蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【価格も紹介!】新しくなったオムロン蓄電池の特徴は?

蓄電池 2021年10月21日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

オムロンと言えば「体温計」を思い浮かべる人が多いですが、オムロンは体温計以外にも蓄電池や太陽光システム、農業用水管理システムなど様々な機器の販売をしています。
オムロンの蓄電池は、ラインナップが多く人気も高いので、導入したいと考える方は多いのではないでしょうか。

今回は、オムロン蓄電池の特徴やメリット・デメリットをご紹介しますので、蓄電池導入の参考にしてみてください。

オムロン蓄電池の特徴は3つ!

オムロンの蓄電池は、ラインナップが多いので、多くのユーザーの要望に応えることが出来ます。
太陽光システムとの相性もよく、性能も良いのでオムロンの蓄電池を最大限活用したい方は太陽光発電システムとの併用がおすすめです。

特徴① 様々なニーズに合わせたラインナップ

オムロンの蓄電池は、小容量で1日に何度も充電・放電を繰り返すことが出来るタイプの蓄電池から、大容量かつコンパクトな蓄電池まで販売されています。

また、全ての製品がコンパクトに設計されているので、必要以上に場所を取ることがなく導入しやすいと言えるでしょう。
コンパクトで軽量な蓄電池は、工事費や手間を省くことが出来るので、手軽に導入することが可能です。

特徴② 災害リスクを想定した設計

オムロンの蓄電池は、屋内に設置出来るタイプの製品が多くあります。
屋内に設置することで、災害での故障リスクを最小限に抑えることが出来、災害時にも安心して使用することが出来ます。

また、塩害タイプ仕様の蓄電池も販売されていますので、海の近くに住んでいる方も使用することが出来ます。

特徴③ 遠隔で蓄電池の状況を確認できる!

オムロンの蓄電池のKPBP-AシリーズとKPAC-Bシリーズには、クラウドから発電量・蓄電量などを確認することができる「見守り機能」が標準で付いています。
万が一、異常が起こってしまってもメールで異常を知らせてくれるので、すぐに気がつくことが出来るので便利です。

さらに、KPBP-Aシリーズにはネットに接続することでAiが天気情報を取得し、充電量を調節してくれる機能が標準で付いています。
自動で蓄電量を調節してくれるので、天気予報や蓄電量をこまめにチェックする手間が減り、ストレスなく生活することが可能になります。

オムロン蓄電池のラインアップは全7種!

オムロン蓄電池のラインナップは、全7種類・4シリーズあります。

蓄電容量も、4.2kWhから16.4kWhまであり、万全に災害対策を行いたい方から最低限の容量だけでよいという方まで満足できるラインナップです。

大容量!6.5・9.8・16.4kWhのKPBP-Aシリーズ

KPBP-Aシリーズは、「マルチ蓄電プラットフォーム」と呼ばれるシリーズで、6.5kWh・9.8kWh・16.4kWhの3種類の容量から選ぶことが出来ます。

他シリーズに比べ、高性能なので「性能の高い蓄電池が欲しい」という方におすすめです。
また、それぞれの容量で単機能蓄電池とハイブリッド蓄電池が発売されているので、既に太陽光システムが設置している卒FIT家庭でも導入することができます。

価格は、16.4kWh容量のハイブリッド・全負荷対応の機器セットはメーカー希望小売価格6,750,000(税別)、6.5kWh容量の単機能蓄電池の機器セットのメーカー希望小売価格は、2,810,000(税別)となっています。

太陽光ユーザー向け!6.5kWhのKP-BU65-A

卒FIT家庭など、既に太陽光システムを設置しているユーザーにおすすめなのが「KP-BU65-A」です。

大容量の太陽光発電システムに対応し、システムと上手く連携し、発電した電気を無駄なく活用することが出来ます。
さらに、従来品(KP-S‐B64)に比べ、奥行は30%小さくなり、体積も20%減りました。
室内置きの蓄電池ですが、軽量なのでクレーンや基礎工事が不要となり、手軽に設置することが出来ます。

