蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【太陽光発電】リフォーム後の耐用年数は?劣化を予防するには?

太陽光発電 2021年10月08日更新
img_solar power_reform_service life_210323

【太陽光発電リフォームいつまで使える?】耐用年数をチェック!

太陽光発電は電気代の節約に有効であるとして注目されています。
最近は特に在宅ワークやおうち時間が増えたため、電気代が家計への大きな負担になっていると思います。

このような情勢の中、ご家庭への太陽光発電の導入をご検討されている、もしくはすでに導入された方も多いのではないでしょうか。

太陽光発電システムには寿命があることをご存知でしょうか?

この記事では太陽光発電リフォームの耐用年数、そして必要なメンテナンスについてご紹介します。

太陽光発電リフォームの法定耐用年数とは?

減価償却資産である太陽光発電システムを使用できる年数は法律によって定められています。</span >
それが法定耐用年数です。

太陽光発電システムの法定耐用年数は「17年」とされています。
しかし、これは上記で述べたとおり物理的に使用可能な年数というわけではありません。
あくまでも価値がある期間ということです。

続いて、実際に太陽光発電システムを使用可能な年数について見ていきましょう。

実際の太陽光発電リフォームの耐用年数の目安は?

太陽光発電システムが実際に利用できる年数はどのくらいなのでしょうか。
太陽光パネルとパワーコンディショナーのそれぞれの使用可能な年数を紹介していきます。

太陽光パネルの耐用年数

現時点での太陽光パネルの耐用年数は「20〜30年」と言われています。</span >

発電効率などの衰えを考えなければ、30年程度取り替えることなく太陽光パネルを使用し続けることができます。

パワーコンディショナーの耐用年数

パワーコンディショナーの耐用年数は「10年程度」です。</span >
太陽光パネルよりも寿命が短いため、パワーコンディショナーだけを買い替えることが必要な場合もあります。
パワーコンディショナーの修理や買い替えを怠ると、せっかくの太陽光パネルで生み出した電力を正常に変換できず、結果として発電量の低下につながってしまいます。

パワーコンディショナーは、使用開始から10年前後で買い替えるか修理に出すようにしましょう。

太陽光発電の耐用年数をのばすには?【リフォーム後が大事!】

太陽光パネルの寿命は30年程度と上記で説明しました。
しかしこの年数はあくまでも目安であり、30年間で不具合が発生することも考えられます。
つまり、使用年数が重なるにつれて太陽光パネルが劣化していき、故障しやすくなる</span >ということです。

常に屋外に設置されている太陽光パネルは、風で飛んできた木の枝や小石で表面が傷つき、そこから雨や湿気が入り込んで故障しやすくなっていきます。

太陽光パネルが劣化していくとどうなってしまうのか、また、それを防ぐために必要なメンテナンスについて紹介していきます。

太陽光パネルが劣化すると…?

太陽光パネルの劣化には、具体的に配線の断線やパネル表面の変形・変色・汚れなどがあげられます。
これらの劣化が進むと、発電効率が悪くなり発電量が減少していきます。

さらに、劣化した太陽光パネルを放置しておくと突然電気が止まってしまうこともあり得るのです。

そのような事態を避けるにはどうしたら良いのでしょうか?
劣化を防ぐには定期的なメンテナンスが必要です!

メンテナンスで長持ちさせよう!

太陽光パネルは常に発電し続けます。
そのため見た目で不具合がなくても使用年数を重ねていくと徐々に劣化していくものです。
素人はパネルの劣化が見た目ではわからないため、発電効率が悪くなっていてもなかなか気づくことができません。

太陽光パネルの寿命を延ばすには、業者による太陽光発電システムの定期的なメンテナンスが必要です。
改正FIT法(固定価格買取制度)では4年ごとの定期メンテナンスを推奨しています。

定期メンテナンスにより劣化部分が見つかれば、早めの修理ができるので発電効率が高いまま保たれます。
より良い状態で長く太陽光発電システムを利用するために、定期的にメンテナンスを行いましょう!

太陽光パネルの清掃【花粉と黄砂には要注意!】

ソーラーパネルは窓や車のワイパー同様、とても汚れやすいです。
そして、パネルが汚れてしまうと太陽光の吸収率が悪くなり、発電量が減少してしまいます。

それを防ぐために、業者にパネルの清掃を依頼することが大切です。
特に花粉や黄砂が飛ぶ時期はパネルが汚れやすいので、花粉と黄砂の季節の後には清掃をしてもらいましょう!

パネルの清掃くらいなら自分でできるのでは、と考える方もいらっしゃると思いますが、要領がわからないまま清掃するとパネルを傷つけてしまう可能性があります。
太陽光パネルを長持ちさせるためにも専門の業者に頼みましょう!

太陽光発電の耐用年数をアップ!【リフォーム後の劣化を予防】

太陽光パネルの法定耐用年数は「17年」、実際に使用可能な年数は「20〜30年程度」とされています。</span >
しかしこれらの期間内の利用が保証されているわけではありません。

太陽光パネルやパワーコンディショナーは使用年数が経つにつれて、不具合が生じやすくなります。
劣化を防ぐためにも、定期的なメンテナンスをしましょう!

メンテナンスや清掃は業者にお任せするのが安心です。

定期的なメンテナンスで太陽光パネルの寿命をのばし、太陽光発電システムをより有効的に使いましょう!

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事