蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

太陽光発電はつけない方がいいの?理由は?太陽光発電について知ろう

太陽光発電 2021年07月28日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

210728_7000

「太陽光発電の導入を検討しているけど、実際につけるのは考えちゃうな」と思われている方は多いのではないでしょうか?

今回は太陽光発電をつけることをためらわれる理由を考察し、どんな方におススメなのか解説します。
こちらの記事を参考にして、実際に導入するか判断してみてください!

太陽光発電をつけない人が多い理由とは?

冒頭でも説明しましたが太陽光発電をつけるか検討している方は実際に多いと思われますが、なぜためらわれるのでしょうか?

それでは太陽光発電のデメリットについて触れてみましょう。

太陽光発電をつけない理由1「費用が高いから」

こちらでは費用による理由について考察します。

太陽光発電の初期費用が高い

太陽光発電の設置費用が高いことはよく言われていますが、実際の金額はどの程度なのでしょうか?

  • 太陽光を集める「ソーラーパネル」約19万円 
  • 集めた太陽光を電力に換える「パワーコンディショナー」 約4万円 
  • 架台約2万円 
  • 工事費約6万円

このように最低でも30万円は費用が必要となります。
この計算は1kwあたりの計算なので、さらに設置個数を増やす場合はさらに費用が高くなります。

メンテナンス費用が高い

太陽光発電は経年劣化による事故や故障等を未然に防ぐため、約4年周期で定期点検が推奨されています。
その際にかかる点検費用は1~2万円とされています。

パワーコンディショナーは寿命が10~15年とソーラーパネルよりも短く先に交換する時期がきます。この際の交換費用は工事費込みで20~30万円とされております。
それだけでなく、本来ソーラーパネルの清掃は必要とない設計となっていますが鳥のフンなどのこびりついてしまった汚れは落ちないため、清掃が必要となります。

その際にかかる費用は3万円以上とされております。
もし個人で清掃する場合はカルキが入った水道水で洗うと乾燥した際に跡が残り稼働に支障が出てしまう可能性もあるため、導入したソーラーパネルの清掃方法を正しく理解しておく必要があります。

廃棄費用が高い

太陽光発電の利用をやめようと思った際にも廃棄費用が必要となり、1kwあたり1~2万円とされています。

太陽光発電をつけない理由2「住んでいる環境」

続いては住んでいる環境による理由について考察します。

日当たりが悪い家に住んでいる

太陽光発電が発電するには完全に太陽に依存するため、住んでいるご家庭が住宅に密集されており太陽があたりづらい場合や、住んでいる途中にマンションが建設されて日当たりが悪くなった場合など太陽があたりづらくなってしまうと発電効率が格段に落ちてしまいます。
ですので周りに田舎の地域など周りに高い建造物がない地域では相性が良いですが、都心などビルや住宅が多い地域ですと相性はあまりよくないと言えます。

雨や雪が多い

上記では田舎の地域の方が相性が良いと説明しましたが、雨が多い沖縄方面の地域や冬の降雪量が多い東北方面も時期によっては、発電効率が悪い場合があります。
ただし雨が多い場合でも日照時間が長い沖縄方面は、その分発電できるタイミングが多いため取り返す可能性も十分にあると言えます。

台風などの自然災害が多い

太陽光発電は屋根に設置する場合が多いため台風が多い地域ですと、故障や事故のリスクがそれだけ多くなってしまいます。
その点を見越して導入する際にしっかり保障に入っておくことが重要となるでしょう。

ただし、太陽光発電と同時に蓄電池を導入しておけば電力を貯めておくことが出来るため災害時に停電が起きた場合でも電気の使用が出来ますのでデメリットだけではないと言えます。

「太陽光発電はおすすめ?」つけない方におススメしたい理由とは

ここまで太陽光発電の導入をためらわれる理由について考察しましたが、ここからは設置をおススメする理由について解説します

オール電化なら太陽光発電と蓄電池の設置がおすすめ!

近年、取り入れている家庭が多くなってきているオール電化住宅ですが、太陽光発電と蓄電池をセットで設置することで節電効率が大幅にアップします!
オール電化住宅はガスを使用せずにその分を電力で補うので当然電気代が高くなります。

しかし太陽光発電と蓄電池を利用することで、発電した電力をそのまま利用余った分は貯めておくが出来ます。
さらにオール電化住宅は夜間の電気料金が安くなるプランがありますので、これらをうまく取り入れることで節電対策につながるといった仕組みが出来ます。

太陽光発電がもたらす「断熱効果」

太陽光発電を設置することで断熱効果も期待できます。
夏場は涼しく、冬は暖かくなるというものですが、どんな仕組みなのかを説明します。

ソーラーパネルを屋根に設置します、当然屋根への直射日光は通常よりも軽減されますので夏場は涼しく生活が出来ます。(少なくともマイナス2~5℃は期待できるとされています。

では冬場は何故暖かくなるのでしょうか、それはソーラーパネルを設置することで屋根からの放射冷却を抑えるためとされています。

自然災害時などの停電時にも利用できる「自立発電」

太陽光発電をつけない理由でも少し説明しましたが、太陽光発電を導入することで自然災害が起きてた場合の停電時でも、日光があれば自立発電によって電力を使用することが出来ます。

停電時に電力が使えれば電気ケトルや炊飯器、IHコンロが使用できますので調理等が出来ます。
これは災害時には大きなメリットです。

ただし太陽がないと電力の使用が出来ないため、電力を貯めることが出来る蓄電池を同時に設置することをおススメします。

「理由を知ろう」太陽光発電をつけないと月々の電気代はどう変化する

それでは一番気になる太陽光発電をつけた場合の月々の電気代はどれくらい変わるかを考えてみましょう!

暮らし方によって電気使用率が違うため一概に言えませんが、日中は共働きのためほとんど家におらず夜間の電気利用が主な方は設置の電気料金が1万円に対して、設置後は約9000円となりそこにプラスで売電収入が8000円ほどあります。
別の4人家族で日中も電気を使用するご家庭では設置前の電気代が15000円に対して、設置後は11000円台になり売電収入が約6000円ほど得ています。

つまり節電出来ている料金は最低でも1000円プラスで売電収入が5000円以上あります。
もちろん 電気の使用率や発電量で変動はありますが、上手にやり繰りすることでさらに節電&売電収入を揚げることが出来るでしょう。

以上のような方法で太陽光発電の費用の元を取ることも十分に可能と言えます。

【まとめ】「つけないのは損?」太陽光発電をおススメしたい理由とは

以上、太陽光発電をつけない理由とおススメしたい理由についてまとめました。
太陽光発電は費用や維持など大変な部分が多く、検討はするけどなかなか1歩踏み込めない方が多いかと思います。

しかし導入さえしてしまえば、節電と売電収入の期待が出来るため暮らしを豊かにするには非常におススメです。

もちろん相性もあると思いますので、ご自身の現状や費用面など計算をしっかり行ったうえで導入するようにしましょう!

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事