蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【蓄電池を安く買おう!】補助金制度を勧めているsiiに迫る。

蓄電池 2021年08月27日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

「siiが勧めているDER事業ってなに?」

 

この記事はそんな方へ執筆しています。

 

昨今、世界で環境問題が注目されています。

中でも、温室効果ガスの増大による地球温暖化が年々深刻になっています。

地球温暖化が進むと、農作物の収穫量が減ったり、北極や南極の氷が溶けて、陸地が減り、私たち人間が住みにくい環境が出来上がります。

 

温室効果ガスを低減するにはCO2の発生とCO2を発する火力発電の使用を抑えることが必須です。

 

そこで、活躍するのが蓄電池や太陽光発電といった再生可能エネルギーを使った発電と蓄電のシステムです。

 

火力発電で得る電力のうち、いくつかを太陽光発電で補うことでCO2の量を削減することができ、蓄電池を同時に使用することで余剰電力を蓄電することも可能です。

 

とはいえ、装置の値段が高く、簡単に買うことができません。

そこで、siiは太陽光発電や蓄電池を取り付ける際に、設置費用の一部を補助金としているDER補助金という制度があります。

 

この記事では、DERのことを発信します。

この記事を読むことでDERについてより知れますので、DERについて知りたい方はぜひ最後まで読んでください。

 

みなさまがDERについて理解していただけたら嬉しいです。

 

【siiとは?】蓄電池の補助金制度について徹底解剖!

 

siiとは一般社会法人 環境共創イニシアチブのことで、環境やエネルギー分野において社会に必要な技術の進化を促進させ、会議の中での国民の考えを活用してプロジェクトを創ることを目的としている団体です。

 

siiは分散型エネルギーリソース(Distributed Energy Resources)のDERを勧めています。

 

DERとは電力を管理・運用する仕組みです。

 

主に、

 

  • 太陽光発電
  • 蓄電池
  • 電気自動車

 

を持っている工場や家庭が対象となります。

 

このDERを勧める活動をDER事業と言います。

 

DERが推奨している太陽光発電の弱点は季節や昼夜に左右されることです。

 

昼間に太陽光発電で発電した電力が、昼間に消費する電力よりも大きく上回ると、余剰電力の行き場がなくなり、処分されてしまいます。

これでは、せっかく発電した電力が無駄となり勿体ないです。

 

DERはこのように太陽光発電で発電した電力を台無しにせず、創エネを目的としている団体なので、家庭用の蓄電池と太陽光発電の普及を勧めています。

【絶対に電力を無駄にしない】siiの蓄電池を普及させるDER活動

 

DER活動の中にDER補助金制度があります。

 

みんなで蓄電池を安く買おう!DER補助金を使って。

 

DER補助金とは、蓄電池もしくは太陽光発電を買う事業者や個人に対して、費用の一部を補助金として補う制度になっています。

 

DER補助金額は高いため、高額な蓄電池も手の届く範囲の値段まで下がり、購入しやすくなります。

 

DER補助金の対象機器

 

DER補助金の対象機器は蓄電池とHEMS機器の2つがあります。

 

HEMS機器は、電力使用量の見える化、節電のための制御を実施する機器で、家庭内のエネルギー管理をしてくれます。

 

将来的に、スマートハウスを目指すなら、HEMS機器は必要です。

 

また、DER実証にはHEMS機器が必須です。

 

これより、DER補助金を利用して蓄電池を買う際は、HEMS機器も購入しなければなりません。

DER補助金の今後の日程

 

DER補助金の今後の日程について説明します。

 

  • 申請開始:2021年6月上旬
  • 連携期限:2021年12月24日まで
  • DER実証期間:2022年1月予定(およそ1週間)
  • 報告期限:2022年2月10日

 

ポイントは、2021年12月24日までに連携を済ませることです。

連携とは家庭に蓄電池を置いて、蓄電ができる状態のことをいいます。

 

蓄電池は購入するタイミングや機種にもよりますが、購入を契約してから設置するまで1ヶ月半も時間を要します。

 

