メニュー
相談件数
年間1,500件以上
工事
全国対応
取扱商品
10,000点以上
クレジット
ローン
銀行振込

リノステとは?

ご利用ガイド

お客様の口コミ

お役立ちコンテンツ

蓄電池について

0円リフォーム

無料電子ブック

その他

カテゴリーで選ぶ

蓄電池

太陽光発電

パワーコンディショナ

エコキュート

IHクッキングヒーター

外壁塗装

ポータブル電源

太陽光発電ってやめたほうがいい?設置のメリット・デメリットを徹底解説!
太陽光発電 メリット金額シミュレーション
V2Hを最大85%OFFで手に入れる方法
ebook_banner_1200340_221018
solar_ebook_bnr_top
1200-340 (1)
ebook_banner_1200340_221018
V2Hを最大85%OFFで手に入れる方法
previous arrow
next arrow

太陽光発電の設置費用はいくら?元が取れるといわれる理由も紹介!

太陽光発電 2024年01月04日更新

太陽光発電が普及していますが、初期費用が高額なので「設置して本当に元が取れるの?」と不安になってしまいますよね。

今回の記事では、太陽光発電の初期費用や維持費の相場、元が取れるといわれている理由、初期費用の回収ペースを上げる方法を紹介します。

ぜひ参考にしてください。

太陽光発電の設置費用は高い?相場や維持費についても!

まずは、太陽光発電の設置費用や維持費の相場を紹介します。

高いといわれている太陽光発電にかかる費用ですが、具体的にいくら必要なのでしょうか。

設置費用の相場について

太陽光発電の設置費用は1kWhあたり25.9万円前後です。

多くの家庭で3〜5kWhの太陽光発電を設置するので、単純計算で77.7〜129.5万円前後の初期費用が必要になるということです。

同金額には太陽光発電を設置するための工事費用も含まれていますが、業者によっては工事代が別途かかるケースもあります。

太陽光発電を購入すると最終的にいくら必要になるのか、事前にしっかり話を聞いておけると良いでしょう。

設置費用の相場の推移について

太陽光発電の設置費用は、実は年々安くなっています。

価格が抑えられるようになった理由は、太陽光発電が全国的に普及してきたからです。

ちなみに、太陽光発電が出始めた1993年当初は1kWhあたり370万円と超高額でした。

5kWh乗せたら1,850万円です。とても一般人が手を出せる金額ではないですよね。

この悪循環を断ち切るために打ち出されたのが、太陽光発電の補助金制度です。

補助金制度を利用することで、我々一般人も太陽光発電を手に入れることができるようになり、太陽光発電が大きく普及していったのです。

そして今の単価になりました。

ちなみに、今は1kWhあたり25.9万円ですが、今後さらに1kWhあたりの金額が減少傾向に進むという予想があります。

設置費用だけではない!維持費もかかる!

太陽光発電は電化製品でありながら、30年近く使っていける代物です。

したがって、それなりに維持費も必要になります。

ただ、太陽光発電は4年に1度の定期メンテナンスで十分とされているシステムなので、4年に1度のペースで5〜10万円が出ていく計算です。

毎月コツコツ貯めていれば、そこまで大きな額ではありません。

なかなか良心的ですよね。

太陽光発電の設置費用は高額!元が取れるといわれている理由は?

太陽光発電は設置費用だけではなく維持費もかかることが分かりましたが、実はしっかり元が取れるシステムだといわれているのです。

一体どういうことなのでしょうか。

太陽光発電で元が取れるといわれている理由を紹介します。

発電した電力を売電できるから

太陽光発電で元が取れるといわれている理由は、発電した電力を売電できるからです。

太陽光発電を所有すると、最初の10年間は売電価格が非常に高く設定されているFIT制度が利用できます。

たとえば、2022年度のFIT制度を利用した売電価格は1kWhあたり17円(2023年度は同16円)です。

余剰電力を上手く売電に回せれば、必然と給料以外で収入を生み出せるということです。

発電した電力を自家消費できるから

発電した電力を自家消費できるのも、太陽光発電で元が取れるといわれている理由です。

太陽光発電は、FIT制度が終了(卒FIT)してしまうと売電価格が一気に下落し、売電する意味を見失ってしまいます。

だからこそ、卒FIT後は発電した電力を自家消費する家庭が増えているのです。

発電した電力を自家消費できれば、電力会社からの買電量を減らすことが可能です。

つまり、電気代の節約が見込め、家計の支出を減らすことができます。

非常時に停電を免れることができるから

太陽光発電で元が取れるといわれている理由は、非常時に停電を免れることができるからです。

こちらはお金云々ではなく、精神的な面での「元が取れる」になります。

日本は停電が多く発生する国ではありませんが、自然災害が多い国です。

だからこそ、いざという時の停電対策として太陽光発電を所有しておくことは大きなメリットだといえるでしょう。

停電を免れることができれば、冷蔵庫の心配は皆無ですし、夜間に照明を照らすことができるので、小さなお子様や高齢者と同居の場合も安心です。

太陽光発電の設置費用は高額!初期費用の回収ペースを上げる方法は?

