蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【エコ思考の企業・法人必見!】産業用蓄電池を徹底解説

蓄電池 2021年08月16日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

最初に産業用蓄電池の普及が広まったのは、東日本大震災がきっかけです。長い間、停電になった地域があり、病院や企業で電源が使えない事態になりました。

 

病院では電気がないと怪我人の手当てが捗らなかったり、企業ではバックアップ電源が無くなってしまったりと被害が出ました。

 

このことから、非常用電源の重要さを気付かされたのです。

 

近年では更に、補助金やSDGsの認識の広がりで、多くの企業が産業用蓄電池を導入するようになりました。

産業用蓄電池を取り入れるだけでも、企業が環境問題に取り組んでいることをアピールすることもできてしまいます。

 

では産業用蓄電池はどんな特徴があり、どんな用途で企業が導入しているのか解説していきましょう!

 

【企業・法人は取り入れるべき!】産業用蓄電池の特徴

 

電気を蓄えておく装置

 

蓄電池とは簡単にいうと、電気を蓄えておく装置です。

 

昼間や早朝の安い電気を貯めておき、夕方から夜にかけてその貯めておいた電気を使用すると、電気代を抑えることができます。

 

さらに、太陽光発電と一緒にすると日中に太陽光で貯めた電気を利用することができ、電気の自給自足が実現されます。

 

特に産業用蓄電池容量が大きいので、大量の電気が消費される工場や大型施設で設置されることが多いです。

 

また、蓄電池は電気を貯めておくことができる性質から、停電が発生した時の非常用電源になります。容量もかなりあるため、産業用蓄電池がある企業は万が一災害で停電になっても安心ですね。

 

電気代の削減

 

太陽光発電も一緒に導入することで、電気代を削減することができます

 

太陽光発電は日光が無い時や夜間は発電することができません。

しかし、蓄電池と連携することで、昼間に発電した電気の余った分を蓄電池に貯めておき、発電できない時間に利用できます。

 

エネルギーを効率的に利用することで電気代の削減になり、さらに、環境にも配慮したエコな企業を実現することができるのです。

 

太陽光発電を大量に導入してしまえば、企業で電力の自給自足をすることも可能になります!

 

停電時のバックアップ電源

企業が最も重要と考えているのは、万が一の災害で停電した場合のバックアップ電源ということです。

 

産業用蓄電池は停電時でも容量によっては1週間程度の非常用電源を確保することができるものもあります。

 

大型台風の上陸や南海トラフ地震などの超大型地震が来るかもしれないと予測されていることから、災害時に備えておくことは従業員やお客様の安全を守ることに繋がるのです。

 

太陽光発電と蓄電池を備えている企業では、災害時には避難場所の拠点としても活躍します。

広い敷地を持っている企業では、災害時にそのような活用方法が今後増えていくかもしれません。

 

【補助金制度!】産業用蓄電池と太陽光発電

 

環境省はビルのエネルギー負担をゼロにする活動を推奨しています。

 

この時代へ移行するには、産業用蓄電池と太陽光発電が必須となってくるのです。

 

ではいったい、ゼロエネルギーとはどういうことなのでしょうか?解説していきましょう!

 

日本政府推奨の「ZEB」について

 

‘’ZEBとは「Net Zero Energy Building」の略称で、快適な室内環境を実現しながら、建物で消費するエネルギーをゼロにすることを目指した建物のことです。’’(環境省のZEB PORTAL 引用)

 

簡単にいうと、ビル自体でエネルギーを生産して、ビルのエネルギー消費量とエネルギーの生産量をプラスマイナスゼロにしましょうね。ということです。

 

ZEBの建物と認定されるのは、かなり厳しい審査が必要になりますが、認定されると国からかなりの補助金がでます。

 

新しくビルを建てようと計画している企業や、改築しようと考えている企業は、是非検討してみてはいかがでしょうか?

