蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

タイナビ運営の株式会社グッドフェローズを紹介【太陽光発電・蓄電池】

太陽光発電 2021年09月19日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

「グッドフェローズってどういった会社なのだろうか。」

「タイナビは聞いたことあるけど、何が良いの?」

このような考えを持っている方はいませんか。

 

株式会社グッドフェローズは太陽光発電の比較ができるタイナビを運営しています。

しかし、グッドフェローズの特徴などはあまり知らない方も多いでしょう。

そこで今回は、グッドフェローズの特徴やタイナビの特徴、蓄電池と太陽光発電の情報などを紹介します。

 

蓄電池を売る株式会社グッドフェローズはどんな会社?

 

会社概要

 

まず初めに、グッドフェローズの会社概要から紹介します。

会社名

株式会社グッドフェローズ

所在地

東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル8階

設立

2009年3月6日

資本金

10,000,000円

役員

代表取締役 長尾泰広、代表取締役副社長 佐伯淳二

事業内容

エネルギーメディア事業、物販事業、電源開発事業、O&M事業、発電事業、セミナー事業

主要取引先

ミツウロコ、日本エコシステム、グーグル、ヤフー、四国電力、エコスマイル、リミックスポイント等

 

グッドフェローズの特徴

 

続いては、グッドフェローズの特徴について紹介します。

 

一括見積もりサイト運営

 

グッドフェローズの特徴一つ目は、一括見積もりサイトを運営していることです。

グッドフェローズのメインの事業は、太陽光発電を筆頭として、次世代エネルギーに関するコンサルティングや実態調査などといったマーケットリサーチです。

そして、その中の一つに「タイナビ」という一括見積もりサイトが存在します。

 

運営するサイトは蓄電池の「タイナビ蓄電池」、太陽光発電の「タイナビ」、産業用太陽光発電の「タイナビNEXT」、そしてオール電化の「タイナビオール電化」などがあります。

非常に多くのサイトを運営しているのがわかります。

さまざまな情報が蓄積されているので、安心・安全なサイトと言えるでしょう。

 

また、上記のインターネットサイト運営の他にも、国内外メーカーの産業用太陽光発電モジュールやパワコンなどの調達および販売も手がけています。

環境ビジネス向け商材も取り扱っているのがわかります。

 

複数社からの同時見積もり

 

続いては、複数社からの同時見積もりを受けられることです。

先ほど、多くのサイトを運営していると紹介しましたが、そのサイトを使えば複数社からの同時見積もりが受けられます。

 

例えば、タイナビ蓄電池を例にとってみましょう。

タイナビ蓄電池では、蓄電池の設置費用を最大5社から一括見積もりしてもらえます。

もちろんそれらは全て無料で提供されます。

 

見積もりをしてもらう時には、居住地や予算、希望導入時期、太陽光発電との連携の有無などの条件に答えていきます。

そして、それに応じて、提携業者からの情報が吟味されて提案される仕組みになっています。

 

また、人によってはより正確な見積もりが欲しいと考えている方も多いでしょう。

タイナビ蓄電池からの見積り依頼では現地訪問も可能です。

現地訪問をし、ライフスタイルなどを聞いてもらった上での見積もり依頼も可能になります。

 

適正価格を見極められる

 

最後は、適正価格を見極められることです。

先ほどの条件を入力することに関してですが、その作業は1分程度で行えます。

たったその作業で、複数の販売店からの見積もりをもらえます。

そのため、時間がないけれど、多くの会社に見積もりをとってもらいたい方にはうってつけのサービスです。

 

そして、複数社から来るため、適正価格を見極めやすくなります。

もし1社だけからしか見積もりを取らなかったら、高額な請求をされても気づかないでしょう。

複数社と見積もりを取り、あまりに高額な会社はないか見極めましょう。

 

また、あまりに低い場合にも注意が必要です。

後からさまざまな理由をつけて高額になったり、手抜き工事がされたりする可能性があります。

そのため、あまりに高い会社だけでなく、あまりに安い会社も避けるようにしましょう。

 

タイナビの特徴

 

続いては、グッドフェローズが運営するタイナビの特徴を紹介します。

4つ見ましょう。

 

顧客満足度が高い

 

