蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

蓄電池は電気代の高騰対策にも有効!工事費用など必須コストを紹介!

蓄電池 2021年10月08日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

img_Storage battery_Construction costs_210218

蓄電池の工事費用を知って賢く導入!【家庭用蓄電池】

電気代の値上がりは最近よく話題に上がります。
電力需給が逼迫すると電気代は高騰し、家計に大きな負担をもたらします。

この記事ではそんな電気代高騰に備え、賢く電気代を節約出来る蓄電池の設置工事についてわかりやすく解説していきます!

そもそも蓄電池って?

蓄電池とは何かを簡単に説明します!

蓄電池システムは、電気を蓄えられる充電池のことを指す場合がほとんどです。
スマホの予備バッテリーの電化製品版のようなイメージだと分かりやすいかもしれませんね。

太陽光発電で溜めた電力や、電力会社の電気を蓄えることが出来ます。
その蓄えた電気を各ご家庭で電化製品や生活電力として利用することができるのです。
停電などの非常時や電気代を抑えたいときは、蓄電池に溜めた電気を使用することが出来ます。

オーソドックスな蓄電池は単機能型蓄電池と呼ばれるもので、独立電源単体で使用することが出来ます。
最近注目を集めているのが、ハイブリッド型蓄電池というものです。

これについては記事の後半でわかりやすく解説します。

蓄電池の設置にかかる工事費用を含む3種類のコスト

蓄電池の設置には蓄電池本体、設置工事、電気工事のそれぞれに費用がかかります。

蓄電池本体

蓄電池本体の価格は、機能や大きさ、メーカーによって異なります。
今回は、家庭用で最もポピュラーだといわれているのは、5~7kWh容量の蓄電池です。
蓄電池は、容量、サイズ、機能など様々な要因による価格差があります。

また、設置場所が屋内外どちらかのみの場合が多いので、設置場所も考慮して選ぶのがオススメです。

設置工事

蓄電池の設置には工事が必要で、もちろん工事にも費用がかかります。
屋外設置、屋内設置によっても工事内容が異なります。
屋外設置の場合は蓄電池本体の重さによっても工事費や所要時間が違う場合があります。

工事は値段が安ければいいということではないので、長く使用できるようきちんとした工事をしてもらいましょう。

電気工事

電気工事とは、蓄電池に電気を溜めるための配線工事や、溜まった電気を供給できるようにする配線工事、停電になった時に使える分電盤の工事などのことです。

通常、設置工事と電気工事は同時に行われるのですが、相場は約20~30万円になります。
ご家庭の状況や環境などにより多少の前後はあるので、気になる方は業者に明細などを見せてもらい確認しましょう。

ハイブリッド蓄電池の導入における工事費費用【今の主流はコレ!】

ハイブリッド蓄電池とは、蓄電池本体と太陽光発電のパワーコンディショナーがセットになった家庭用蓄電池です。
通常は、太陽光発電システムと蓄電池システムを両方設置すると、パワーコンディショナーが2つ必要になってしまいますが、ハイブリッド蓄電池の場合は1つで良いのです。
1つのパワーコンディショナーで太陽光と蓄電池の両方をまかなうことが出来ます。

太陽光発電をすでにご家庭に設置している方は、太陽光発電システムのパワーコンディショナーを取り付けています。
このパワーコンディショナーは一般的に、耐用年数が10〜15年で、この期間内に故障するケースが多いです。
このタイミングで蓄電池を導入するのがお得な賢い判断です。

また、太陽光パネルと同じメーカーの蓄電池を購入すると保証期間が長くなるなど、メリットが大きくなります。

現在、ハイブリッド型の方のみの販売を行っているメーカーが多数です。

ハイブリッド蓄電池の工事費用は他のタイプの蓄電池と変わらず約20万円〜30万円です。
しかしこの値段で太陽光発電システムのパワーコンディショナーも同時に導入できると考えるとお得です。

蓄電池の追加設置の工事費用は?

太陽光発電システムをすでに導入済みのご家庭が後から蓄電池を導入する場合について紹介していきます。

太陽光発電システムを、電気を売るために導入した方はFIT法(固定価格買取制度)に基づいて売電しているかと思います。
10kW未満の太陽光発電の買い取り期間は10年です。
この制度は2009年から始まり、現在では制度が終了したご家庭が出てきています。

そのようなご家庭が、今後は太陽光発電システムで生み出した電気を売るのではなく使うために、蓄電池を導入するケースが増えています。

蓄電池の追加設置工事をする場合は、施工店との相談が必要になります。
ご家庭によっては、保証対象外や設置不可と診断されることもあります。

また、悪質な業者が不適切な場所に設置して後からトラブルになるケースもあります。

まずは信頼できる業者を探し、相談、見積もりをした上で蓄電池を探すのが最善です。

家庭用蓄電池導入における工事費用【正しい相場での工事を!】

蓄電池システムを導入すれば電気代の大幅な節約になります。
また、急な停電時にも電気を使えます。

しかし、蓄電池システムを適正価格で正しい場所に設置しなければ損をしてしまいます。
そうならないためにも、工事費用など正しい相場を知って信頼できる業者を見つけ、賢く蓄電池システムを導入しましょう!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事