蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【千葉県】蓄電池を購入したときは補助金制度を活用してもっと安く

蓄電池 2021年10月12日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

(差し替え)【千葉県】蓄電池を購入したときは補助金制度を活用してもっと安く

災害時の電気利用やエコ、太陽光発電との併用といった目的で蓄電池の導入を検討される方が増加傾向にあります。 とはいえ、そこそこ初期費用がかかりますので少しでも費用を抑えて購入・導入することが大切になってきます。 そこでこの記事では、千葉県にお住まいの方向けに蓄電池を導入する際に活用するべき補助金・助成金制度について解説していきます。

営業マン営業マンA

さらに、蓄電池以外の周辺設備についても補助金制度が適用されることがありますので、それらも含めて見ていきましょう!

蓄電池の補助金制度をチェックするべき理由【千葉県もチャンスあり】

補助金制度を利用するとなると、めんどくさそうと思う人も多いでしょう。 いちいち調べるのも大変だし時間がないといって諦めてしまう人が大半かもしれませんが、とてももったいないことをしています。

蓄電池の補助金制度を必ずチェックするべき理由は以下の3点です。

  • 補助金申請は全然難しくない
  • 補助金で10万円以上もらえる場合がある
  • 補助金制度の種類は片手で数えられるほど

補助金申請は全然難しくない

  • たくさん書類を集めなければならないのではないか
  • 調べることが多いのではないか
  • 調べても難しくて理解できないのではないか

営業マン営業マンA

蓄電池の補助金制度について、こういった不安を抱えているを抱えている人が大多数だと思いますが、実際はそこまで構える必要はありません。

補助金制度の案内はかなり親切になってきていますし、SNSやブログ等で蓄電池の補助金制度を実際に活用した方のアドバイスを仰ぎやすい状況です。 そのため、自力でなんとか解決しようとしなくても全く問題ありません。

補助金で10万円以上もらえる場合がある

蓄電池の補助金制度を活用することで10万円以上もらえる場合があります。 少なくとも数万円の補助を受けることができます。 いくつかの手続きをするだけで、そこそこのお金をもらえるのはかなりコスパが良いといえます。

補助金制度の種類は片手で数えられるほど

補助金制度は種類がたくさんあって、どれが該当するのかわからないという人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。 蓄電池の補助金制度は大きく分けて3種類しかありません。 この後、3つの蓄電池補助金制度について詳しく見ていきます。

【全部で3パターン】蓄電池の補助金はどこからもらえるか【千葉県】

千葉県にお住まいの方が利用可能である蓄電池の補助金制度を紹介していきます。

考慮するべき選択肢は以下の3パターンです。

  • 国から補助金をもらう
  • 県から補助金をもらう
  • 地方自治体から補助金をもらう

順番に1つずつ見ていきましょう。

国から補助金をもらう

国というよりは正確には「SII 一般社団法人環境共創イニシアチブ」という団体からの補助金になります。

SIIが出している補助金制度のうち代表的なものは「災害時に活用可能な家庭用蓄電システム導入促進事業費補助金」と言われるものです。

しかし、2021年5月現在では、補助金の交付申請の受付は行っておりません。 とはいえ、いつ復活するかわかりませんので、常に最新情報に目を通すようにしましょう。

県から補助金をもらう

次に千葉県が提供する蓄電池の補助金制度についてですが、こちらについても2021年5月現在では、補助金の交付申請の受付は行っておりません。 ただ、再び補助金制度の受付を始める可能性もありますので、「環境生活部循環型社会推進課温暖化対策推進班」をチェックするようにしましょう。 というわけで、千葉県にお住まいの方が蓄電池の補助金制度を利用できるかどうかはお住まいの自治体が補助金制度の申請を受け付けているかで決まります。

