蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

キッチンのリフォームにおすすめなキッチンの種類・選び方を徹底解説!

キッチン 2021年10月06日更新

リフォームにおすすめなキッチンの種類や選び方【基準はシンプル】

キッチンのリフォームをこれからしようと思っていても考えるべきことが多くて迷っている方も多いのではないでしょうか。

キッチンの種類は様々ですし、メーカーによっても色々あるため無理もありません。

そこで、今回の記事ではそんな方のためにおすすめのキッチンの種類や配置方法、選び方のポイントなどをまとめて解説していきます。

最後までお読み頂ければ幸いです。

おすすめのキッチンの種類(型)【リフォームの目的を考える】

まず初めに紹介するのがキッチンの種類(型)についてです。キッチンはその形によって様々な種類があります。

ここではそれぞれの形のキッチンの特徴とどんな方におすすめなのかについてご紹介します。

I字型

I字型キッチンは、アルファベットの形通り、コンロやシンク、調理台が一直線に並んでいるタイプのキッチンを指します。

I字型のキッチンの特徴としてシンプルなため、使い勝手が良く場所を取りにくいことが挙げられます。

ただ、幅が広いと端から端への移動が長くなってしまうのが欠点です。

キッチンにあまりスペースを取りたくない方や安くリフォームを済ませたいと思っている方におすすめの種類となっています。

L字型

L字型のキッチンは壁の一面、もしくは二面を利用したL字型に曲がっているタイプのキッチンです。

L字型のキッチンの特徴として効率的な動線を確保しやすいという点が挙げられます。

I字型のキッチンと比較しても、コンロ・調理台・シンクの距離が近く、移動距離が短く済むため効率の良いキッチンだといえます。また、調理スペースに余裕が生まれやすいのもメリットです。

デメリットとしては、設置スペースを広くとってしまうという点が真っ先に考えられます。

これらを踏まえると、L字型のキッチンはキッチンに割けるスペースに余裕があり、調理をスムーズにしたい方におすすめです。

Ⅱ字型

Ⅱ字型のキッチンは上から見たときに調理カウンターが平行に並んでいるタイプのキッチンのことを指します。

セパレートタイプとも呼ばれ、壁付け+アイランドタイプのものや半島のように側面がくっついているペニンシュラタイプがあります。これらの配置方法に関しては後述します。

Ⅱ型のキッチンのメリットとしては作業動線が短く、調理スペースも充分に取れることが挙げられます。また、調理カウンターの下の収納も確保しやすいのも特徴です。

ただ、L字型と同様に広いスペースが必要となるほか、一般的に他のタイプと比べると費用も多くかかります。

また、後ろを向く動作が多くなるため複数人での作業には注意が必要です。

多少費用が高くなってもキッチンの使い勝手を重視したい方やリビングの方を向きながら作業したいという方におすすめのキッチンとなっております。

U字型

3方向にカウンターで囲まれる形のキッチンをU字型のキッチンといいます。

U字型のキッチンのメリットは、移動が少なくて済むことと収納スペースが豊富なことです。体を90度回転させるだけでシンクからコンロまで届くようなレイアウトにすることも可能です。

デメリットとしては費用が高くなってしまう傾向がある点と、コーナーにデッドスペースができやすいという点が挙げられます。

配置方法で考えるおすすめのキッチンリフォーム【雰囲気激変!】

キッチンの配置方法に関しても様々な種類があります。

ここでは壁付けタイプ、ペニンシュラタイプ、アイランドタイプの3つをその特徴とともに解説していきます。

それぞれメリット・デメリットがあるため、これを読んで配置を考える際の参考にしていただければ幸いです。

壁付けタイプ

壁付けタイプとは、キッチンの前面が壁に面しているタイプのキッチンのことを指します。

メリットとしては、壁との間にスペースがなくスペースを有効利用できることが挙げられます。

ただ、壁に向かって作業する必要があるため、家族とのコミュニケーションが取りづらいというデメリットがあります。

対面タイプ

対面タイプはリビングやダイニングを見ながら作業をすることができるタイプのキッチンを指します。

その中でもアイランドタイプとペニンシュラタイプの2つに分けることができます。

それぞれの違いや特徴についても見ていきましょう。

アイランドタイプ

アイランドタイプは、システムキッチンが壁についておらず島のように孤立したレイアウトになっているタイプです。

対面キッチンの中でも開放感が最も感じられ、スタイリッシュかつ広くて複数人で利用しやすいのが特徴です。

価格が高く、広いスペースを必要とする点がデメリットだと言えそうです。

ペニンシュラタイプ

ペニンシュラは英語で半島という意味を持ちます。

その名の通り、片方の側面が壁にくっついているタイプのキッチンをペニンシュラタイプのキッチンと言います。

ペニンシュラタイプはアイランドタイプと比べると開放感は劣るものの、対面型の良さが残っていて家族とのコミュニケーションが取りやすいレイアウトとなっています。

また、アイランドタイプタイプと比べても一般的に価格を抑えるできるため、予算を抑えたい方にはおすすめです。

キッチンリフォームの選び方【おすすめポイントは?】

キッチンはメーカーによる違い

もちろん、キッチンはメーカーによって色々と違いがあります。

キッチンの扉やカウンターの素材、シンクの形や収納の他、もちろん価格も異なります。

また、メーカーによっては基本の形とは異なるレイアウトやバリエーションがあることもあるのでじっくり比較・検討することが求められます。

それではどのように比較していけば良いのかについて次で解説します。

どうやってキッチンのメーカーを比較するのか

一般的にどのキッチンメーカーにも標準的なセットがあります。上で紹介してきたI型・L型などはその典型です。

おすすめの方法としては、一番標準的な間口255㎝のI型キッチンで特徴を比較すると分かりやすいです。

それぞれのメーカーのカウンターの様子や収納の様子を確認して特徴を見極めましょう。

キッチン選びにおいて何を大切にするのかを明確化する

これまで解説してきたようにキッチン選びでは機能、価格、レイアウトなど考慮すべきすべきことは多く存在します。

それらの中から何を重視するのか、優先順位をしっかり考えておくと後悔する可能性を抑えることができます。

また、実際に使うときのことをしっかりと想像してキッチンを選ぶようにしましょう。

収納の大きさ、キッチンの高さ、利用する人数などを考えてご自身に合う最適なキッチンを見つけてみてください。

【まとめ】おすすめのキッチンリフォーム!種類や選び方で考える

この記事ではキッチンをリフォームすることを考えたときにどのような種類があるのか、もしくはどのように選んだらよいのかを中心に解説してきました。

キッチンのリフォームに悩んだ際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事