製蓄電池の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

シャープ製蓄電池!特徴と強み3選!

まずは、シャープ製蓄電池すべてに関する特徴と強みを3つ紹介します。さすが日本を誇る大企業!というだけのことはありますよ。ぜひしっかり目を通してみてくださいね。

希望する蓄電容量の中から蓄電池を選択可能

シャープ製蓄電池は、希望する蓄電容量の中から蓄電池を選択可能です。

蓄電池の選択肢は、以下の3通り。

  • コンパクトタイプ(4.2kWh)
  • ミドルタイプ(6.5kWh)
  • 大容量タイプ(9.5kWh/8.4kWh)

シャープ製の蓄電池を購入したいけれど蓄電容量はどうしよう…と悩んだ場合も、結果が出しやすいですよね。

  • 少人数家族や住宅が普通程度の大きさの場合は「コンパクトタイプ」
  • コンパクトでは心もとないけれど大容量では大きすぎる場合は「ミドルタイプ」
  • 大家族や住宅が大きい場合、停電を気にする生活を送りたくない場合は「大容量タイプ」

それぞれのタイプの中に蓄電池が2~3種類存在しているので、違いをしっかり確認し、納得のいく蓄電池選びをしていきましょう。

屋内設置型蓄電池の種類が豊富

シャープ製蓄電池は、屋内設置型蓄電池の種類が豊富という特徴があります。

一般的に、屋内設置型の蓄電池は、蓄電容量が少なく蓄電池自体の質量が軽いものに限定されています。そうでないと、床が蓄電池の重量に耐えられないからです。

しかし、蓄電池を屋外に設置しようとすると、さまざまな条件をクリアする必要があるのです。さまざまな条件とは、主に以下のようなもの。

  • 塩害地域や重塩害地域ではないこと
  • 酷寒地域ではないこと
  • 直射日光が当たらない場所
  • 風当りが良い場所
  • 火災の危険性がない場所

蓄電池を購入したいと思っても、上記の条件をクリアできないことで、蓄電池の購入を諦めざるを得ない家庭もあるのではないでしょうか。

しかし、シャープ製蓄電池であれば、「屋外に設置できないから蓄電池の購入自体を諦めないと」と思う必要はありません。

シャープが販売している蓄電池は、すべて屋内設置が可能だからです。 蓄電池を屋内設置できれば、天災による機器の故障も免れることができます。

昨今、台風や線状降水帯による水害が多く発生しているので、安心できますよね。

日本を代表する大企業だから安心

シャープ製蓄電池は、日本を代表する大企業が製造および販売しているものなので安心という、最大の特徴があります。

国内で販売している蓄電池の中には、海外メーカーのものもあります。

もちろん、海外メーカーのものが悪いわけではないのですが、国産のものと比較すると安心感が劣ると考える人も多いのではないでしょうか。

シャープは紛れもなく日本の企業で、しかも大企業。したがって、たとえば蓄電池が故障した、欠陥品だったという場合も、即座に対応してくれるという大きなメリットがあります。

シャープ製蓄電池のおすすめ3商品!特徴と強みは?

ここからは、シャープ製蓄電池でおすすめの3商品を紹介します。

今回紹介するシャープ製蓄電池は、以下の3商品です。

  • JH-WB1621
  • JH-WB1711
  • JH-WB1622

それぞれ順番に見ていきましょう。

JH-WB1621の特徴と強みは?

まず初めに、コンパクトサイズのJH-WB1621の特徴と強みを紹介します。

コンパクトサイズなので設置場所に困らない

JH-WB1621はコンパクトサイズなので、設置場所に困らないという特徴があります。

JH-WB1621は蓄電容量4.2kWhなので、そもそもの体積もそこまで大きくは有りません。とはいえ、他社の蓄電容量4.2kWh前後の蓄電池と比較すると、体積比でおよそ34%もダウンさせることに成功した商品です。数字だけを見ても、コンパクトなことが分かりますよね。

昨今、主に都心部での狭小住宅が多くなっているので、コンパクトで設置場所に困らない蓄電池は重宝するといえるでしょう。

屋内設置も可能!屋外でも簡易基礎で◎

JH-WB1621は屋内設置が可能で、屋外に設置する場合においても簡易基礎でOKという特徴があります。

屋外設置型の蓄電池は、設置するのにコンクリ基礎を作る必要があります。コンクリ基礎を作るとなると、工期はだいたい2~3日。要は、蓄電池を購入してもすぐに使えはしないのです。もどかしい気持ちになりますよね。

しかし、簡易基礎で良いJH-WB1621の場合、設置に伴う工事期間は約半日。しかも、蓄電池の設置に伴う工事費用も、コンクリ基礎を作る場合に比べて安くなる可能性が高いです。嬉しい特徴といえるでしょう。

単体でも太陽光発電とセットでも使用可能

JH-WB1621は、蓄電池単体でも太陽光発電とセットでも、どちらの方法でも使用可能です。したがって、太陽光発電まで取り付けるとなると初期投資がかかり過ぎ…と懸念してしまう家庭でも安心。

蓄電池単体であれば、夜間の割安電力を上手く利用して、電気代を効率的に下げることが可能です。太陽光発電とセットで導入すれば、電気代の節約だけではなく、太陽光発電で得た電力を売電することで、収入アップを狙うことも可能です。

それでいて、停電時のリスクも軽減できるのですから、嬉しいメリットですよね。

JH-WB1621の基本情報

最後に、JH-WB1621の基本情報を紹介します。 

型番

JH-WB1621

蓄電容量

4.2kWh

大きさ(本体)

W500×H605×D360mm

質量

77kg

電池種類

リン酸鉄リチウムイオン蓄電池

設置場所

屋外・屋内兼用型

動作温度

0℃~40℃

 

JH-WB1711の特徴と強みは?

