蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

長州産業蓄電池の評判は?タイプ別の特徴や価格相場を紹介

蓄電池 2021年09月30日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

蓄電池のメーカーはどこがいいんだろうとお悩みの方は長州産業を検討するのがおすすめです。

長州産業の蓄電池は4つの蓄電システムが用意されているため、さまざまな機能を選ぶことが可能です。

この記事では、長州産業の蓄電池の評判やタイプ別の紹介、価格相場まで解説します。

・長州産業の蓄電池の評判を3つ紹介

長州産業の蓄電池を実際に設置した方の意見を以下にまとめてみました。

・蓄電池ユニットがコンパクトだった

・毎月の電気代が数千円で抑えられた

・保証期間が長い

具体的な内容について以下に紹介していきます。

蓄電池ユニットがコンパクトだった

屋内用の蓄電池を設置したけど、思っていたよりも蓄電池ユニットがコンパクトで驚きました。また、操作も簡単でした。

蓄電池のサイズが想像以上に小さくて驚くお客様が多いようです。

また、屋内用は特に小さいため、設置スペースが少なく安心したと評判です。

毎月の電気代が数千円で抑えられた

スマートPVプラスを設置してから、毎月の電気代を数千円で抑えられるようになりました。一番大きいのは台風による停電時の心配が少なくなったことです。本当に設置して良かったなと感じています。

(長州産業Smart PVプラス7.04kWh設置)

スマートPVプラスは充放電を細かく設定できます。

充放電を細かく設定できるため、電気代の節約に効果が期待できるのです。

たとえば、電気代が安くなる時間帯に充電を設定することで、安く充電することができます。

これを長期的に行うことでかなりの節約となるでしょう。

保証期間の長さが決め手

長州産業の蓄電池は、他のメーカーに比べて保証期間が長いというのが設置の決め手でした。

容量も6.5kwhと丁度良かったです。

(長州産業 6.5kwh 単機能設置)

一般的にメーカーの蓄電池の保証期間は10年程度ですが、長州産業の蓄電池は15年保証が標準付帯です。そのため、5年も長い期間トラブルに対応してくれます。蓄電池は長く使うものなので安心して購入できます。

