蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

【おすすめ?】タンクレストイレのメリット・デメリット【広くなる】

トイレ・洗面所 2021年10月06日更新

タンクレストイレとは?メリットデメリット合わせて考える!

トイレのリフォームを機に、タンクレストイレを試そうと考えている方は多いですよね。

タンクレストイレはデザイン性や機能性という面からメリットが大きい一方で、思わぬデメリットも抱えています。

そこで、本記事ではタンクレストイレのメリット・デメリット、さらにおススメの製品について解説していきます。

最初に、忙しい方向けに本記事の内容を3行でまとめます。

  • タンクレストイレのメリットは主に、掃除の簡単さ、使い勝手の良さ、デザイン性、節水性能にある。
  • タンクレストイレはメリットばかり強調される傾向にあるが、デメリットとして、停電時に使えない、設置条件がある、高価であるなどが存在する。
  • おススメのタンクレストイレは、機能が高いレベルでバランスよくまとまっている「アラウーノ」「ネオレスト」「サティス」の3つである。

それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

メリットVSデメリットあなたはどっち?タンクレストイレ

従来のトイレの後部や下部に存在したタンクが、ついていないトイレです。

タンクは便器洗浄用の水を貯蔵し、洗浄のための水圧を調整する役割を担っていましたが、タンクレストイレでは水道から直接来る水で洗浄します。

タンクレストイレのメリット

掃除の簡単さ

タンクレストイレはタンク付きトイレに比べて、掃除が簡単です。タンクの分、丸々の掃除をする必要が無くなります。

また、タンクレストイレは窪みや接続部が少ないため、汚れがたまりやすく掃除のしにくい部位の掃除も無くなります。

そのため、掃除の手間はかなり減ります。

使い勝手の良さ

タンク付きトイレについては、トイレの水を連続で流すことができませんでした。

タンクに水が貯まるのを待つ必要があるからです。

しかし、タンクレストイレは、水道と直結しているため、連続で水を流すことができます。

また、水道と繋がっているからこそ、水量の調節もかなり自由に行うことができます。

デザイン性

トイレにおいて、無骨なタンクの存在感は大きなものです。

タンクレストイレではタンクが無くなる分、トイレがよりスッキリと広々とした印象に変わります。

また、単なる見た目としてもスタイリッシュでおしゃれです。

節水性能

タンクレストイレはより少ない水の量で、利用できるため節水性能が高いとされています。

一般的にタンク付きトイレに比べて、使用する水の量は約1/2~1/4と、非常に高い性能を誇っています。

詳しい節水性能に関しては、各製品の詳細を確認してみてください!

タンクレストイレのデメリット

タンクレストイレはメリットばかりが注目される傾向にありますが、もちろんデメリットも存在します。

あるいは、メリットを帳消しにするようなデメリットになる場合もあるので、しっかりと確認していきましょう。

別の場所に手洗い場が必要

タンク付きトイレはタンク部分がそのまま手洗い場になりましたが、タンクレストイレにはその部分が存在しません。

そのため、タンクレストイレを設置する場合は、トイレ内に新しく手洗い場を設置する必要があります。

停電時に使えない

タンク付きトイレは基本的に電気を使用せずに使うことができますが、タンクレストイレは電気が必須です。

そのため、災害や落雷によって停電が起きた際に、水を流すことが出来なくなります。

近年では乾電池でも動かすことのできるタンクレストイレも発売されているので、不安な方はそちらを利用することがおススメです。

設置条件がある

タンクレストイレは水道の水圧をそのまま利用して水を流しているため、戸建ての2階には設置できないという設置条件があります。

全ての戸建ての2階で設置できないという分けではありませんし、製品によっては特に縛りがないものもあります。

しかし、購入する際には本当に設置できるのか、しっかりと考える必要があります。

高価である

タンク付きのトイレと比べると、1万~5万円程度、値段が高くなります。

この金額の差をどのように捉えるかは、金銭的な事情次第だとは思いますが、タンクレストイレの方が高価であることは事実です。

ウォシュレットだけの交換ができない

タンクレストイレは、ウォシュレット一体型として作られています。

そのため、新しいウォシュレットが発売されたとしても、交換することはできません。ウォシュレットにこだわりのある方には、大きなデメリットになるかと思います。

また、便座が故障したとき、便座だけをすぐに交換することも難しいです。修理のためには、メーカーの窓口へ依頼する必要があります。

しかし、このような正規の窓口は信頼性がある一方で、料金が高くついてしまうのが難点です。

メリット多め?おすすめのタンクレストイレは【デメリットも考える】

ここでは特に機能バランスの良い3つのおススメのタンクレストイレを紹介していきます。

Panasonic「アラウーノ」

トイレメーカーとしてはあまり有名ではないPanasonicですが、アラウーノシリーズの評価は高いです。

汚れに強く掃除しやすい点が特徴です。

トイレを流すたびに便器内を洗浄してくれる「激落ちバブル」や、汚れの貯まりにくい「スキマレス設計」など清潔に保つための機能が豊富に揃っています。

価格帯は、約10万~30万円とグレードによって幅広いです。

TOTO「ネオレスト」

トイレメーカーとして有名なTOTOはタンクレストイレにおいても高い評判を誇ります。

入室→使用中→使用後→待機中と、トイレの各状態ごとに清潔さを保つための「キレイサイクル」という仕組みを導入しています。

他にも、トイレを少ない水で効率的に流す「トルネード洗浄」を導入するなど、節水にも注力しています。

価格帯は、約20万~50万円とこちらもグレードによる幅はかなり大きいです。

LIXIL「サティス」

TOTOと同様にトイレメーカーとして有名なLIXcILのタンクレストイレです。

デザインに注力しており、コンパクトな見た目でトイレに奥行きを持たせることが可能です。

また、スマートフォンでの操作や、ウォシュレットの微調整が可能であるなど、他のトイレに比べて機能面で少し変わった特徴を持っています。

価格帯は、約20万~50万円となっています。

【まとめ】タンクレストイレのメリットデメリットを把握しよう!

タンクレストイレはとても便利な一方で、不便な点も備えています。

ぜひ単純な特徴だけではなく、長期的に見た水道代やメンテナンスの問題なども念頭に、トイレを選んでみてください!

それでは、最後に本記事の内容を再び3行でまとめます。

  • タンクレストイレのメリットは主に、掃除の簡単さ、使い勝手の良さ、デザイン性、節水性能にある。
  • タンクレストイレはメリットばかり強調される傾向にあるが、デメリットとして、停電時に使えない、設置条件がある、高価であるなどが存在する。
  • おススメのタンクレストイレは、機能が高いレベルでバランスよくまとまっている「アラウーノ」「ネオレスト」「サティス」の3つである。/li>

本記事がタンクレストイレを選ぶ際の参考になりましたらうれしいです。

 

リノベステーションではテスラや田淵電機を始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事