蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

オール電化&太陽光発電住宅へのリフォームは本当にお得なのか?

太陽光発電 2021年10月07日更新

オール電化・太陽光発電住宅へのリフォームは絶対お得とは限らない?

節約やエコのために、オール電化や太陽光発電の導入を考えている方は少なくないでしょう。もちろん、オール電化と太陽光発電を設置することで、より良い暮らしを実現できます。

しかし、場合によっては元が取れず、思っていたよりもお得じゃなかったなんてことも、、、?

そこで今回は、オール電化・太陽光発電住宅のリフォームして得する人・損する人の条件を解説します。また、初期費用をなるべく抑えるための方法もご紹介していきます。

そもそもオール電化・太陽光発電住宅へのリフォームとは?

まず、オール電化と太陽光発電の基礎知識を押さえておきましょう!

オール電化とは

オール電化住宅とは、家庭内で使われるエネルギーを全て電気によってまかなう住宅のことを指します。

オール電化住宅では、給湯・調理・空調などの全てのエネルギー源にガスを使いません。

その代わりに、電気給湯器、エコキュートやIHクッキングヒーターといった、電気エネルギー機器を使います。

熱源が電気に統一されているため、ガス代はもちろん0円になります。

オール電化の特徴として、主に3つ挙げられます。

  • 安全性が高い
  • 住宅の断熱効果を高める
  • 災害時に復旧が高い

順番に見ていきます。

安全性が高い

オール電化にすることで、ガス機器が不要になります。

そのため、火の付けっぱなし・消し忘れによる火災が起こる心配がありません。

お子さんやお年寄りがいる家庭でも安心して使うことができます。

住宅の断熱効果を高める

火を使って料理をすると、一酸化炭素が発生してしまいます。換気をせずに締め切ったままで調理を続けると、一酸化炭素中毒を引き起こしてしまう危険性もあります。

しかし、IHクッキングヒーターで料理すると、火を使わないのでお部屋の空気が汚れる心配が少ないです。最小限の換気で済むため、お部屋の温度を保つことができ、寒い冬でも比較的暖かく過ごすことができます。

災害時に復旧が早い

電気は、災害時に復旧が早いことで知られています。

例えば、熊本地震の時、電気は震災から4日後には、ほとんどの住宅に送電ができるようになっていました。

一方、ガスが十分に供給されるようなったのは震災から10日後です。

他の災害時でも、ガスより電気の復旧が早いことが多いようです。

災害に見舞われた時でも、オール電化の家庭は、ガスを使っている家庭より早く元の生活に戻ることができるかもしれません。

太陽光発電とは

太陽光発電は、太陽の光エネルギーを使って発電する方法です。

太陽光発電を特徴は、大きく4つあります。

  • 電気代を抑えることができる
  • 余った電気は売ることができる
  • CO2の排出量を減らすことができる
  • 災害時でも電気が使える

こちらも順番に見ていきます。

電気代を抑えることができる

太陽光発電を導入すると、電気を自家発電することができます。作った電気を家庭で使えば、その分だけ電力会社から電気を買わずに済み、電気代を抑えることができます。

また、夜間の電気料金が低く設定されている電気料金プランを選択すれば、よりお得になります。

余った電気は売ることができる

太陽光発電システムで自家発電した電気は、家庭で使うだけでなく、売ることもできます。

自家発電した電力のうち、家庭で使いきれなかった分のことを余剰電力と呼びます。電力会社と契約をすれば、その余剰電力を買い取ってもらえるようになります。

CO2の排出量を減らすことができる

化石燃料を使用した火力発電は、1kWhあたり約690gのCO2を排出するといわれています。

一方、太陽光発電が排出するCO2の量は、1kWhあたりで約17~48gとされています。

つまり、太陽光発電で発電をすると、CO2の排出量は火力発電の際の約0.02%にまで減らすことができるのです。

災害時でも電気が使える

災害などで電気の供給がストップしてしまっても、太陽光発電なら、電気を使うことができます。

発電ができる日中は、電力会社からの送電がなくても電気を使うことができます。蓄電池を設置していると、発電した電気を日中に蓄えておいて、夜に使うことができます。

オール電化・太陽光発電住宅にリフォームするメリット

オール電化、太陽光発電それぞれの特徴について解説しました。オール電化と太陽光発電の両方を兼ね備えた住宅へのリフォームをすると、どんな利点があるのでしょうか?