2021年12月24日までに連携を済ませないとなると、最悪でも11月には契約を完了しなければなりません。

 

仮に、連携期限を過ぎてしまった場合は補助金を貰えません。

買うことを悩んでいたら「12月になっちゃった!」となると非常に勿体ないです。

 

DER補助金を使って蓄電池の購入を考えている方は契約を必ず11月までに済ませてください。

急げ!DER補助金には【予算】がある。

 

DER補助金の予算は少ないです。

 

予算額は年々下がっており、DER補助金の予算額は45億2000万円です。

45億2000万円と聞いて、

 

「え?全然予算額多いじゃん!」

 

って思いませんでしたか?

 

たしかに多く聞こえます。

 

しかし、蓄電池+HEMS機器の最大補助金額は66万8000円です。

予算額を最大補助金額で割ると6800、つまり補助金を受け取れる人数は約6800人ということです。

 

6800人と聞いて皆さんはどう感じますか。

私はかなり少ない人数と感じました。

 

DER補助金の予算額の追加は今のところ予定していないので、予算が尽きる前に6800人の中の1人になってください。

 

絶対に見て!蓄電池を買う時にsiiのDER補助金をもらうには

 

次にsiiのDER補助金をもらうには以下のことを理解しなければなりません。

DER実証に協力

 

DER補助金をもらうためには、DER実証に協力しなければなりません。

 

DER実証の目的は太陽光発電で発電したものの、消費できずに余ってしまった電力を上手く利用できないかを試すことです。

 

購入者の中には今まで太陽光発電と蓄電池を扱ったことがないので、操作や運用が難しく、手こずる方がいると思います。

 

そこで、ある一定の期間だけsii側が蓄電池の放電と充電をメンテナンスし、余剰電力に無駄がないように操作することで、最適なプランを再構築します。

 

DER実証は2022年1月から約1週間かけて実施されます。

 

2022年だけではなく、2023,2024年も予定しており、DER補助金をもらった方はいずれの年もDER事業に参加しなければなりません。

 

しかも、DER補助金をもらった方は、このDER実証を拒否することはできません。

 

高額な補助金と少々面倒なDER実証を天秤にかけた時、私は補助金を取ります。

 

皆さんはどうでしょうか。

DER実証のデメリット

 

DER実証のデメリットは、DER実証期間中の電気代が上がるかもしれないことです。

 

DER実証期間中は各住まいに合った充放電の最適な電力コントロールプランをsiiが変更します。

期間中はHEMS機器を24時間の間インターネットに接続しなければならなく、持ち主が勝手に蓄電池のプランを変更することは禁止されています。

 

これより、最適なプランではなくなるので、期間中は電気代が上がるかもしれません。

 

でも、ご安心ください。

電気代を上がったことを見過ごさないのが流石のsiiです。

 

このDER実証期間中の電気代が増えるかもしれないので、DER補助金は高い値段で設定されています。

 

電気代が上がっても補助金で補えば問題ないでしょう。

 

DER補助金対象の蓄電池がある

 

DER補助金対象の蓄電池は長州産業のみです。

下にDER補助金対象の長州産業の蓄電池を記載します。

 

・スマート e-ストレージ 6.5kWh

・スマート e-ストレージ 9.8kWh

・スマート PV 6.5kWh

・スマート PVプラス 7.04kWh

・スマート PVマルチ 9.8kWh

・スマート PVマルチ 16.4kWh

 

以上の6つとなっています。

この6つ以外の蓄電池はDER補助金対象外なので注意してください。

【まとめ】急げ!siiのDER補助金を使って蓄電池を安く買おう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

DERについて理解できましたでしょうか。

 

蓄電池を安く買うためにDER補助金を受け取りましょう。

 

しかし、DER補助金を受け取る際には少々面倒な手続きや決まりが多いです。

 

それを乗り越えることができれば、蓄電池を安く買えます。

 

私ならDER事業を快諾して、蓄電池を安く買いますね。

 

皆さんもsiiのDER補助金制度を使用して、蓄電池を安く買いましょう。

 

リノベステーションではニチコンやファーウェイを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事