蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

太陽光発電の電気は停電時も使える!使用方法や注意点を徹底解説

太陽光発電 2021年10月01日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

太陽光発電で貯めた電力は、停電時も使うことができるのか気になりますよね。実は、太陽光発電の電気は複数の家電製品を使える程度のカバー力があり、災害時でも使用できるんです!

ただし、動かせない家電や使用上の注意点もいくつかあるため、ある程度の知識を身につけておく必要があります。

そこで今回は、停電時に太陽光発電の電気を使う方法や注意点を紹介します。災害対策として太陽光発電を取り入れたいと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

停電時でも太陽光発電の電気は使える?

太陽光発電の電力は、停電時でも使うことができます。晴れの日はもちろん、曇りの日でも発電できるのである程度の電気をまかなうことができるでしょう。

ただし、実際に使用するときは、運転モードに切り替える必要があり、いくつか注意点もあります。そのため、いつでも使えるように太陽光発電の使い方を理解しておくことが大切です。

太陽光発電がカバーできる電力【複数の電化製品が使えます】

太陽光発電の電力は、複数の電化製品を使える程度のカバー力があります。太陽光発電を使えば、災害による停電が起きてもテレビやラジオ、携帯電話の充電などさまざまな電化製品を利用できます。

ただし、太陽光発電で貯めた電力は、量が多くなく供給が安定していません。消費電力の多いモーターを使ったドライヤーやデータ破損の恐れがあるパソコンなどは動かさない方がよいでしょう。

太陽光発電の電力を使うメリット【災害時の停電】

太陽光発電の電力は、災害時の停電で活躍します。太陽光発電を利用するメリットは、次の3つです。

  • 気温対策ができる
  • 冷蔵庫が使える
  • 情報収集がしやすい

適切な気温で過ごせる

停電時でも電力をまかなうことができれば、エアコンや暖房を使用できます。適切な気温で過ごすことができるため、気温による体調不良を防ぐことができるでしょう。

気温対策ができていないと夏は熱中症、冬や寒さによる風邪などさまざまなリスクが高まってしまいます。電力が使えるだけで、停電時でも快適に過ごすことができます。

冷蔵庫が使える

停電時でも冷蔵庫が使えることは、非常に大きなメリットです。太陽光発電による電力があれば、冷蔵庫を使用することができます。

冷蔵庫は買いだめをしたり氷を利用して食材の鮮度を保ったりと、食料の確保に役立ちます。冷蔵庫がつかえないと、食材が腐りやすく食中毒のリスクが高まるので困ることが多いでしょう。

太陽光発電で貯めた電力があれば、ストレスを感じることなく食事をすることができます。

情報収集がしやすい

太陽光発電の電力は、テレビやラジオ、携帯電話など情報収集に必要な機器を使うことができます。災害時は、地域の情報や家族の安否を確認する必要があります。

情報収集が上手くいけば、次に取るべき行動が分かりスムーズに行動できるでしょう。太陽光発電で電気を貯めておくことで、必要な情報を迅速に手に入れられるので災害時でも安心して過ごすことができます。

停電時の太陽光発電の使い方【自立運転機能に切り替え】

停電時に太陽光発電を使うときは、主に以下の手順で自立運転機能に切り替えることが多いでしょう。

  1. 取扱説明書で自立運転モードへの切り替え方法を確認
  2. 主電源ブレーカーをOFFにする
  3. 太陽光発電ブレーカーをOFFにする
  4. パワーコンディショナを自立運電モードに切り替える
  5. 自立運転用コンセントに機器を接続する

ただし、製品によっては自立運転モードに切り替えたあと、太陽光発電ブレーカーをOFFにするものもあります。また、自立運転モードへの切り替え方法も、各メーカーによって異なるため事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

停電復旧後は、自立運転モードを解除し逆の手順で電源をONにすることで、元の状態に戻すことができます。

停電時に太陽光発電を活用するときの注意点

停電時に太陽光発電を活用するときは、以下の3つのポイントに注意しましょう。

  • 自立運転用コンセントの位置
  • 悪天候時の電力量
  • 太陽光発電で動かせる家電

自立運転用コンセントの位置によって使いやすさが変わる

停電時には、自立運転用コンセントから電力を得て電化製品を使用します。そのため、使いやすい位置に設置しておくことが重要です。

屋外や屋内外兼用タイプのパワーコンディショナは、自由に自立運転用コンセントを置くことができます。使いたい家電をリストアップし、その近くに自立運転用コンセントを置いておきましょう。

天気が悪いときは電力量が減る

太陽光発電の電力量は、天候によって左右されます。そのため、曇りや雨のときは電力量が減ってしまうので注意しましょう。

曇りでもある程度発電はできるものの晴天と比べると少なくなるため、天気予報などを定期的にチェックし、どれくらい電力を貯められるか把握しておくのがおすすめです。

太陽光発電でも動かせない家電がある

太陽光発電の電力でも動かせない家電があります。太陽光発電で動かせない、または頼らない方がいい家電は次の2種類です。

  • 安定した電力が必要なもの
  • 突入電力が大きいもの

太陽光発電の電力は、運転モードの切り替えの度に止まったり天候によって発電量が不足してしまいます。そのため、医療機器やパソコンなど安定した電力が必要な機器には使用しない方がよいでしょう。

また、モーターやコンプレッサーを使用しているドライヤーや洗濯機といった家電は、突入電力が大きいのでうまく動かせない可能性が高いので注意しましょう。

太陽光発電と蓄電池の併用【停電時も安心】

災害対策として太陽光発電を取り入れたい場合は、蓄電池との併用がおすすめです。蓄電池は、電気を何度も貯めて利用することができる電池のことです。

蓄電池は、天候に左右されないため太陽光発電のデメリットをカバーすることができます。太陽光発電と蓄電池を交互に利用することで、効率よく安定した電力を供給できるでしょう。

太陽光がない夜でも蓄電池で貯めた電力を使用できるので、災害による停電時の夜も安心です。

また、メーカーによっては太陽光発電連携タイプの蓄電池など、併用がしやすい製品を販売しています。万全の停電対策を行いたい方は、蓄電池の導入を検討しましょう。

太陽光発電システムの使い方を理解して停電に備えよう

今回は、停電時に太陽光発電で貯めた電力を使うメリットやその方法を紹介しました。太陽光発電は、災害による停電が起きても快適に過ごすことができるのが大きなメリットです。いくつかの注意点に気を付けることで、安心して利用することができます。

災害対策をしっかりと行いたい方は、停電に備えて太陽光発電を取り入れましょう!

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事