蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【最強のコンボ】太陽光発電は蓄電池と同時設置でメリットを最大化!

太陽光発電 2021年10月07日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

太陽光発電は、蓄電池と併せて導入すると両方のメリットを最大化できると言われています。
とはいえ、導入あたって、具体的な金額や手順などわからないことが多いですよね。

太陽光発電も蓄電池も大きな買い物ですので、後悔のないように基礎知識を抑えておくことが大切です。

ここでは、太陽光発電の工事費用や価格の仕組みなどを中心にご紹介します。

太陽光発電の工事費とは?【蓄電池と一緒に設置してお得に】

結論を先にネタバレすると、太陽光発電は蓄電池と一緒に導入することでメリットを最大限活かせるほか、工事費などが安価におさめられる場合があります。

太陽光発電の工事費用は?

経済産業省が発表している、2020年度の太陽光発電の1kWあたりの相場は、29万円です。

各ご家庭の屋根の大きさや素材にもよりますが、一般的に家庭用ソーラーシステムは5kWでソーラーパネル約20枚となっています。
5kWの費用相場はおよそ100~150万円前後となっています。

しかし、様々な条件や設置場所の面積などによって値段が変わってくるため、着工前の入念な確認が重要です。
複数業者に合い見積もりを依頼するなど、適正価格の工事費用を施工主自身が把握するようにしましょう。

太陽光発電設置の費用は何で決まる?

太陽光発電を設置する際にかかる費用は、大きく2つの要素があります。

  • 設置場所の大きさ、屋根材
  • 工事費用

それぞれについて説明します。

設置場所の大きさ、屋根材

設置費用を決める要因として、設置環境は大きな要因となっています。
ここでは、設置費用が平均より高額となるケースを紹介します。

「屋根の勾配が6寸以上」

屋根の勾配が6寸以上になると、設置作業中に足場が必要となります。足場設置費用が加わるため高額となります。

「設置する屋根面が多い」

太陽パネルを設置する屋根面が多いと、配線などの部材が多くなるため設置費用が高額になります。

「瓦屋根」

瓦屋根の場合、架台を固定するためアンカーを打つ瓦部分を剥がして、地上に一旦降ろし、穴をあけるため非常に手間がかかります。
一方で、スレート屋根の場合は設置する労力が少ないため、設置費用が安価となります。

工事費用

工事費用と言っても、太陽光発電の組み立てから電気工事・土地の造成費など色々です。

それぞれ専門の工事業者がいて、各々に費用がかかりますが工事費用として一括りになっています。

工事費用は業者によって異なります。
複数の会社で見積もりを依頼することをおすすめします。

蓄電池と一緒に設置して工事費を抑える

太陽光発電は蓄電池とセットで導入することで、お得に設置することができます。
蓄電池を設置すると、補助金を利用することができるため工事費を抑えることができます。

後に解説しますが、太陽光発電と蓄電池はとっても相性が良いです。
太陽光発電の導入の際には、蓄電池もセットで導入することをおすすめします。

太陽光発電は、オーダーメイドの製品です。
「設置場所の大きさ、屋根材」「工事費用」によって価格は変動します。
屋根の環境や発電規模を調べておきましょう。

また、太陽光発電の導入の際には蓄電池もセットで導入して工事費を抑えましょう!

太陽光発電と蓄電池をセットで導入【費用から考える】

ここまで、太陽光発電の費用についてご紹介してきました。

実際に、太陽光発電を導入する際に誰しもが考えるような、以下の疑問を解説していきます!

  • 「どのメーカーがいいのか?」
  • 「蓄電池と一緒に導入するメリットは?」

どの太陽光発電がいいの?メーカー別に紹介!

様々なメーカーが太陽光発電商品を発売しておりますが、太陽光発電は発電効率の良さと総容量(kW数)の大きさにより値段が変動します。

ここでは主なメーカーと、おおよその相場についてご紹介します。

太陽光発電商品を販売している主要メーカー

  • SHARP
  • TOSHIBA
  • Panasonic
  • 三菱電機
  • 東芝

おおよその相場】

商品やkW数により前後するものの、約170~200万円前後

商品価格などは、商品やメーカー在庫の状況など変化するため、お気に入りにのメーカーや商品などある方はお問い合わせしてみてくださいね。

メーカーによって性能が異なると同時に価格も異なります。総容量や発電効率を検討して、太陽光発電を選びましょう。

蓄電池とセットで導入してお得に活用

太陽光発電は蓄電池とセットで導入することにより、メリットが増加します。

蓄電池とは充電した上で、再利用可能な二次電池です。最近では、太陽光発電に組み込まれいているものが多いです。

太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリットとして、以下の項目が挙げられます。

  • エネルギー効率が向上する
  • 非常時でも利用可能となっている
  • 電気自動車との連携
  • 電気代の節約

太陽光発電と蓄電池はセットで導入することでそれぞれの特性を最大限に生かすことが可能となっています。
太陽光発電の導入を検討している方は、是非蓄電池もチェックしてみてください。

太陽光発電と蓄電池の設置はメリットいっぱい【工事費も割安に】

太陽光発電は大きな買い物ですので、住宅に合ったものを選びたいですよね。

蓄電池とともに設置することで、次の2点のメリットを最大限生かして活用することができます。

  • 「エネルギーを効率的に利用することができる」
  • 「災害時に備えることができる」

そして、太陽光発電の工事費・導入についてです。

現在、太陽光発電の導入コストは下がっていますが、平均145万円と大きな買い物です。

太陽光発電の設置費には「設置場所の大きさ、屋根材」「工事費用」の2点が大きく関わっています。

自身の住居環境や太陽光発電の性能によって価格が異なります。
施工会社も業者によって、工事費用が変動するので、いくつかの会社で見積もりを出すことをおすすめします。

また、太陽光発電や蓄電池の設置には、地方自治体などから補助金を受け取ることができます。

上手く活用して、初期費用を抑えましょう。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事