蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【仕組みを解説】蓄電池を活用して売電するのは本当に有効?

蓄電池 2021年10月12日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

【仕組みを解説】蓄電池を活用して売電するのは本当に有効?

蓄電池の1番の用途は、電気を貯めて使いたい時に使うことです。

しかし、必ずしも自分たちだけで使い切らなければならないというわけではありません。

余った電気を売るという選択肢を理解しておく必要があります。

そこで今回の記事では、蓄電池を活用して売電する仕組みとメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

【基礎知識】太陽光発電システムと蓄電池の仕組みをそれぞれ簡単に解説

売電どうこうの前に、太陽光発電システムと蓄電池の仕組みをそれぞれ理解しないことに始まりません。

なので、まずは太陽光発電システムと蓄電池についてそれぞれ基礎的な部分を解説いたします。

太陽光発電システムはどうやって発電してる?

太陽光発電システムを構成している主な機器は以下の通りです。

  • 太陽光パネル
  • パワーコンディショナー
  • 分電盤

それぞれの役割について見ていきましょう。

太陽光パネル

太陽光発電と言われてみなさんがパッとイメージするのがこの太陽光パネルだと思います。

住宅や公共施設の屋根にパネルが並んでのを見たことがあるのではないでしょうか。

このパネルで太陽光の光エネルギーをエネルギー変換して電気エネルギーにしています。

しかし、このパネルから出来た電気をそのまま使うことはできません。

そのため、家庭でも安全に使えるよう加工していく必要がありますが、そこで出てくるのがパワーコンディショナーになります。

パワーコンディショナー

太陽光パネルで作られる電気は直流です。

一方で、普段家庭でご使用になられている電気は交流になります。

そのため、このパワーコンディショナーという機器で直流の電気を交流に変換する必要があります。

分電盤

パワーコンディショナーで交流に変換した電気を実際に家庭の家電製品に分配するのが分電盤になります。

この分電盤は電気会社から送られてくる電気を家庭に送る際にも使われています。

そのため、売電する際には太陽光で作った電気を分電盤を通じて電気会社の配電線に供給することになります。

蓄電池を使うと何ができる?

蓄電池はその名の通り電気を蓄えるための機器で、何度も充電・放電することができる電気です。

災害時に頼りになることや、電気代の節約につながること、さらには「卒FIT」を迎える家庭にとってメリットが大きいことから最近注目度が高まってきています。

卒FITについては後ほど詳しく解説していきます。

【仕組みを理解】太陽光発電で発電した電気を売電する流れを解説

太陽光発電システムと蓄電池のそれぞれの基礎的な部分を抑えたところで、太陽光発電で発電した電気を売電する流れをまとめていきます。

以下の4ステップから構成されます。

  • 電気を作る
  • 作った電気を集める
  • 電気を変換する
  • 電気を使う・売電する

蓄電池を使うとロスが生じる理由

上記のステップ3で直流の電気を交流の電気に変換してお茶の間に届けることになります。

しかし、蓄電池では交流の電気は蓄えられず、直流の電気しか蓄えることが出来ません。

そのため、パワーコンディショナーで1回交流にした電気を再び直流に直して蓄電することになります。

電気を直流と交流で変換していると電気が減ってしまいますので、せっかく太陽光パネルで作った電気を無駄に減らしてしまうことになります。

蓄電効率を高めるには

ここまでの説明だけでは、蓄電池を設置する意味がないのではないかと考える人がいるかもしれません。

しかし、作った電気をできるだけそのままの電気量で蓄電する策があります。

それが、ハイブリッド型蓄電池と言われるものです。

このハイブリッド型の蓄電池では、家庭で使う分や配電線に送電するための電気は交流に、蓄電池で蓄電するための電気は直流のまま保存することが出来ます。

つまり、蓄電池に蓄電するために処理を行なうことで余計に失われていた電気を失わずに済むということです。

そのため、もともと太陽光発電システムのみを導入していて、新たに蓄電池の導入も検討されている方は、以下の点に考慮する必要があります。

  • 2台目のパワーコンディショナーを設置するのか
  • 既存のパワーコンディショナーをハイブリッド型のものにするのか

【どういう仕組み?】電気を蓄電池に貯めて売電が鉄板だった理由

ここまで、売電をするまでの物理的な流れを解説してきました。

なので、ここからはどういった仕組みで売電が行われるのか、売電するメリットが大きかった理由について見ていきましょう。

FITとは

売電の仕組みを理解する上で、「FIT」という仕組みを理解しなければなりません。

FITとは、再生可能エネルギーを普及させるために制定され、太陽光発電や風力発電といった再生可能エネルギーを電気会社が買い取る制度です。

日本のエネルギー問題を解決することを目的としたシステムになります。

FITによってどんな恩恵が得られていたのか

FITによって太陽光発電システムで発電した電気を電力会社が買い取ります。

そのため、1回太陽光パネルを設置してしまえば、お金を稼ぐことも出来てしまいます。

「太陽光発電投資」という言葉が作られたくらいです。

石油や天然ガスを燃やして作られた電気よりも高い金額で買い取ることになるのもメリットの1つと言えます。

【売電は時代遅れ?】蓄電池の必要性が高まってきている仕組みを解説
かつては太陽光パネルで大量に電気を作って、電気会社に売電するのが鉄板でした。

しかし、現在ではこの勝利の方程式はなくなりつつあります。

脳死で売電していれば良い時代が終わってしまった理由は以下の2つです。

  • FITの内容が変わった
  • 10年間でFITが終了する

FITの内容が変わった

FIT制度によって、太陽光パネルを設置して発電し余った電気を比較的高い価格で電気会社に売電することが出来ます。

とはいえ、電気会社の負担が大きく、採算を合わせるために電気代を上げることになります。

そのため、結果的に太陽光発電を行なっていないほとんどの家庭にとってデメリットが大きい制度でした。

そこで、FIT制度が見直され、電気の買取価格が大幅に減少しました。

つまり、余った電気を売っても高く売れないということです。

10年間でFITが終了する

実はFIT制度はいつまでも適用されるわけではありません。

太陽光発電システムを導入してから10年という期限が設けられていて、卒FITとも言います。

FITは2009年から施行されていますので、卒FITを迎えるという人がぼちぼち増えてきています。

卒FIT後だと、売電した電気の買取価格が減少してしまうため、あまりうま味がなくなってします。

売電するよりも自給自足に回す方がお得

  • 売電した際に出る利益
  • 余った電気を貯めておいて必要な時に使うことで節約できる電気代

この2つを天秤にかける必要があります。

特に卒FITを迎えた家庭にとってはどの電気会社に電気を売るのか、はたまた売電をやめるのかを判断することになります。

以上の理由から、ここからの時代は余った電気を売電するよりも自分で使う電気は自分で発電する方が賢い選択になるケースが増えてきます。

そのため、太陽光発電して余った電気をそのまま売電するのではなく、蓄電池に電気を貯める機会が増えることで蓄電池の重要性が増すと考えられます。

【蓄電池の重要性】電気を自給自足する時代に突入【売電の仕組みを理解】

今回は、太陽光発電システムで発電した電気を蓄電池に蓄え、売電する仕組みやメリット・デメリットについて解説してきました。

売電が効果的だった時代から少しずつ変わってきています。

その結果、蓄電池の重要性が高まってくることが予想されます。

決して売電がダメ、電気は貯めるべきということではなく、各々の家庭でどういった判断をするべきかをしっかり検討してから判断するようにしましょう。

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事