蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

蓄電池はレンタル・リースと購入のどちらがお得か徹底比較

蓄電池 2021年09月04日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

蓄電池のレンタル・リースと購入、どちらがお得になるのか疑問に思う方も多いはずです。

そこで本記事では、蓄電池のメリット・デメリットをレンタル・リースと購入の2つに分けて解説していきます。

本記事を最後までご覧になることで、自身にとって最良の選択ができるでしょう。

 

蓄電池のレンタル・リース3つのメリット

まずは蓄電池のレンタル・リースのメリットを3つ解説していきます。

 

初期費用を抑えられる

蓄電池をレンタル・リースするメリット1つ目は、初期費用を抑えられることです。

蓄電池を購入する場合、蓄電池の本体代以外にも設置の工事費用などが発生するため、100万円前後の初期費用が必要となるケースがほとんどです。

 

一方、蓄電池のレンタル・リースであれば、基本的に月額料金に機器代と工事費が含まれています。

このことから、蓄電池の導入費用を大幅に抑えることが可能であり、初期費用をかけたくない方におすすめです。

 

メンテナンスや修理が必要ない

蓄電池のレンタル・リースにおけるメリット2つ目として、メンテナンスや修理が必要ないことがあげられます。

蓄電池は長年使っていくものであるため、購入したあとの定期的な点検や部品整備などは必要不可欠です。

蓄電池を購入した方の多くが「蓄電池のメンテナンスや修理が大変」などと思ってしまう傾向があります。

 

しかし、蓄電池のレンタル・リースの場合は上記のようなメンテナンスはレンタル会社が行うため、利用者側の負担はほとんどかかりません。

また、レンタル会社によっては手厚いアフターサービスが整っていることから、安心して蓄電池を利用できます。

何かあったときにレンタル会社へすぐに相談できることも1つのメリットです。

 

故障しても手間がかからない

蓄電池のレンタル・リースであれば、故障しても手間がかからないというメリットも考えられます。

通常、購入した蓄電池が故障した場合、故障の診断や買い替えなどは自身で行う必要があります。

仕事などで忙しい方にとっては、慣れない作業であるため手間がかかってしまうはずです。

 

一方、蓄電池のレンタル・リースであればレンタル会社が故障時の廃棄をしてくれるため、手間や費用が必要ありません。

「蓄電池における手間をできるだけ減らしたい」という方に、蓄電池のレンタル・リースはおすすめです。

 

蓄電池のレンタル・リース3つのデメリット

蓄電池のレンタル・リースのメリットをお話しましたので、反対のデメリットもみていきましょう。

 

長期間の契約が必要

まず1つ目のデメリットとして、長期間の契約が必要であることが考えられます。

蓄電池のレンタル・リースにおける契約期間は主に10〜15年程度だとされており、長期間の契約を要するレンタル会社が多いです。

 

「自宅と相性が悪い」「別の蓄電池に変えたい」などの理由で途中解約することは基本的にできません。

そのため、蓄電池のレンタル・リースを一度すると、長い間使い続けなければならないのです。

 

途中解約する場合は違約金がかかる

蓄電池をレンタル・リースするデメリット2つ目は、途中解約する場合は違約金がかかることです。

先程のデメリット「長期間の契約が必要」に関連するものであり、長期の契約期間中に解約すると違約金が発生してしまうケースがあります。

 

また違約金だけでなく、解約する時点での残リース代金や撤去費用などを請求される恐れも考えられます。

このことから、「とりあえず蓄電池をレンタル・リースする」という安易なことはできず、レンタル・リースは計画的に実施する必要があるのです。

 

長期利用は購入時より費用が高くなる

蓄電池のレンタル・リースにおけるデメリット3つ目は、長期利用は購入時より費用が高くなることです。

 

例えば、9.8kWhの蓄電池をレンタル・リースする際に、月々16,660円(税抜)かかるレンタル会社があったとします。

その場合、10年契約の総額は約200万円まで膨れ上がってしまうのです。

また、15年、20年と長期で利用するのであれば、さらに総額が高くなってしまいます。

 