 

産業用蓄電池と太陽光発電を導入する費用も安く取り入れられるかもしれません。

 

【どんな事例があるの?】産業用蓄電池の活用事例

 

では実際に産業用蓄電池はどのように活用されているのでしょうか?実際の企業を例に挙げて解説していきます。

 

某信用金庫で導入

 

計画停電の際には、発電機を持ち込んで営業していましたが、電源のつなぎ込みなどに時間がかかり、スムーズに営業をできませんでした。この経験から、お客様に停電の際でも安心して店舗を利用していただくことを念頭に置き、蓄電池と太陽光発電の導入をスタートしました。

 

・屋上を災害時の避難場所にする

 

・停電が起きても、一部のシステムを営業可能な状態にする

 

この2つを実現するため、太陽光発電と蓄電池を組み合わせ、屋上にシステムを設置しました。

 

停電時の利用の他、日中に発電した電気を夜間に利用できるので、電気代のコストカットもできます。

 

最も蓄電池のシステムを導入して嬉しかったことは、非常時に明かりを確保し、お客様に安心を与えらたことです。

 

某介護施設での導入

 

停電が発生すると、給水装置・エレベーター・厨房機器・空調・照明など生活に関わるほとんどのものが使用できなくなってしまいます。

 

高齢者のたくさんいる介護施設では、そのような状態になってしまうと、命に関わる事態になってしまいます。

 

・停電時の入居者への食事提供

 

・加圧給水ポンプをバックアップ

 

・避難場所への移動用途としてのエレベーター

 

この3つの目的のもと、蓄電池と太陽光発電の導入をしました。

 

非常用自家発電設備整備の目的を満たす、蓄電池システムと再生エネルギー設備の導入対象と認められ、3/4の補助金対象になり、費用をかなり抑えることができ、入居者の安心・安全を守ることができました。

 

多摩都市モノレール株式会社での導入

 

電車ではブレーキなどで発生する、運動エネルギーや電気エネルギーを回収して電気として再利用する回生装置が導入されています。

 

多摩都市モノレール株式会社では、今までの回生電力吸収装置の置き換えを目的として、回生電力を有効に活用できる電力貯蔵装置の導入を検討していました。

 

また、モノレールは高架上を運行するので、災害によって停電した際は高所作業車などを利用してお客様を救出していましたが、もっと安全な方法は無いかと検討した結果。

 

・非常時にもモノレールを運行できるようにする

 

という目的で、回生電気の吸収用の蓄電池と、非常走行用の蓄電池の2種類を組み合わせてました。

そうすることで、非常時にもモノレールを運行することが実現し停電してもお客様を駅まで届けることに成功しました。

 

さらに、回生電力を従来の回生電力吸収装置に比べて稼働率が30%アップし、有効的に電気を利用できます。

 

産業用蓄電池でエコで賢い電気の利用をしよう!

 

今回の記事では、工場や大型施設など、大量の電力を消費する施設で利用できる産業用蓄電池についてご紹介しました。

 

日本は大規模な台風や地震などの震災が多いことで有名です。日本のどの地域に住んでいても大規模な震災が起こる可能性があり、長期間の停電が発生する場合があります。

 

あなたの企業に産業用蓄電池を導入することで、従業員はもちろんのこと、お客様にも安心して過ごしていただけます。

さらに、震災の時には避難所として多くの人を助けられる施設になりうるのです。

 

近年のエコ思考の広がりにより、国からは様々な種類の補助制度ができてきていますので、産業用蓄電池の費用が高くても、補助の対象になれば少なくても1/3の補助金がもらえるかもしれません

 

太陽光発電と組み合わせることで、エネルギーの自給自足も叶えられ、電気代のコスト削減にも繋がります。

 

是非、この機会に産業用蓄電池の導入を検討してみてはいかがでしょうか?

 

リノベステーションでは家庭用蓄電池の他、産業用蓄電池を取り扱っております。

また、手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

 

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事