蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

種類豊富なキッチン換気扇!あなたにぴったりなものの選び方!

キッチン 2021年10月07日更新

種類が多すぎて迷っちゃう?キッチン換気扇を正しく選ぼう

ちょっとした使い勝手の良し悪しが、料理のしやすさに大きな影響を与える、キッチン換気扇。

近年では、掃除がしやすいものや、デザイン性に優れたものなど様々なキッチン換気扇が登場してきています。

しかし、種類が豊富である反面、何が自分にぴったりなのか選び方に迷ってしまうこともあるでしょう。

そこで、本記事ではキッチン換気扇の種類や選び方のポイントを解説し、より良いキッチン換気扇選びをサポートしていきます!

違いを知れば選びやすい!キッチン換気扇の種類について

まずは、代表的なキッチン換気扇の見分け方についてご説明します。

  • ファンの種類
  • フードの種類

これらの種類の違いについてみていきましょう。

ファンの種類

換気扇で重要な役割を果たすパーツであるファン。

大きく分け、3種類のタイプがあります。

プロペラファン

排気方式は直接排気を採用しており、汚い空気を屋外へ直接排出するファンです。
とてもポピュラーであり、主に空気を屋外に直接排出できる戸建てで利用されます。

構造がシンプルなため価格が安く、また排気量も多いというメリットがあります。
一方で難点として、屋外と直接つながっていることから、風が強い日に排気量が落ちることが挙げられます。
また、プロペラに直接汚い空気が触れるため、日々の掃除が必要になってくる点も大きなデメリットです。

シロッコファン

天井などに通されたダクトから、汚い空気を屋外へ間接的に排出するファンです。
屋外へ空気を直接排出できないマンションや、アイランドキッチンなどで主に利用されます。

ダクトを通すため自由な位置に設置できるというメリットがあります。
また、プロペラファンと違い外と直接繋がっていないため、風の影響を受けることもありません。
一方で難点として、プロペラファンに比べて排気量が弱い傾向にあり、また価格も全体的に高い傾向があります。

ターボファン

プロペラファンとシロッコファンの中間に位置するもので、直接排気も間接排気も両方行えるファンです。

3種類の中で、最も排気効率の良いファンでもあります。

強風や気圧の影響を押さえることができるため、高層マンションなどの性能を求められる住宅で主に利用されます。

フードの種類

次にフードの種類についてみていきます。

ブーツ型

最も一般的な型であり、多くの住宅で利用されています。
プロペラファンやシロッコファンと組み合わせて利用されます。

シンプルな構造ながら、油や蒸気、臭いを収集する性能が高く使い勝手の良い型です。

ただし、内部のフィルターを使って油などを吸着しているため、フード内部やフィルターのお掃除がとっても大変です。

スリム型

近年登場してきた型であり、スッキリとしたデザインが特徴的です。
主にシロッコファンやターボファンと組み合わせて利用されます。

スリム型のメリットはお手入れが非常に簡単なことです。
スリム型ではフィルターの前に設置されたプレート(整流板)が、汚れを引き受けてくれます。

そのため、フィルター掃除を行う頻度が大きく減ります。
また、中にはフィルター掃除が必要ないという機種まで存在しています。

その他にもスタイリッシュなデザインへの人気も高く、徐々に主流のフードとなりつつあります。

フラット型

他のフードに比べて縦のスペースを取らない型であり、天井が低い場所やスペースが狭い場所などの設置要件が厳しい場所で利用されています。
主にシロッコファンやターボファンと組み合わせて利用されます。

型によって整流板があるものと、無いものがあり掃除の簡単さは機種によるところが大きいです。

メインストリーム以外の形のフードも

以上の3つが代表的なフードの型になります。
しかしこの他にも、曲線的な設計のファルコン型や、山のような形のマントル型など様々なフードが存在するので、フードのデザインへ徹底的に拘りたい方はそちらも探してみてください!

取付方法の種類

取付方法の種類についてみていきます。おうちのキッチンの状況で、どの取付方法が適しているかを判断しましょう。

壁付け

調理場の正面にある壁に換気扇を取り付けます。最も一般的な取り付け方法です。

横壁付け

調理場の横にある壁に換気扇を取り付けます。
調理場正面の壁が不要になるため、圧迫感が無く、開放的なキッチンを作ることができます。

天井付け

アイランドキッチンや焼き肉店で見られる、天井に換気扇を取り付ける方法です。
壁に捉われる必要がないため、自由度が高く、また開放感のあるレイアウトを実現できます。

ただし、プロペラファンデはこの取り付け手法が利用できないのでご注意ください。

キッチン換気扇を選ぶために重視したいポイント【3つあります】

キッチン換気扇の様々な種類についてみてきました。ここで、選ぶ際に重視したい3つのポイントについてご説明します。

掃除のしやすさ

毎日使う設備だからこそ、掃除がしやすいかどうかは重要なポイントです。

ファン

プロペラファンはプロペラを洗浄しなくてはいけない一方で、シロッコファン・ターボファンは筒状の羽を洗うだけなので掃除が比較的容易です。
また、筒状の羽は付け洗いもできます。

フード

整流板がついているスリム型やフラット型はフィルター掃除の手間がグッと減るので、ブーツ型に比べてかなり楽です。

排気性能

換気扇のかなめと言える「排気性能」は、最も重視したいポイント。あなたの使用用途にあった排気性能を選ぶことが大切です。

ファン

基本的に、
ターボファン>プロペラファン>シロッコファン
という順に、排気性能が高くなります。

ただし、備考として、プロペラファンの性能は外の風が強い時に低下します。
また、シロッコファンは室内の気密性が高い状態ではプロペラファンと同程度の排気性能を誇ります。

ご自身の住宅環境と合わせてお考え下さい!

騒音

人によって気になるレンジが違ってくる騒音。

「全ての要件を満たしていてもうるさくてストレスがたまる、、、」

そんな事態を避けるため、実際の起動音を確認することが大切です。

ファン

プロペラファンは他のファンに比べて起動音が大きいです。
そのため、マンションなどの集合住宅にお住まいの方や、隣家と非常に近い戸建てにお住いの方は、その音量が問題ないか1度ご確認されてから利用されることをお勧めいたします!

【まとめ】キッチン換気扇は種類が豊富!正しく選ぼう!

以上、種類豊富なキッチン換気扇を選ぶポイントや、性能などの違いについてご説明いたしました。
ちょっとした使い勝手がキッチンライフに大きな影響を及ぼす換気扇、あなたが理想とするものがどんなものかゆっくりご検討してみてください!

最後に本記事の内容を3行にざっくり要約します。

  • ・ファンの種類にはプロペラファン、シロッコファン、ターボファンがあり、掃除のしやすさや価格、騒音性などで選ぶことができる。
  • ・フードの種類にはブーツ、スリム、フラットなどが存在し、デザイン性やレイアウト、掃除のしやすさから選ぶことができる。
  • ・取付方法には壁付け、横壁付け、天井付けがあり、ファンの種類やレイアウトから選ぶことができる。

この記事がキッチン換気扇選びのお役に立てれば幸いです(^^)/

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事