地方自治体から補助金をもらう

2021年5月時点で、千葉県の地方自治体からもらえる蓄電池の補助金制度はあります。

国や県の補助金制度よりも規模は小さめですが、倍率が低いことが考えられます。 また、国や県に比べて補助金制度に申請する際に不明点を聞きやすいメリットもあります。 千葉県の全ての地方自治体で補助金制度の受付を行っているわけではありませんので、お住まいの自治体のHPを確認してみましょう。

千葉県の自治体からもらえる蓄電池補助金の具体例を3つ紹介

それでは、千葉県の自治体からもらえる蓄電池補助金制度の代表例として千葉県の中で人口が多い地域TOP3である以下の3つの自治体について見ていきます。

  • 千葉市
  • 旭市
  • 浦安市

あくまでも代表例であり、これら3つの都市でしか補助金制度の受付を行なっていないというわけではありません。 なので、該当するお住まいの地域がない場合は「蓄電池 補助金 (お住まいの地域・都市名)」で検索してみてください。 なお、以下の情報については2020年5月現在の情報になります。

千葉市

千葉市の公式ホームページによれば、「定置用リチウムイオン蓄電システム」を設置する際の補助額が10万円とあります。

ただし、「定置用リチウムイオン蓄電システムは太陽光発電システムが既設または同時に設置する場合に限る。」と記載されていますので、注意が必要です。 その他、太陽光発電・エネファーム・ZEHなどの導入の際に補助金制度を活用することができます。

旭市

旭市についても補助金制度があり「住宅用省エネルギー設備設置補助金」という名称です。

令和3年4月から申請可能となっています。

補助金が申請可能な設備と補助額は以下の通りです。

  • 太陽光発電設備 :1kwあたり2万円で上限10万円
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限5万円
  • 定置用リチウムイオン蓄電システム :上限10万円
  • 太陽熱利用システム(自然循環型を除く) :上限5万円

こちらも千葉市同様、「設備を設置する住宅に太陽光発電設備が設置されていること」とありますので注意が必要です。 必要な書類や細かい条件など詳しくは旭市ホームページをご覧ください。

浦安市

浦安市の蓄電池補助金制度が含まれるのは「浦安市住宅用省エネルギー設備設置費等補助金(浦安エコホーム補助金)」になります。

こちらも令和3年4月から申請可能となっています。 浦安市の公式ホームページによれば、補助額の上限は10万円と記載されています。 千葉市や旭市同様、「太陽光発電システムを設置していること」とありますので誰でも申請可能というわけではありません。 また、「国が平成25年度以降に実施する補助事業における補助対象機器として、一般社団法人環境共創イニシアチブにより登録されているもの」という条件もありますので、蓄電池を選ぶ際に考慮するようにしましょう。

【千葉県】補助金は蓄電池だけではない?他の補助金制度もチェック

千葉県が提供している蓄電池の補助金制度は現時点ではありませんが、蓄電池の周辺設備については補助金制度があります。 なので最後に、千葉県の蓄電池以外の補助金制度についてまとめていきます。

千葉県は県として「千葉県住宅用省エネルギー設備等導入促進事業補助金」という補助金を出しています。

具体的には以下の設備に対してです。

  • 住宅用太陽光発電設備
  • 太陽熱利用システム
  • 家庭用燃料電池システム(エネファーム)
  • 窓の断熱改修

これらの補助金制度は常に受付しているわけではありませんので、該当する場合は最新情報を確認するようにしてください。

【まとめ】千葉県にお住まいの方向け蓄電池の補助金制度を解説

今回は、千葉県にお住まいの方に向けて蓄電池の補助金制度について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。 2021年5月現在では、国や千葉県から蓄電池に対する補助金制度はありませんが、各市区町村では補助金を出している地域は少なくありません。

営業マン営業マンA

対象の地域の補助金制度について公式ホームページを検索するか、役所に直接質問するようにしてみてください。

しっかりと補助金制度を活用して蓄電池の初期費用を抑えましょう。

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事