蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

太陽光発電で後悔した人は多い?後悔する原因と対策を紹介!

太陽光発電 2021年07月27日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

210727_7000

近年、世界中で大注目されている太陽光発電
地球に優しく、エコで光熱費削減にも役に立つ太陽光発電ですが、設置して後悔している人も一定数いるようです。

メリットが多いと思われている太陽光発電で、なぜ後悔してしまうようなことがあるのでしょうか?
後悔しないためにできる対策もあるので、合わせて解説していきます。

正しい知識を持ち、後悔しない選択をしましょう。

太陽光発電で後悔したのはなぜ?

太陽光発電で後悔してしまう理由は、知識不足準備不足が大きな原因です。

特に、慎重な業者選びをすることやメリット・デメリットをよく理解することが大切です。
しっかりとした正しい知識を持ち、信頼できる営業マンを選びぶと、後悔する確率を低くすることができます。

太陽光パネルの設置後に後悔してしまったケースをよく知り、対策を練りましょう。

後悔① 売電で多くの収入を見込んでいたから

太陽光発電が普及し始めた10年前よりも、現在の売電価格は減少傾向にあります。
なので、よほど多くの太陽光パネルを設置しない限り、大きな売電収入は見込めません。

太陽光パネルを購入する時、営業マンに「売電により多くの収入が見込めます」と言われた場合は注意しましょう。

また、収入を得たい場合には入念なシミュレーションが何より大切です。

後悔② 太陽光パネルで近隣住民に迷惑を・・

太陽光パネルを設置した角度によっては、近隣の住民に迷惑をかけてしまうことがあります。

特に住宅街や近隣に住宅が近い場合は、設置する位置に気をつけましょう。
近所の家のリビングや寝室のような、よく使用する部屋に光が反射してしまった場合、トラブルになりかねません。

通常、設置する会社がよく検討するものです。
しかし、より多くの発電をしようとした結果、光の反射を見落としてしまうケースもあるのでしっかりと確認を行いましょう。

後悔③ 悪質業者に騙された人も!

近年の太陽光パネルや蓄電池の需要増加を受け、悪質な業者が増えています

相場よりも高い金額で太陽光パネルを設置する業者や、ほとんど発電していないような粗悪品を売る業者も存在しているようです。
特に、いきなり来る訪問販売で契約してしまうと、後悔する確率も上がるので注意しましょう。

また、悪質な業者の中には強引に契約を迫る営業マンもいるようなので、強引だと感じた場合ははっきりと断りましょう
はっきり断ることが出来ない人は、対面で対応しないようにするとよいでしょう。

後悔④ シミュレーション不足

太陽光パネルを購入する時に、しっかりとシミュレーションしないと後悔する原因になってしまうかもしれません。

太陽光発電は、天気や日の当たり具合によって発電量が変動してしまいます。
天気による発電量の変化を加味し、しっかりシミュレーションしておくことが大切です。

また、災害や停電の時にどう使用したいのか、売電をしたいのかなどしっかりと方針を考えておくとより詳しいシミュレーションが可能になります。

後悔⑤ デメリットを知らなかった

天気によって発電量に大きな差が出ることや設置費用の高さ、メンテナンスなどが太陽光発電のデメリットです。
正しい知識を持たないまま太陽光パネルの購入・設置をしてしまうと「こんなはずじゃなかった」と後悔する原因になってしまいます。

また、デメリットをよく説明してくれない営業マンには気をつけましょう

デメリットやリスクをしっかりと理解していないと、予想外なことが起きた時に後悔してしまいます。

太陽光発電におけるメリットとデメリットは?

どんなことにもメリットとデメリットは付き物ですが、よく理解し知識を持つことでよい選択ができます
長期間使用する太陽光パネルを設置する際には、よくメリットとデメリットを理解し、自宅や自分の生活に必要かどうかをしっかりと考える必要があります。

太陽光発電のメリットは停電対策をし安心できること

地震などの影響で停電の多い日本において、停電対策として使用できることは最大のメリットだと言えます。
同時に、日常においても光熱費の節約やクリーンエネルギーによる地球への貢献など、様々なメリットがあります。

また、停電が起こることへの心配や光熱費節約のストレスなどの、小さなストレスが減ることもメリットだと言えます。

太陽光発電のデメリットは初期投資が大きいこと

対して、太陽光のデメリットは本体や工事費などの初期投資費用の多さです。
初期費用には、太陽光パネル本体の費用に加え、工事が必要となり決して安いとは言えない金額が発生します。

また、天候により発電量が左右されること、メンテナンスの費用がかかることもデメリットだと言えるでしょう。

太陽光発電で後悔しないための対策は?

太陽光発電や太陽光パネルの導入で、後悔しないためにできる対策は「正しい知識を持つこと」です。
正しい知識を持ち、リスクやデメリットをよく理解して太陽光パネルを導入することで後悔する確率をぐっと減らすことができます。

1番大切なのは業者選び!信頼できる業者を

まず、1番大切だと言えるのは信頼できる業者や会社を選ぶことです。
会社が扱っている太陽光パネルの値段だけで選んでしまうと、後悔してしまうかもしれません。

太陽光パネルを設置してもらう会社を選ぶときは、要望をしっかり把握して丁寧に説明してくれるかを基準に選ぶとよいです。
太陽光パネルは長期間使用することもあり、メンテナンスや何かあった時の相談などで、購入後も設置会社と関わりが出てきます。
長期間、気持ちよくお付き合いができそうな、信頼できる会社を選びましょう。

また、プライバシーマークがある会社であれば、適切に個人情報を扱うことができ、信頼できるという基準になります。

シミュレーションは入念にしよう

シミュレーションを入念に行うことも忘れてはいけません。
メリットとデメリットをしっかりと把握し、できるだけ細かなシミュレーションを行うとよいでしょう。

しかし、必ずしもシミュレーション通りに運用できるとは限らないので、シミュレーションに頼りすぎないことも大切です。

また、ローンでの太陽光パネルを設置を考えている人は、ローンの返済計画もしっかりと行いましょう。

太陽光パネルは光熱費削減にも役立ちますが、ローンの支払い分の光熱費が削減できるとは限りません。
大きな効果を得ようと無理して大きな容量を選ばないようにすることも大切です。

メリットとデメリットをよく理解しよう

メリットとデメリットをよく理解することも、後悔しないために大切なことです。
「こんなはずじゃなかった」となる前に、リスクを予知し回避しましょう。

また、メリットだけを言い、デメリットを教えてくれない営業マンは要注意です。

太陽光発電×蓄電池の組み合わせで安心した生活を!

脱炭素化やエコへの関心の高まりにより、太陽光パネルと家庭用蓄電池への需要が高まっています。

蓄電池と一緒に太陽光パネルを設置した場合には夜間にも発電した電気を使用することができます
太陽光パネルと蓄電池を合わせて使用することで、大幅な光熱費の削減が見込めるだけではなく、強力な停電対策が完成します。

また、現在多くの市町村で蓄電池への補助金が設定されており、お得に設置することも可能です。

太陽光発電は後悔していない人も多い!家庭に合った判断を

太陽光発電や太陽光パネルの設置により、後悔している人がいることも事実ですが、快適な生活を送っている人がいることも事実です。

何より大切なのは、自分自身が正しい知識と理解を得ること。
悪質な業者に騙さらないためにも、正しい知識を持って検討しましょう。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事