1つ目は、顧客満足度が高いことです。

改めてタイナビについて説明すると、タイナビは太陽光発電事業に関する幅広い見積もり提案を行っています。

それは太陽光発電の販売・施工を行なっている業者の見積もり提案から、土地付き太陽光発電、産業用太陽光発電に関する見積もりまで、幅広いです。

 

そんなタイナビですが、ただ単に見積もり提案業務を行なっているだけではありません。

それだけでは人気が出ないため、タイナビではアフターフォローなどの見積もり以外のサービス相談を受け付けていることがあげられます。

こうしたユーザー目線があることによって、非常に高評価をもらっています。

顧客満足度98%という驚異的な数値を出しています

他の人も信頼しているからこその数値だと思うので、まだ使ったことがない方は使ってみても安心でしょう。

 

最大5件の一括見積もりが可能

 

2つ目は、最大5社からの一括見積もりが可能であることです。

これはタイナビ最大の特徴と言えるでしょう。

 

タイナビには選りすぐりの350社が加盟しています。

その350社から1度に5社まで一括見積もりを依頼できます。

他のサイトであれば3社までしか見積もりが取れないこともありますが、タイナビは5社から受けられます。

これは大きなメリットです。

 

見積りの依頼が簡易的にできる

 

3つ目は、見積り依頼が簡単であることです。

タイナビの見積もり方法は、webからの問い合わせです。

 

まずはタイナビ公式サイトへアクセスしましょう。

そこで住所と郵便番号を入力します。

 

それらを入力して終えたら、自宅にタイナビ担当者に来てもらって見積もりを行う「訪問見積もり」か、電話やメールで行う「簡易的見積もり」のどちらかを選びます。

より自分に合ったものが欲しい場合は訪問見積もりがやはりお勧めです。

 

最後に、築年数や屋根の形、自宅の立面図を所有しているかどうか、他にも蓄電池などが欲しいかどうかなどの質問に答えます。

これらの質問に答えれば、あとは担当者からの連絡を待つだけです。

 

これらの所要時間は約1分です。

隙間時間や空いた時間にササっと入力しましょう。

公式サイトを確認すればわかりますが、入力フォームはとてもシンプルで、わかりやすくなっています。

 

もし、タイナビを使わなかった場合、1人で太陽光発電業者を探し、その業者が良い業者か判断する必要があります。

そういったのは素人の人には難しく、時間がかかります。

そのため、タイナビのように素人でも簡単に行えるものを利用しましょう。

 

タイナビに掲載するための登録審査が厳しい

 

4つ目は、太陽光発電の販売・施工会社の登録審査が厳しいことです。

タイナビの評価が良い理由の一つには、そこに登録されている企業が優良であることがあります。

 

では、どのように厳しい基準を設けているのでしょうか。

それは「ペナルティ制度でクレームが多い企業は排除する」という仕組みです。

クチコミでは、「対応が悪かったためタイナビに連絡を入れたら即対応してもらい、かつ取扱業者から外す手続きも行ってくれた」といった趣旨のものもあります。

 

また、施工実績や保証などに関しても、タイナビが徹底的に調べて、評価対象に入れています。

購入希望者の意向に合わせて、良い企業を紹介してくれるので、利用者側は安心して使いましょう。

 

株式会社グッドフェローズの蓄電池と太陽光発電の組み合わせは抜群

 

太陽光発電と蓄電池の組み合わせは良い

 

ここまでは、グッドフェローズの特徴やグッドフェローズが運営するタイナビの特徴について紹介しました。

太陽光発電のタイナビや蓄電池タイナビなどが分かれていますが、実は太陽光発電と蓄電池の組み合わせはとても相性が良いです。

 

そこで、ここからは、太陽光発電と蓄電池の特徴について紹介します。

3つ見ていきましょう。

 

災害時の非常用電源

 

1つ目は、災害時に非常用電源として活用できることです。

最近では、震災や台風などの災害が増えました。

災害時は停電が起こることも多く、停電が起こると照明や家電が使えなくなります。

 

そんな時に太陽光発電と蓄電池があれば助かります。

太陽光発電は停電が起きたとしても電気を生み出すことができます。

そのため、非常用電源として活躍します。

 

しかし、1つ大きな欠点があります。

それは天候に左右されることです。

雨が降ったり、曇っていたりする時には太陽光発電は電気を生み出せません。

 