メリット①: 電気代を節約できる

オール電化と太陽光発電を同時に導入することによって、電気代をより節約することができます。

オール電化のデメリットとして、電気代が割高になってしまうという点があります。

しかしながら、太陽光発電でつくった電気で消費電力をまかなうことができるので、結果として電気代を削減できるでしょう。

メリット②: 停電・災害時に備えることができる

オール電化の住宅は、災害や停電してしまうと困るというイメージがあります。

しかし、太陽光発電を設置することで、その心配を解消することができます。

また、日中に発電した電気をためておく蓄電池も併用することで、太陽光で発電し蓄電池で溜めた電気をオール電化で使用するというコンボが可能です。蓄電池を合わせて使えば、よりオール電化無双を実現できるでしょう。

オール電化・太陽光発電住宅へのリフォーム時の注意点【初期費用】

オール電化・太陽光発電の両方を兼ね備えた住宅は、最強にお得でエコな組み合わせといえるかもしれません。

しかし、場合によっては期待していた「お得!」感が味わえないことも?

どんな人がオール電化・太陽光発電の恩恵を満喫できるのか、きちんと理解しましょう!

リフォームでオール電化・太陽光発電を始めて得する人・損する人

得する人の条件: ガス料金が高い人

今、契約しているガス会社の料金が高い人は、オール電化と太陽光発電で得すること可能性があります。

損する人の条件①: ガス料金が安い人

今、契約しているガス会社の料金がもともと低く設定されている場合、オール電化と太陽光発電住宅にリフォームしても、お得感が少ない場合もあります。

損する人の条件②: 住宅が太陽光発電に適していない

太陽光発電では、日光が十分にあたる場所でないと、当然ですが十分な電力を発電することができません。

そのため、日照時間が短い地域、日が当たらない北向きの屋根では、ほとんど発電することができないなんてこともあります。

結果、昼間の電気代を抑えることができず、電気代が高くついてしまうこともあるのです。

ほかにも、雪が多く降る地域や、潮風の影響を受ける地域などは、パネルの劣化や故障のリスクが高まるので、維持費が高くつくこともあります。

リフォームの初期費用を抑えるには?【オール電化・太陽光発電住宅】

人によっては、オール電化と太陽光発電を設置した住宅へのリフォームはお得になる可能性があります。

しかし、注意すべきポイントは、導入にかかる費用です。

オール電化と太陽光発電を同時に設置すると、以下のようになります。

オール電化 (IHクッキングヒーター・エコキュート):約60~100万円
太陽光発電システム (5kWh):約145万円
合計:約205~345万円

このように、設置にはかなりの費用がかかってしまうので、すぐに採算をとるのは難しいでしょう。

しかし、補助金を利用すれば、初期費用を抑えることも可能です。

オール電化や太陽光発電の導入に利用できる補助金の例をいくつか紹介します。

地方自治体からの補助金

お住まいの地方自治体が独自に行っている、補助金を利用できる場合があります。

例えば、東京都だと、太陽光発電の初期費用が実質ゼロ円になる制度、「住宅用太陽光発電初期費用ゼロ促進事業」があります。

エコキュートの設置に使える補助金だと、新宿区が10万円の補助を行っています。

補助金額や、対象となる基準等は、各自治体によって異なります。また、補助金を行っていない自治体もあるので、お住まいの自治体に問い合わせてみましょう。

省エネ改修に関する特例制度 (国土交通省)

太陽光発電をエコキュートの導入を含む、省エネ住宅への改修工事を行った人は所得税の減税が受けられます。改修費用の10%にあたる金額の所得税を免除されます。

オール電化&太陽光発電住宅へのリフォームはお得にならない場合もある

いかがでしたでしょうか? 今回は、オール電化と太陽光発電住宅へリフォームした時のメリット・デメリットを中心に解説しました。

電気代を抑えることができ、エコなオール電化・太陽光発電住宅ですが、場合によっては、初期費用を回収できないまま、お得にならないこともあるようです。

しかし、補助金を活用することで、初期費用を抑えることもできる場合もあります。

お住まいの自治体には、どんな支援制度があるのか一度チェックしてみるのもいいかもしれません。

 

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事