蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【決着】蓄電池のリース・レンタルはお得?購入した場合と値段を比較

蓄電池 2021年10月08日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

img_Storage battery_lease_price_210312

普段の電気代節約や災害時の対策から蓄電池が注目されていますが、実際に購入するとなると、費用が高額でなかなか手が出せないというケースが多いです。

本体代だけでも、100万円を超えるものが多くあります。

そのため、蓄電池のリースやレンタルを検討される方もいます。

そこでこの記事では、蓄電池を購入した場合とリースやレンタルした場合で価格にどういった違いが出てくるのか、どちらが安く導入できるのかについて解説していきます。

【値段が変わってくる】蓄電池のリースを分かりやすく解説

そもそもリースがどういった制度なのかいまいち分からないという人も多いと思うので、リースについて簡単に解説します。

リースとは、蓄電池などの設備をメーカーから直接購入するのではなく、リース会社から借りることです。

そのため、借りている間も製品の所有権はリース会社になります。

ちなみにリースとレンタルは同じように思えますが、大きな違いは契約期間にあり、リースの方が長い契約になります。

また、レンタルの場合は返却することになりますが、リースの場合は再び借りられることが多いです。

蓄電池をリース契約するメリット【値段が抑えられる?】

蓄電池を設置する際に、メーカーから直接購入するか、リース会社からリースするかを検討することになります。

そこで、蓄電池をリース契約するメリットについて紹介します。

蓄電池を購入するのではなく、リースで借りることで得られる恩恵は以下の3つです。

  • 初期費用が抑えられる
  • メンテナンス費用がかからない
  • 固定資産税を払う必要がない

初期費用が抑えられる

蓄電池を設置する上で1番の障壁となるのが、初期費用が高額であることだと思います。

先述の通り、本体代だけで100万円を超えるものが多くあります。

また、本体価格だけでなく設置費用や設置スペースも考える必要があるため、見立て以上に値段が張るケースも考えられます。

そのため、初期費用を抑える方法としてリース契約を検討することは有効な一手となります。

メンテナンス費用がかからない

リース契約では、レンタル料にメンテナンス費用が含まれているので、メンテナンス費用を別途で支払う必要がありません。

また、メンテナンス代だけでなく廃棄にかかるお金も負担する必要はありません。

なお、蓄電池を保証付きで購入しても、条件を満たせずに保証が受けられない場合は自分で負担することになります。

固定資産税を払う必要がない

蓄電池をリース契約する3つ目のメリットは固定資産税がかからないことです。

固定資産税とは、資産の所有者にかかる所得税のことで、リース契約の場合資産の所有者はリース会社にあるため、固定資産税を払わずに済む可能性が高いです。

また、リース契約の場合、リース料金は全て経費として落とすことが可能になります。

このように税金面でリース契約はかなりメリットがあると言えます。

値段が高い蓄電池をリース契約するデメリットは全部で3つ

続いて、蓄電池をリース契約するデメリットは以下の3点です。

  • 途中で解約すると違約金がかかる
  • 自分で選べないことが多い
  • 原則、買い取りはできない

途中で解約すると違約金がかかる

リース契約では原則として、途中で契約を終わりにすることはできません。

仮に、契約を終わらせたい場合は違約金を払う必要があります。

そのため、軽い気持ちで少し使ってみてダメだったらやめるというのは無しになります。

また、蓄電池を使ってみたはいいものの、思ったより節電効果が得られなかったという場合でも赤字のままやり過ごすしかないということも覚悟しておく必要があります。

というわけで、リース契約を交わす際には、しっかり契約を満了する計画を立ててからリースで借りるようにしましょう。

自分で選べないことが多い

リースの場合、メーカーや機種を自分で選ぶことができないことがほとんどです。

蓄電容量などがニーズを満たさないというケースもあります。

そのため、ある程度融通が効かないのであれば、リース会社を探し回るか、リース・レンタルを諦めて購入してしまうかのいずれかになります。

いずれにせよ、蓄電池を自由に選べないということは頭の隅に入れておく必要があります。

原則、買い取りはできない

リース契約期間が終わると、製品をそのまま所有者であるリース会社に返却することになります。

そのため、そのまま買取というわけにはいきません。

リース契約を更新して同じ蓄電池をさらに長い期間を利用することも可能ですが、また同じ製品を借りることができるとは限りません。

また、再契約する場合は蓄電池にかかる費用について考えなければなりません。

というのも、リース料金を長期間払い続ける方がいいのか、最初から購入してしまった方がいいのかを把握しておく必要があるからです。

なので、ここからは蓄電池をリース契約した場合と購入した場合で費用がどのように変わってくるのかを見ていきましょう。

蓄電池をリース契約した場合と購入した場合で値段はどちらがお得?

それでは蓄電池の導入方法によってかかってくる費用がどれくらい違うのかについて初期費用と長期的な費用の2つに分けて考えていきましょう。

初期費用を比較

まずは、初期費用について着目していきます。

リース契約することで、初期費用を抑えるというのがとても大きいメリットとなりますので、初期費用の面では断然リースの方がいい選択と言えます。

そのため、まとまった金額を用意できそうにない場合やそこまで長期で使うつもりはないという場合にはリース契約のメリットが大きくなります。

長期利用を考えている場合

次に、長期的な視点に立って考えていきます。

先ほどとは異なり、長期利用となるとリース契約をするよりも最初から購入してしまった方がお得になります。

リース契約は、リース料金を払うほど損をするビジネスモデルだからです。

もちろん、いくらリース料金を払い続けてもあなたの所有物にはなりません。

そのため、短期間ではなく長い間蓄電池を利用し続ける目的で導入する場合は最初から購入してしまう方がいい選択と言えます。

【結論】蓄電池をリース契約すべき人はどんな人?【値段が安いのは?】

蓄電池を設置する際には単純に購入するというパターンだけではありません。
様々な導入方法があります。

その中で今回は、蓄電池のリース契約についてフォーカスして紹介してきました。

蓄電池をリース契約して得する人

蓄電池をリース契約して得する人は以下のような人たちです。

  • まとまった金額を用意できていない人
  • 長期利用を考えていない人
  • 導入の初期費用を減らしたい人
  • 導入したい蓄電池について特にこだわりがない人

蓄電池の導入についてそこまで前のめりでない場合は、無理して購入せずリースで借りるという選択肢も悪くありません。

蓄電池を購入して得する人

逆に、蓄電池をリース契約せずに購入した方が得する人は以下のような人たちです。

  • 長期利用を視野に入れている人
  • メーカーや機器をしっかり決めたい人
  • 蓄電池の設置費用を確保している人

ある程度長い年月、蓄電池を利用するのであれば、ご家庭の環境に合った蓄電池を購入することで長期的に見るとかなり恩恵を得られると言えます。

蓄電池をリースしても購入しても費用は大きくは変わらない

ここまで蓄電池をリースするか購入するかについて解説してきました。

しかし、正直金額面でとても大きな差があるというわけではありません。

また、蓄電池というのは短期間で効果の出るものというよりは、長期的に使う製品という認識が正しいかもしれません。

こういった点を踏まえると、ある程度蓄電池を導入する意思が固まっており、準備を進めているのであれば、わざわざリースで借りずに思い切って買ってしまう方がいいというケースも考えられます。

導入費用との兼ね合いで判断することになるとは思いますが、いずれにせよ長期的な視点で蓄電池導入の計画を立てることがとても大切になります。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事