この弱点は補えないのでしょうか。

蓄電池があればこの問題が解決します。

蓄電池は電気を溜めておくことができ、必要になったら使えるため、太陽光発電が使えない時には蓄電池を用いて家電を使用することができます。

 

最近では蓄電容量や最大出力が大きくなっています。

そのため、電子レンジやIHクッキングヒーター、エアコンなどを使える蓄電池もあります。

災害時にこれらの家電が使えるととても安心できるでしょう。

 

夜間充電による節約

 

2つ目は、夜間充電をすることで節約できることです。

太陽光発電は日中の太陽が出ている時に発電できます。

そして、昼間にそれらの生み出した電力で消費電力を賄いつつ、蓄電したとします。

 

そうした場合、夜間に昼間蓄電した電力を使用することが可能になります。

このような循環を作ることができれば、電力会社から電気を購入する必要がなくなり、節約につながります。

 

ピークカットによる節電

 

3つ目は、ピークカットによる節電効果が期待できることです。

ピークカットとは、1日の間に最も電気使用量の多い部分を削減し、節電することを指します。

 

蓄電池と太陽光発電を組み合わした場合、電気使用量の多い時間帯に、太陽光や蓄電池の電気を使用して節電できます。

これは電気量を無理に減らしているわけではありません。

しかしながらピークカットを実現できるので、どのご家庭においてもメリットと言えるでしょう。

 

蓄電池の注意点

 

続いては、蓄電池の注意点について紹介します。

これらについては事前に知っておく必要があるので、頭に入れておきましょう。

 

価格が高い

 

まずは価格が高いことです。

家庭用蓄電池の価格は平均が約22万円/kWhとなっています。

日本トップでも15.4〜18万円/kWhです。

 

仮に3部屋程度ある住宅で、容量7.2kWhの蓄電池を導入しようとした場合は129万円程度になります。

一般的な収入のご家庭であれば簡単に支払える買い物ではないでしょう。

 

ただ、現在は自治体で補助金制度が整えられている場合があります。

それらを利用すれば安く抑えられます。

また、国をあげて電力の自家消費を目指しているので、今後安くなる可能性は大いにあります。

 

充電回数が無限ではない

 

続いては、充電回数が無限ではないことです。

蓄電池は充電・放電の繰り返しですが、何回も使えるわけではありません。

寿命があります。

 

蓄電池の寿命はサイクルと呼ばれています。

充電と放電を1セットとして、何回繰り返されるかを指し示しています。

このサイクル数はもちろんメーカーや環境、使用状況などで変わります。

 

そして、現在普及している家庭用蓄電池のサイクル数は6,000〜8,000回程度となっています。

このサイクル数であれば、およそ15年持つでしょう。

そして、このサイクル数は年々増え続けています。

そのため、近い将来は20年持つ蓄電池も現れるでしょう。

 

ちなみに、長持ちさせるコツは容量50%くらいを保つことです。

いっぱいの状態や空の状態だと電池への負担が大きくなります。

容量50%程で充放電を繰り返すようにしましょう。

 

置き場所を確保する必要がある

 

最後は、置き場所を確保する必要があることです。

蓄電池はエアコンの室外機ほどの大きさで、設置スペースが必要です。

蓄電池には、屋内に設置できるタイプと、屋外に設置するタイプの2種類あるため、自分がどちらに置きたいか事前に考えておくようにしましょう。

 

屋外に設置する場合、「直射日光を避ける」「高温多湿ではない」「重塩害地域ではない」といった条件があります。

これらに注意して設置場所を決めましょう。

 

屋内の場合は特に条件はありませんが、音には注意する必要があります。

寝室や勉強部屋といった、騒音に敏感な場所に置くことは避けると良いでしょう。

 

複数社の蓄電池を比較し購入したい方は株式会社グッドフェローズ

 

今回は、グッドフェローズの特徴やタイナビの紹介、蓄電池について紹介しました。

グッドフェローズの運営するタイナビを利用すると、厳選された企業の中で、5社まで一括見積もりを行えます。

これはタイナビならではの強みなので、太陽光発電や蓄電池を導入したい方は利用してみると良いでしょう。

 

また、蓄電池や太陽光発電に関する情報も今回紹介しました。

災害が多い日本だからこそ、災害に備えて導入してみるのをお勧めします。

 

リノベステーションではテスラやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事