続いて、JH-WB1711の特徴と強みを紹介します。

屋内専用の蓄電池だから本体がスリム

JH-WB1711は、屋内専用の蓄電池なので本体がスリムという特徴があります。

JH-WB1711は蓄電容量6.5kWhなので、先ほど紹介したJH-WB1621と比べると蓄電池本体に大きさが必要です。しかし、屋内専用型蓄電池なので、本体が非常にスリム。同じ容量6.5kWhの蓄電池と比べると、体積は約46%OFF、質量は約37%OFFと小型化&軽量化に成功している商品です。

したがって、階段下やクローゼットの中など、家庭内にちょっとした空きスペースさえあれば設置は十分に可能。屋内に設置すれば、蓄電池の天災や盗難被害などといった被害に遭う確率は無くなりますし、コンパクトなので設置場所にも困らない。とても良い商品ですよね。

売電できない電力は蓄電池に自動充電

JH-WB1711は、売電できない電力は蓄電池に自動充電してくれる特徴があります。

売電は、こちらの都合でいつでも可能というわけではありません。周辺施設などの電力使用量により、売電したくても売電できない可能性も十分に考えられます。

この場合、太陽光発電で発電した電力が無駄になる恐れがありますよね。

しかし、蓄電池JH-WB1711さえあれば、無駄を排除することが可能です。

機械が自動的に、「今は売電できないから蓄電池に充電しよう」と察知して行動に移してくれるからです。せっかく作られた電力が無駄にならないのは、嬉しいですよね。

電力の「使う」と「溜める」を同時にできる

JH-WB1711は、電力の「使う」と「溜める」を同時進行できるという特徴があります。

この特徴は、平常時は特にメリットと感じる部分ではないかもしれません。ただ、停電時には大きなメリットになり得ます。

というのも、停電時はいかに蓄電池の容量を減らさないかが大きなポイントとなってくるからです。蓄電池の容量がなくなってしまえば、翌朝太陽が上って太陽光発電が稼働するのを待つ他ないですもんね。

たとえば、日中に太陽光発電で3.5kWの発電をしたとしましょう。

停電時に使いたい家電を全部使ったとして1.5kW。残りの2.0kWは、自動的に蓄電池に溜めていくのです。そうすることで、蓄電池に溜めてある電力をいくら使ったところで、蓄電池の容量は0にはなりません。

蓄電池に残量があれば、夜間や悪天候続きの際も少しは安心できます。JH-WB1711であれば、その安心を買うことが可能です。

JH-WB1711の基本情報

最後に、JH-WB1711の基本情報を紹介します。

型番

JH-WB1711

蓄電容量

6.5kWh

大きさ(本体)

W520×H500×D263mm

質量

69kg

電池種類

リチウムイオン蓄電池

設置場所

屋内専用型

動作温度

-10℃~40℃

 

JH-WB1622の特徴と強みは?

続いて、JH-WB1622の特徴と強みを紹介します。

蓄電容量8.4kWhと大容量

JH-WB1622の最大の強みは、蓄電容量が8.4kWhと大容量ということです。

蓄電容量が大きいということは、停電時にもより安心した生活を送れるということ。

大家族や住宅が広い家庭など、電力を多く使う家庭でも、蓄電池の容量が大きいので安心です。

大容量なのに屋内設置もOK

JH-WB1622は、蓄電容量が8.4kWhと大容量なのに、屋内設置が可能という特徴があります。

蓄電容量8.4kWhともなれば、屋外設置が一般的。蓄電容量があるだけ、蓄電池自体の大きさも必要ですし、それに伴って質量も増えるからです。

しかし、蓄電池を屋外に設置するとなると、既述の通りさまざまな条件をクリアしなくてはなりません。盗難や天災の被害に遭う確率も上がり、気が気ではないですよね。

シャープのJH-WB1622であれば、大容量なのに屋内設置が可能という特徴があるので、盗難被害や天災被害の心配は必要ありません。とはいえ、質量が135kgあるので、屋内置きになる場合はそれなりに強度のある床が必要となるでしょう。

電力の「使う」と「溜める」を同時にできる

JH-WB1622も先ほどのJH-WB1711同様、電力の「使う」と「溜める」を同時進行可能です。したがって、停電時でも安心した生活を送ることが可能になります。

JH-WB1622 はJH-WB1711よりも、蓄電容量が多いです。したがって、より無駄を省くことが可能ですし、余剰電力をより多く蓄えておくことも可能。停電時のことを思えば、蓄電容量が大きいのは最大の武器になります。

設置場所や購入費用を見てGOサインが出せるのであれば、蓄電容量の大きいJH-WB1622の購入をおすすめします。

JH-WB1622の基本情報

最後に、JH-WB1622の基本情報を紹介します。

型番

JH-WB1622

蓄電容量

8.4kWh

大きさ(本体)

W700×H605×D360mm

質量

135kg

電池種類

リチウムイオン蓄電池

設置場所

屋外・屋内兼用型

動作温度

0℃~40℃

安全安心なシャープ製蓄電池!屋内設置型が種類豊富で選びやすい!

シャープ製蓄電池の特徴や強みを紹介しました。

シャープは、日本を誇る大企業!だからこそ、安心して蓄電池を使えそうですよね。

希望する蓄電容量の中から、蓄電池を選定できるのもポイント。

屋内設置型の蓄電池も多いので、事情により屋外設置ができない家庭や天災や盗難が心配な方も安心です。ぜひ、シャープ製蓄電池をじっくり検討してみてくださいね。

 

リノベステーションではシャープを始めとした蓄電池を多数メーカー取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事