蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

太陽光発電と蓄電池は相性抜群!同時導入で工事費もお得にする方法

蓄電池 2021年10月08日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

img_Storage battery_Solar power_Construction cost_210305

もしもの災害時でも、普段と変わらない生活を送れるようにと、太陽光発電と蓄電池をセットで設置することを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、「同時に設置するなんて、お金がかかりそうだし、ハードル高いかも…。」と心配になってしまいますよね。

そこで、この記事では、太陽光発電と蓄電池を同時に導入することで同時設置よりもお得になるのか、簡単に解説していきたいと思います。

太陽光発電と蓄電池ってそもそも何?設置費用についても簡単解説!

太陽光発電のざっくりAtoZ

まず、太陽光発電について簡単に説明していきたいと思います。
ご存じの通り、太陽光発電とは「太陽の光を利用して家庭用の電気を発電する」発電方法のことです。

太陽光発電のメリットとしては、大きく分けて以下の5つが挙げられます。

  • 光熱費が削減できる
  • オール電化と相性が良い
  • CO2の削減ができる
  • 災害に要る停電時でも、電気を使用することができる
  • 余った電気を売電(電気を売ること)することができる

逆に、デメリットとして以下の3つが挙げられます。

  • 発電量が天候に左右される
  • 売電価格が近年は安くなってきている
  • 設置費用やメンテナンス費用が高くつく

こういったメリット・デメリットのある太陽光発電ですが、導入費用はどのくらいなのでしょうか。
太陽光発電の設置費用は、屋根の向きや屋根材・面積などによって変わってくるため、各家庭でばらつきがありますが、約150~200万円程度の設置費用になります。

気になる方はご自宅の条件を業者に確認してもらい、見積もりを出してもらいましょう。

蓄電池のざっくりAtoZ

次に、蓄電池について見ていきましょう。

蓄電池とは、充電すれば何回でも使用することができる電池のことで、停電時でも10時間以上使用できるタイプのものもあります。
充電方法は電気会社の電気で充電する方法と、太陽光発電で充電するものがあります。

蓄電池のメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 災害時に非常用電源として利用できる
  • 太陽光発電やオール電化と組み合わせると相性が良い
  • 電気代の安い深夜に貯めた電気を昼間に利用することで、電気代を安く済ませられる

デメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 設置スペースが必要になる
  • 使用していくうちに蓄電可能容量が減り、劣化する
  • 初期投資費用がかかる

こういったメリット・デメリットのある蓄電池ですが、導入費用はどのくらいなのでしょうか。

蓄電池を導入するには、おおよそ100万円から200万円程度がかかります。
内訳は、本体代と設置工事代です。
本体商品によって価格帯に振れ幅が大きいので、どのような使い方をしたいのかをまとめて業者にぴったりな商品を選んでもらうといいでしょう。

太陽光発電と蓄電池、同時に設置すると工事費はどれくらいお得?

それでは、太陽光発電と蓄電池をセットで同時に設置した場合の工事費についてご説明します。

結論から言うと、太陽光発電と蓄電池を同時に設置した場合、工事費は安くなります。
これは単純に設置工事が一度で済むためです。

また、次のような理由もあり、同時設置は工事費がお得になるのです。

  • パワーコンディショナーを変えなくてよい
  • 人件費が1日分で済む

順番に見ていきます。

パワーコンディショナーを変えなくてよい

太陽光発電をし、家庭でその発電した電気を利用するためには、「パワーコンディショナー」という機器が必要になります。
これは、15年ほど動作する機器なのです。
例えば、太陽光発電を設置した8年後に、蓄電池を後付けで設置した場合、あと7年動作するパワコンを蓄電池専用のパワコンに交換する必要が出てきます。

パワコン自体、20万円程する機器なので、残り7年分を金額に直すと、約93,000円が無駄になってしまいます。
これに加え、現在使っているパワコンの撤去費用もかかってきます。

人件費が1日分で済む

この人件費については、その地域や、依頼する会社によって違いが出てきます。

関東を例に挙げると、「人件費:一人当たり25,000円、稼働人数:5人、工事日数:2日間」だとすると、人件費だけで125,000円程が追加でかかってしまう計算になります。
これが一回で済むなら、そちらの方が断然お得ということになります。

まとめると、太陽光発電と蓄電池はセットで設置した方がお得になります。

太陽光発電と蓄電池がセットで活躍!工事費の元は取れるの?

太陽光発電と蓄電池を導入することで得られる、セットならではのメリットについて紹介します。
大きく分けると、次のようなメリットがあります。

  • 自家発電・自家消費が可能
  • 電気を合理的に活用できる

順番に見ていきましょう。

自家発電・自家消費が可能

まず、太陽光発電と蓄電池を、セットで導入することの最大のメリットである、自家発電・自家消費について紹介します。

上でも紹介した通り、太陽光発電のみを導入した場合においても、節電以外に、売電といい、発電した余剰電気を売る、ということができます。
しかし、近年では、この売電価格が年々引き下げられています。

こうなってくると、蓄電池も併用することで、発電した余剰電気を貯めて自家消費をした方がお得になってきます。

太陽光発電の売電価格の推移をみても、2013年には36円/kWhだった売電価格が、2021年には12円/kWhにまで引き下げられているというデータがあります。
これを300 kWhの電気量で比較すると、差額が4800円にもなります。

  • 2013年:7200円
  • 2021年:2400円

こんなにも低価格で売電するくらいなら、自家消費してしまおうという考えを持つ人も多くなるでしょう。
そんな時、蓄電池が太陽光発電とセットになれば、効率よく電気を活用することができます。

また、電気会社から電気を買うと27円/kWhするということからも、買電量を減らし、発電した電気を、自家消費するのが経済的であることが分かります。

電気を合理的に活用できる

自家消費以外にも、「停電時に太陽光発電で貯めた電気を使うことができたり、お昼に貯めておいた電気を夜使ったりと、合理的な電気の使い方ができる」というのが、太陽光発電と蓄電池がセットで活躍する理由になります。

太陽光発電と蓄電池の工事費を安くしたいなら!【補助金について】

家庭用蓄電池を購入する際には、補助金についてもチェックするとよいでしょう。

例えば、環境共創イニシアチブの補助金は、蓄電池の費用に応じて、最大で60万円の補助を受けることができます。
これは、蓄電池の容量などによって補助金額が変わったり、補助金に募集期間があったりするので、事前に調べておくことが重要になるでしょう。

他にも、各自治体から貰える補助金もあります。大体は、4~6月あたりに補助金の内容が公開、募集され、先着順で締め切られます。
購入前に、環境共創イニシアチブの補助金以外にお住まいの地域の補助金についてもチェックしておくと、工事費を安く抑えることができるかもしれません。

最強神コスパな太陽光発電×蓄電池!同時導入で工事費もお得に!

太陽光発電単体でも十分お得ではありますが、太陽光発電と併用することにより、幅の広い電気の利用をするのも賢い方法のひとつだといえます。

多くの方が、自家活電・自家消費をする方へとシフトしています。

また、今回の紹介にもあったとおり、同時導入の方が、工事費用を安く抑えることができます。

太陽光発電や蓄電池の設置の設置については、一括見積サイトなどを利用し、事前に情報を集めることも重要です。
そうすることで、より安く手に入れられる方法を見つけることができる可能性が広がります。

是非ご検討材料にしてくださいね!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事