蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

オムロン蓄電池の特徴・評判や選び方のポイントを詳しく紹介

蓄電池 2021年08月31日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

オムロン蓄電池は、さまざまあるメーカーのなかでも高い人気があります。

しかし、多くの製品が販売されているため、どれを選んだらよいか悩んでしまうかもしれません。

 

この記事では、オムロン電池の製品ごとの違いや、選び方を解説します。

 

オムロン蓄電池の口コミ・評判を2つ紹介

ここでは、オムロン蓄電池の口コミ・評判を以下に解説していきます。

なかでも暮らしに合った蓄電池が見つかったことに対して良い評価を集めていました。

 

我が家の暮らしに合っていた

余剰電気量があったので、蓄電器の設置を検討していました。

余剰電気の量や停電が発生した際に使いたい電化製品がどれかを考えたときに、オムロンが合っているなと思い、設置しました。

(オムロン蓄電池 6.5kw設置 神奈川県S様)

 

豊富なラインナップから最適なものが見つかった

売電が終わることと電気代が高くなることに備え、蓄電池を探しました。

いろいろなメーカーで悩みましたが、オムロンはラインナップが豊富だったので、自宅に最適なものを見つけられました。

(オムロン蓄電池9.8㎾設置  埼玉県K様)

 

  • オムロン蓄電池の製品ラインナップと特徴
  • オムロン蓄電池は、以下の4つのラインナップが用意されています。
  • オムロン蓄電池「KPAC‐Aシリーズ」の特徴(ハイブリッド蓄電システム)
  • オムロン蓄電池「KPAC‐Bシリーズ」の特徴(ハイブリッド蓄電システム)
  • オムロン蓄電池「KP55Sシリーズ」の特徴(ハイブリッド蓄電システム)
  • オムロン蓄電池「KPBP-Aシリーズ」の特徴(マルチ蓄電プラットフォーム)

 

以下に、それぞれの特徴を解説します。

 

1. オムロン蓄電池「KPAC‐Aシリーズ」の特徴

オムロンが提供しているKPAC‐Aシリーズは単機能型蓄電池です。

蓄電池容量が6.5kWhと9.8kWhの2つのシステム構成を用意しています。

住宅用の蓄電池だけでなく産業用としても使用できる蓄電池になっています。

 

KPAC‐Aシリーズの最大の特徴は、世界最小で最軽量クラスのコンパクトサイズであることです。

他メーカーの蓄電池に比べて小型サイズになるので、狭いスペースでも問題なく設置できます。

加えて最軽量クラスの蓄電池となるため、施工時の工数を削減することが可能です。

 

また、KPAC‐Aシリーズは単機能型蓄電池となるため、他メーカーの太陽光発電との相性が良いです。

すでに太陽光発電を設置している方は他メーカーであってもほとんどのケースで接続することができるでしょう。

 

ただし、単機能型は停電時の太陽光発電の効率がハイブリット型に比べて良くありません。

それでも単機能型はハイブリット型に比べてkWhあたりの金額が安い傾向にあります。

つまり停電時の太陽光発電の効率が悪い分、蓄熱電池の容量でカバーしようと設計されているのです。

そのため、KPAC‐Aシリーズはハイブリット型のシリーズよりも金額を抑えつつ、蓄熱電池の容量が多いものを手に入れることができるでしょう。

 

2. オムロン蓄電池「KPAC‐Bシリーズ」の特徴

KPAC‐Bシリーズの最大の特徴は1日放充電を繰り返し使っても保証が受けられることです。

蓄電池は、放充電を繰り返すことで劣化していくため、一般的なメーカーでは保証に放充電の回数を設けている場合があります。

 

しかし、KPAC‐Bシリーズは放充電を繰り返し行っても保証の対象となるのです。

そのため、蓄電池容量が4.2kWhと少ないですが、2サイクル利用することで実質8.4kWhになります。

 

たとえば、昼間の太陽光発電で充電した電力を夜に使用し、夜の安価な夜間電力で充電した電力を朝使うなどの使い方ができます。

これによって効率的に電気が使用できるため、電気代を抑えることができるでしょう。

また、保証の内容には15年の期間と蓄熱容量70%以上としています。

一般的なメーカーは10年保証が多いなか、KPAC‐Bシリーズでは5年も長い保証なので、安心して長く使用できるでしょう。

 