長州産業蓄電池のタイプ別特徴

長州産業の蓄電池は、以下の4つの蓄電システムをラインナップしています。

・Smart e STORAGE「スマートe-ストレージ」

・Smart PV「スマートPV」

・Smart PV plus「スマートPVプラス」

・Smart PV multi「スマートPVマルチ」

以下にそれぞれ解説します。

1. Smart e STORAGE「スマートe-ストレージ」

スマートe-ストレージは単機能型の蓄電池です。

単機能型の蓄電池になるので、単体で使用することやすでに設置している太陽光発電との連携もできます。

ただし、設置する場合は太陽光発電とは別にパワーコンディショナ―の設置が必要となるでしょう。

また、スマートe-ストレージの蓄電池容量は6.5kWhの屋内タイプと9.8kWhの屋外タイプがあります。

6.5kWhの屋内タイプは、屋内で設置していることを想定した作りとなっているため、家庭用に向いている蓄電池です。

重さも52kg程度になるため、あまりスペースをとらずに設置できるでしょう。

2. Smart PV「スマートPV」

スマートPVはハイブリッド型の蓄電池です。

スマートe-ストレージを設置する場合に蓄電池用のパワーコンディショナ―が必要となっていましたが、スマートPVは必要ありません。

ハイブリット型なので、パワーコンディショナ―は一台で済むでしょう。

ただし、スマートPVはDC/DCコンバータが必要になります。

DC/DCコンバータとは電圧を調整する機器で、一般的にハイブリット型の蓄電池に内蔵されています。

ですがスマートPVには内蔵されていないため、別途設置費用がかかってしまうでしょう。

ちなみにスマートPVは、特定負荷型ですが3回路まで使用可能です。

特定負荷型は停電時に使える回路を制限するのですが、スマートe-ストレージの場合に2回路のみです。

しかし、スマートPVは3回路まで使えるので使える電気の数が多くなります。

一方で、蓄電容量は6.5kWhのみとそこまで多くはありません。

しかし、ハイブリット型はパワーコンディショナ―が一台で済むので電気ロスが少ないです。

充電効率が良くなるため停電時でも安心して電気を利用できます。

3. Smart PV plus「スマートPVプラス」

スマートPVプラスはスマートPVよりもさらにパワーアップした機能を揃えています。

スマートPVプラスは全負荷型です。

特定負荷型のように回路を限定されないため、停電時でも家中に電気が使用できます。

さらにスマートPVプラスは200V電源も対応可能です。

一般的な蓄電池は100Vしか対応できなかったため、大きな家電製品を使用できませんでした。

しかし、マートPVプラスではエアコンやオーブンレンジなどよりパワーが必要となる電化製品も問題なく使用できるでしょう。

また、最大出力5.65kVAまで可能です。最大出力についても一般的な蓄電池に比べてかなりの高出力になるため、さまざまな家電製品を長時間同時に使用することができます。

一方で蓄電池容量も7.04kWhと14.08kWhの大容量が用意されています。

また、7.04kWhで物足りなさを感じる場合に後々増設することも可能です。

スマートe-ストレージやスマートPVと比べるともっとも性能がよいでしょう。

4. Smart PV multi「スマートPVマルチ」

最後のスマートPVマルチは、お客様のニーズに合わせてシステムの選択肢が用意されているのが特徴です。

以下の2タイプの選択肢が用意されています。

・全負荷タイプか特定負荷タイプ

・ハイブリッドタイプか単機能型タイプ

また、スマートPVマルチの蓄電容量 は9.8kWhと16.4kWhの2つです。

スマートPVプラスに比べてさらに大容量となっています。

ちなみに16.4kWhの場合は最大充放電電力5.9kwと高いので発電電力を自家消費と充電の両方をまかなえるでしょう。

しかもスマートPVマルチはこれだけの性能でありながら最小クラスの蓄電ユニットです。

9.8kWhの蓄電池のサイズは横490mm×高さ741mm×奥行295mm程度です。

また、16.4kWhに関しても横490mm×高さ1,010mm×奥行295mmしかありません。

都市部で狭小地でも問題なく設置ができるでしょう。

長州産業蓄電池の価格相場

長州産業蓄電池の価格相場を調べたところ、販売業者の都合上実際に販売する価格は見積もりをとる以外に知るのは難しい状況です。

そこで参考にスマートe-ストレージ、スマートPV、スマートPVプラス、スマートPVマルチのそれぞれのメーカー希望価格を以下にまとめました。

タイプ別価格相場

タイプ

蓄電量

メーカー希望価格

スマートe-ストレージ

6.5kWh

2,445,000円

スマートe-ストレージ

9.8kWh

2,970,000円

スマートPV

6.5kWh

2,550,000円

スマートPVプラス

7.04kWh

2,820,000円

スマートPVプラス

14.08kWh

5,566,000円

スマートPVマルチ

9.8kWh

3,112,000円

スマートPVマルチ

16.4kWh

5,242,000円

メーカー希望価格はスマートe-ストレージの6.5kWhがもっとも安いことがわかります。 

また、タイプが違っても、蓄電容量が同じ場合は価格に大きな差がないため、単機能型よりもハイブリッド型の方がお得に感じます。

長州産業の蓄電池は他のメーカーに比べて全体的に価格が高い傾向です。

ただし、10年保証とするメーカーが多いなかで、長州産業は5年も長い15年保証が標準です。

ですから保証面も考慮するとコストパフォーマンスは決して悪くないでしょう。

長州産業蓄電池は保証期間が長いので安心して使用できる

長州産業の蓄電池は他のメーカーに比べて少し金額は高めです。

しかし、長州産業の蓄電池は蓄電池ユニットがコンパクト、電気代が少なくなった、保証期間が長いと評判で、価格以上に設置後の効果が高いといえるでしょう。

長州産業の蓄電池には4つの蓄電システムをラインナップしています。

蓄電池のタイプごとに機能面や特徴が異なるため、選ぶ際は必要な蓄電容量や停電時の機能を把握しておくのがおすすめです。

また、他のメーカーに比べて保証期間が長いので、安心して長く使用したい方に向いているメーカーです。

 

リノベステーションではテスラや長州産業を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事