容量は6.5kWhで多すぎず少なすぎず「ちょうどいい」容量で、停電時には自動で給電を行ってくれます。
価格は、基本システムセットのメーカー希望小売価格が、3,130,000(税別)です。

コンパクト設計!6.5・9.8kWHのKPAC-Aシリーズ

6.5kWhと9.8kWhの容量があるKPAC-Aシリーズは、コンパクト設計が特徴のシリーズです。
既に太陽光システムを設置している家庭でも、手軽に設置することが出来、壁掛け設置も可能なので災害が起こった時も安心です。

6.5kWh、一般タイプの機器セットのメーカー希望小売価格は2,510,000(税別)なので、導入しやすい価格と言えるのではないでしょうか。

1日繰り返して使用可能!4.2kWHのKPAC-Bシリーズ

KPAC-Bシリーズは、1日繰り返して使用することが出来る4.2kWhの蓄電池です。

1日2サイクル利用することにより、8.4kWh相当の利用価値があります。

繰り返し使用しても長寿命で、15年間70%以上の容量保証が付いています。
メーカー希望小売価格は、機器セットが2,870,000(税別)です。

オムロン蓄電池は3つのモードで使い分けができる!

オムロンの蓄電池は、ライフスタイルによって3つのモードを使い分けることが出来ます。

売電価格が高いうちは経済モードで、電気の自給自足を目指したい方はグリーンモードなど、蓄電池の使い方をライフステージにより変更することが出来ます。

モード① 経済モード

経済モードは、余った電気を売電するモードなので、電気代を節約したい人におすすめです。

光熱費も節約が目的で蓄電池を導入する人は、経済モードを活用しましょう。

モード② 安心モード

安心モードは、蓄電池の充電を優先し、停電に備えるモードです。

停電が多い台風の時期などに活用すると、停電が起こった時に役立ちます。

モード③ グリーンモード

グリーンモードは、なるべく電気を自家消費したい人におすすめのモードです。

太陽光システムで発電した電気は、蓄電池に充電または自宅で使用され、余った電気のみ売電されます。

電力会社からの買電は最小限に抑えられ、光熱費の節約も可能です。

オムロン蓄電池にメリット・デメリットはあるの?

オムロンの蓄電池には、メリットが多いですがデメリットがあることも事実です。

購入を検討する際は、メリットと同時にデメリットをよく理解してから購入することをおすすめします。

オムロン蓄電池のデメリットは導入費用の高さ

どんな蓄電池も同じですが、性能が高くなれば高くなるほど価格も高くなる傾向にあります。
オムロンの蓄電池も、100万円以上の値段なので例外ではありません。

しかし、今年度は多くの市町村で補助金を受け取ることが出来るので、オムロンの蓄電池をお得に導入できるチャンスです。
オムロンの蓄電池の購入を検討する際には、補助金の利用も同時に検討することをおすすめします。

オムロン蓄電池のメリットは自動切り替えやAIなどの高性能

オムロンの蓄電池は、AIが搭載されていたり停電時に自動で切り替えが可能だったり、高性能なことが特徴です。
価格よりも性能を重視したい人には、オムロンの蓄電池がおすすめです。

オムロンの蓄電池は太陽光と活用したい人におすすめ!

オムロンの蓄電池は、太陽光システムとの相性もいいので、太陽光システムと一緒に活用することで、最大限に効果を発揮することが出来ます。
もちろん、蓄電池単体でも使用することが出来る商品もありますが、太陽光システムとの併用を、一度検討してみることがおすすめです。

【まとめ】オムロン蓄電池はユーザー目線で作られた安心設計!

今回は、オムロンの蓄電池について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

オムロンの蓄電池は、性能が高く、長期利用を見据えたラインナップです。
AIの搭載や電気の見える化など、ユーザー目線で作られているので、日常的にも使いやすく、いざという時も安心です。

価格は少し高いと言えますが、補助金などを利用してお得に導入できますので、オムロンの蓄電池をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

 

リノベステーションではテスラやオムロンを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事