蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

家庭用蓄電池の価格はどれくらい?設置にかかる費用の目安

蓄電池 2021年09月30日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

家庭用蓄電池を選ぶ際のポイントとして、容量や性能といったものがありますが、価格も非常に気になるところです。

しかし、さまざまなメーカーから多種多様な製品が発売されているため価格幅が広く、相場が分かりづらいという点があります。

今回の記事では、蓄電池の導入費用を見極めるうえで、押さえておきたいポイントを中心に解説していきます。

家庭用蓄電池の価格はどれくらい?

家庭用蓄電池の価格帯は、90万~400万円と幅広い価格帯になっています。

これは、蓄電池の電池の種類、容量、機能、メーカーによって価格に違いが生じるためです。

ここでは、上述の要因が蓄電池の価格にどのように影響しているのかについて、解説していきます。

蓄電池の種類と容量が価格に与える影響

蓄電池に使われている電池にはいくつか種類があります。

その中で、主に使われている4つの電池の特徴について紹介します。

<鉛蓄電池>

最も古くから存在する電池のひとつで、安価で長寿命ではありますが、重量・サイズともに大きいことがデメリットとしてあります。

<ニッケル水素電池>

過充電・過放電につよく、リチウムイオン電池登場までモバイル機器のバッテリーとして広く利用されていました。

<リチウムイオン電池>

小型でありながら大容量であるため、パソコンやスマホといった電子機器で特に普及している電池です。

<NAS電池>

工場のバックアップ用の蓄電池としても使われており、現在は日本ガイシだけが唯一開発・生産しています。

 現在、家庭用蓄電池に使われている主要な電池は、リチウムイオン電池です。

経済産業省が出している2020年生産動態統計年報では、リチウムイオン電池の1Kwhあたりの価格は12.2万円(販売価格44,479,000万円/販売容量 3,643,962 kWh)となっています。

つまり、蓄電容量が増えるほど電池の価格が上昇するため、蓄電池の価格帯にも大きく影響がでてきます。

機能やメーカーが価格に与える影響

・単機能型とハイブリッド型

家庭用蓄電池は、パワーコンディショナーの違いによって、単機能型とハイブリッド型に分けられます。

単機能型は、太陽光発電システムと蓄電池それぞれにパワーコンディショナーが必要となります。

一方、ハイブリッド型は、太陽光発電システムと蓄電池のパワーコンディショナーを一体にしたものです。

蓄電池の本体価格で比較すると、ハイブリッド型の方が単機能型より高くなります。

・特定負荷型と全負荷型

上述以外にも、家庭用蓄電池には特定負荷型と全負荷型にも分けられます。

特定負荷型は、停電時にあらかじめ決めておいた部屋の一部に電気を供給するものです。

これに対し、全負荷型は、停電時に家全体に電気を供給します。

後者の方が高い性能を必要とするため、蓄電池の価格も高くなります。

・メーカーごとの違い

上述以外でも、メーカーごとのサービス内容や、蓄電池の性能によっても料金に違いがでてきます。

ここでは、国内メーカー3社の蓄電池の価格一例を参考までに紹介します。

<シャープ>クラウド蓄電システム(蓄電池本体+ハイブリッド型パワコン+マルチエネルギーモニター)(4.2kWh) 価格195万8千円~(税込)

<パナソニック>リチウムイオン蓄電システム スタンドアロンタイプ(3.5kWh)138万6千円(税込)

<ニチコン>単機能蓄電システム(4.1kWh) 99万8千円(税込)

 