蓄電池を購入すれば初期費用に100万円ほどかかりますが、長期間使ったとしても費用が膨れ上がるということは基本的にありません。

このことから、蓄電池を長く使い続ける方であれば、レンタル・リースよりも購入を選んだほうが得になる可能性もあります。

 

蓄電池を購入する3つのメリット

続いて、蓄電池を購入するメリットを解説していきます。

 

自宅に適切な蓄電池を設置できる

蓄電池を購入するメリット1つ目は、自宅に適切な蓄電池を設置できることです。

レンタル・リースの場合、あらかじめ用意された蓄電池の中から選ぶケースが多いですが、購入するのであれば自身が気に入ったメーカーや機器を選択できます。

 

そのため、ご家庭のライフスタイルや設置する目的に合わせた最適な蓄電池が設置できるのです。

 

継続利用すると割安になる

2つ目のメリットとして、継続利用すると割安になることが考えられます。

基本的に蓄電池は寿命を迎えるまで使い続けることが可能です。

メーカー保証は10年がほとんどではあるものの、問題なく15〜20年ほど使える製品が多い傾向にあります。

 

レンタル・リースであれば使えば使う分だけ費用が膨らみますが、反対に購入の場合は継続利用するだけ割安になるのです。

そのため、蓄電池を長く利用する予定の方は購入をおすすめします。

 

補助金が支給される

蓄電池の購入であれば、補助金が支給されることがあります。

家庭用蓄電池に関する補助金は大きく分けて以下の2種類が存在します。

 

  1. 国から支給される蓄電池補助金
  2. 地方自治体から支給される蓄電池補助金

 

国から支給される補助金は「環境共創イニシアチブ(SII)」という一般社団法人が運営しており、条件を満たせば最大約66万円の補助金を受け取ることができます。

 

一方で地方自治体の場合、各都道府県や市町村によって募集時期や補助の金額が異なります。

例えば、東京都であれば令和2年度の補助上限額は60万円で、令和3年度は42万円でした。[注1]

 

上記のように、蓄電池の購入で補助金が支給される可能性があります。

補助金を利用すれば総額を抑えて蓄電池を購入できるはずです。

 

なお、それぞれの補助金は時期や自治体によってさまざまであるため、事前に確認した上で検討しましょう。

 

[注1]東京都環境局 自家消費プラン(蓄電池導入への補助事業)

https://www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp/climate/home/jikashohi.html

 

蓄電池を購入する2つのデメリット

最後に、蓄電池を購入するデメリットを2つみていきましょう。

 

購入費と工事費がかかる

蓄電池を購入するデメリット1つ目は、購入費と工事費がかかることです。

蓄電池の購入費用は決して安いわけではなく、容量やメーカーによって異なりますが100万円前後する場合がほとんどです。

 

また、購入と同時に設置の工事費用がかかってしまうため、初期費用が膨大になる傾向があります。

そのため蓄電池を購入する際は、それら高額な初期費用を考慮しましょう。

 

メンテナンス費用が発生する

2つ目のデメリットは、メンテナンス費用が発生することです。

蓄電池を購入したあとは何もしなくていいわけではなく、定期的なメンテナンスや点検が必要となります。

 

専門的な業者に依頼すると、別途メンテナンス費用がかかる可能性も考えられます。

また、メーカー保証が切れたあとは修理費用も実費負担となるため、注意しなければなりません。

 

蓄電池のレンタル・リースと購入は自身に適切なほうを選択しよう!

本記事では、蓄電池のレンタル・リースと購入におけるメリット・デメリットをそれぞれ解説しました。

 

蓄電池のレンタル・リースには初期費用を抑えられるメリットがある一方、購入すれば長期的な利用で総額を抑えられます。

このことから、どちらか一方が正解というわけではなく、蓄電池を利用する方の状況や好みによって意見が分かれます。

 

自身に適切なほうを選択するためにも、蓄電池のレンタル・リースと購入のメリット・デメリットを深く理解しましょう。

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事