最後に、太陽光発電の初期費用の回収ペースを上げる方法を4つ紹介します。

ぜひ参考にしてください。

価格の安い販売店を探す

太陽光発電の初期費用の回収ペースを上げるためには、太陽光発電の初期費用を抑えなくてはなりません。

したがって、多くの販売店に足を運び、納得のできる範囲内で安い販売店を探しましょう

ただ、あまりにも安すぎる販売店は、何かしらの欠点を抱えている可能性があるため注意が必要です。

訪問販売では購入しない

訪問販売では購入しないことも、太陽光発電の初期費用の回収ペースを上げるために必要です。

太陽光発電は、昨今急激に需要が高まっているシステムになります。

だからこそ、実は悪徳業者が増えていて、騙されてしまう消費者が多くなっているのです。

訪問販売は営業マンが必須なので、その人件費分、販売価格が高いといわれています。

しかし、値引き額を大きく見せたり「お得なキャンペーンは今だけ」などといううたい文句を巧みに操るので、消費者がお得を感じやすくなります。

全ての訪問販売会社が悪徳業者という訳ではありません。

ただ、悪徳業者か否かの見分けが非常に難しいので、太陽光発電を訪問販売会社から購入するのはやめましょう。

家庭用蓄電池との併用を前向きに考える

太陽光発電の初期費用の回収ペースを上げるには、家庭用蓄電池との併用を前向きに考えることもおすすめです。

もちろん、家庭用蓄電池の初期費用分(100〜150万円前後)が別途必要ですが、このお金を払ってもなお元が取れるので安心してください。

太陽光発電と家庭用蓄電池の併用で元が取れる理由は、家庭用蓄電池を導入することで、太陽光発電が発電した電力を積極的に自家消費できるようになるからです。

たとえば、日中に不在がちな家庭でも、家庭用蓄電池があれば太陽光発電が発電した電力を貯めて、夕方以降に使用することができます。

つまり、電力会社からの買電量を極力減らせるので、電気代の支出を減らすことが可能ということです。

また、夜間の割安電力を家庭用蓄電池に貯め、それを翌早朝などの電力として使うことができます。

つまり、電力会社からの買電量を減らすだけでなく、割安単価で設定されている夜間に買電ができるため、電気代の大幅削減が狙えるということです。

支出を減らすことができれば、元が取れる可能性も高くなりますよね。

補助金制度を上手く利用する

太陽光発電の初期費用の回収ペースを上げる方法は、補助金制度を利用することです。

国や自治体は、太陽光発電や家庭用蓄電池に対して補助金制度を実施しています。

具体的な制度の内容は割愛しますが、補助金制度を利用すれば初期費用の自己負担額が大きく軽減されるので、初期費用の回収ペースがグンと上がり、元が取れる確率も上がります。

補助金制度を利用するためには様々な条件をクリアする必要があり大変ですが、太陽光発電で確実に元を取るためには補助金制度を積極的に利用しましょう。

太陽光発電の設置費用は高額だけれど元は取れる!設置を検討しよう!

今回の記事では、太陽光発電を設置して元は取れるのかを見てきました。

太陽光発電の設置費用は高額でしたし、維持費も必要です。

しかし、しっかりとした発電量さえあれば、元が取れることが分かりました。

また、家庭用蓄電池と併用で、初期費用の回収ペースが上がることも分かりました。

家庭用蓄電池は、災害対策としても有効です。

ぜひ、太陽光発電と家庭用蓄電池を併用できる環境を整えましょう。

▼関連記事はこちら

▼【無料】蓄電池の選び方でお悩みの方はこちら
売電が終了する方必見!蓄電池の選び方とは?
 
▼【無料】太陽光発電の選び方でお悩みの方はこちら
電気代を節約したい方必見!太陽光発電の選び方とは?
 
▼【無料】お問い合わせ・お見積もり依頼はこちら無料のお問い合わせ・お見積もりはこちら!
リノベステーションでは、手続きが面倒な補助金申請も一部代行しております。
 
▼お取扱い商品はこちら

蓄電池
太陽光発電
パワーコンディショナ
エコキュート
IH
外壁塗装
ポータブル電源

 

この記事の監修者

『お客様に寄り添うこと』をモットーに日々の業務に取り組んでおります。
太陽光発電の活用方法や蓄電池の導入などのご相談は年間2000件以上頂いており、真摯に問題解決に取り組んできました。
光熱費削減に関するお悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

光熱費削減コンサルタント

中田 萌
蓄電池やリフォームに関する
ご相談やお見積もりは
完全無料です!
電話ですぐにご相談!
無料
通話
受付時間:9:00-18:00(祝日除く)
WEBからお気軽にご相談!