家庭用蓄電池の設置にかかる費用の内訳

家庭用蓄電池の設置するための工事には、大別すると「基礎工事」「設置・取付工事」「配線工事」があります。

工事の内容によって設置費用は多少の変動がありますが、設置にかかる相場は20~30万円と言われています。

次に、設置工事の大まかな内容と料金変動のポイントについてみていきましょう。

基礎工事費

蓄電池を設置する場所は、硬い地盤と地面から十分な高さが必要となります。

そのため、設置予定の場所がこのような状況にない場合は、コンクリートを打設して基礎を作る必要がでてきます。

または、蓄電池のメーカーや種類によっては、簡易基礎を用いる場合があります。

基礎工事の作業の有無や内容によって、全体の工事費用は大きく変わってきます。

なお、屋内に設置する場合、基礎工事は不要となります。

設置・取付工事費

本体が倒れないように固定する必要がある場合は、アンカーなどで基礎に固定します。

屋内設置の場合は壁に固定しますが、壁面の種類によって施工方法も変わってきます。

また、本体以外にもパワコンなどを壁に取り付ける必要がある場合も、これによって料金が変わります。

配線工事費

配線工事費は、工事の内容だけではなく、使用するケーブルの長さ・本数など部材によっても費用は変動します。

全負荷型と特定負荷型の蓄電池の工事では、停電時に電力をカバーする範囲に違いがありますので、配線工事の内容も費用も異なります。

また、太陽光発電システムを利用している場合では、太陽光発電側のパワコンと蓄電池側のパワコンを接続させる工事も必要となるため、追加で費用が発生します。

その他の費用

上述以外の費用では、蓄電池の運送費や、電力会社への接続契約の申請手続き費用といったものがあります。

また、太陽光発電システムを既に利用しており、ハイブリット型の蓄電池を新設する場合では、太陽光発電側のパワコン撤去費用が別途かかることがあります。

今回紹介した以外の費用が見積もりに記載されている場合は、どういった内容の見積もりであるのか、事前に確認しておくと良いでしょう。

家庭用蓄電池の価格見積もり依頼のポイント

不必要な出費を避けるためにも、信頼のおける業者に見積もりを依頼することが重要と言えるでしょう。

つぎに、安心して見積もり依頼するための大切なポイントについて解説します。

施工実績あり保証がしっかりしている業者を選ぶ

蓄電池の販売・施工を取り扱う業者は数多くいますが、中には不当な施工料金を要求する販売業者もいます。

また、安さを売りにしている業者は、アフターフォローや保証が無いケースもありますので、こちらも注意が必要です。

見積もりを取る前に、販売業者のHPなどで施工実績、保証の有無、メーカーの取り扱い数など確認しておくと良いでしょう。

自社施工を行っている

販売業者の中には、蓄電池商品の販売のみ扱っており、施工は他社に外注するケースがあります。

この場合だと、他社に施工を外注することで仲介手数料などが発生し、余計な費用がかかる可能性がでてきます。

また、施工の見積内容に不明点があっても、自社で施工を行っていないため、こちらからの問い合わせにきちんと対応してもらえない事も考えられます。

このため、販売から施工までを一貫して行っている業者に見積もりを依頼した方が、全体的にみて効率がよくコミュニケーションも取りやすいと言えるでしょう。

質問や不明点に真摯に答えてくれる

家庭用蓄電池は使用年数が長いため、施工後もアフターフォローなどで販売業者との付き合いは続いていくことが考えられます。

そのため、何でも聞ける良好な関係性を築くことは大切になってきます。

蓄電池の仕様や施工に関しては、聞き馴染みのない用語が多く、見積もり前に質問や不明点が多くでてくるかもしれません。

これらの質問や不明点に分かりやすく答えてくれるかどうかも、見積もり依頼する業者選びの大切なポイントといえます。

蓄電池購入前に本体費用と設置に関する工事費用を知ろう

蓄電池の価格は、蓄電池の容量や使用されている電池の種類、性能やメーカーの違いによって変わってきます。

また、蓄電池の設置工事の内容によっても、料金は変動します。

まずは、蓄電池の使用目的から、どこまでの容量・性能を必要とするのか明確にした方が良いでしょう。

それから、希望に応じた製品が各メーカーにあるかどうか調べるといいかもしれません。

もしくは、蓄電池を取り扱っている販売店に相談するというのもひとつの手です。

今回の記事を参考に、ご家庭のご利用シーンに合った蓄電池を見つけてください。

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事