3. オムロン蓄電池「KP55Sシリーズ」の特徴

KP55Sシリーズはハイブリッド型蓄電池になります。

蓄電池容量は6.5kWhのみですが、1台のパワーコンディショナ―のみで太陽光発電と蓄電池の兼用ができるため、単機能型蓄電池に比べて電気ロスを減らすことが可能です。

 

また、KP55Sシリーズも世界最小で最軽量クラスのコンパクト設計がされています。

横幅452mm、高さ656mm、奥行120mmとなるので、都市部で狭小な敷地でも問題なく設置することが期待できます。

他にも重塩対応タイプを用意されているため、海岸部にお住まいの方でも問題なく設置可能です。

 

4. オムロン蓄電池「KPBP-Aシリーズ」の特徴

KPBP-Aシリーズは3つのシステムと3つの容量から選ぶことができます。

以下に選べるシステムと容量をまとめました。

 

3つのシステム

  • 単機能型蓄電システム
  • ハイブリッド蓄電システム
  • 全負荷対応型ハイブリッド蓄電システム

 

3つの容量

  • 6.5 kWh
  • 9.8kWh
  • 16.4kWh

 

特に、全負荷対応型ハイブリッド蓄電システムと16.4kWhと大容量まで用意されているのが特徴です。

一般的にハイブリッド型の蓄電池は特定負荷型が多いです。

特定負荷型は、停電時に一部の回線しか使えないように制限されるため、電気を使える部屋が限られてしまいます。

 

しかし、全負荷型は停電時でもすべての回線が使用できるので、リビングや子供部屋など家中どこでも電気が使用できます。

その分使用電力は増えてしまいますが、そもそもハイブリッド型なので電気ロスが少ないです。

効率的に発電できるため、停電時に強い蓄電池といえるでしょう。

 

また、蓄電池容量が16.4kWhと大容量のものまであります。

これほど多く容量があると停電が長引く場合でも安心して電気が使用できます。

加えてこれほど大容量にも関わらず、蓄電池ユニットのサイズは、横490mm×高さ1010mm×奥行295mmしかありません。

非常に小さいので設置スペースに困ることもないでしょう

 

オムロン蓄電池を選ぶときのポイント

オムロン蓄電池を選ぶときのポイントは、暮らしに合った蓄電池を見つけたい場合や長く保証してもらいたい場合です。

 

暮らしに合った蓄電池を見つけたい

暮らしに合った蓄電池がわからない方は、オムロン蓄電池を検討するのがおすすめです。

先ほども紹介しましたがオムロンの蓄電池はさまざまなシリーズがあります。

シリーズごとに機能や蓄電池容量が違うため、暮らしに合った蓄電池が見つけやすいです。

 

たとえば、金銭的に余裕がない方は、単機能型で蓄電池容量の少ないものを選ぶことで金額を抑えることができます。

一方で、金額よりも機能面を重視する場合はハイブリット型で蓄電池容量が大きいものを選ぶことも可能です。

オムロン蓄電池のように多くの商品を揃えているメーカーは少ないため、暮らしに合った蓄電池が見つけやすいでしょう。

 

長く保証してもらいたい

長く保証してもらいたい方もオムロンの蓄電池がおすすめです。

一般的なメーカーの保証期間は10年であることが多いです。しかし、オムロンの蓄電池はシリーズによって保証期間を15年も設けています。

 

たとえば、KPAC-Bシリーズの保証期間は15年も設けられています。

また、蓄電池容量も70%を保証してくれるので安心して使い続けることができるでしょう。

 

ただし、KPAC-Bシリーズに限るので他のシリーズは10年です。

それでもここまで保証してくれるメーカーは他にないので、故障やトラブルが心配な方にとってはありがたい保証です。

 

暮らしに合った蓄電池ならオムロン蓄電池がおすすめ

オムロン電池は他のメーカーに比べてさまざまな製品がありました。

製品ごとに特徴が異なるため、暮らしに合った蓄電池が見つけやすいです。

金銭面を優先するなら単機能型を選べばよいですし、機能面を優先するならハイブリッド型も選べます。

 

また、オムロン蓄電池はほとんどの製品がコンパクトな作りをしているため、設置後も違和感がないでしょう。

オムロン蓄電池はさまざまなお客様のニーズに答えることができます。

 

リノベステーションではオムロンやファーウェイを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事