蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

スマホ用ebookバナー画像

ソーラーカーポートとは?価格や種類、メリットやデメリットを解説!

太陽光発電 2021年12月13日更新

ソーラーカーポートは、今まで使い道がなかったカーポートの屋根スペースで太陽光発電ができる画期的なアイデアです。
すでに太陽光発電システムを設置している家庭でも追加できますので、導入を考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで本記事では、ソーラーカーポートの種類や価格相場、設置するメリットやデメリット、固定資産税について初心者でもわかりやすく解説していきます。
記事を読めばあなたにぴったりのソーラーカーポートの選び方が理解できますので、興味のある方はぜひ目を通してみてください。

ソーラーカーポートって何?特徴や種類、魅力を徹底解説

まずはじめに、ソーラーカーポートの特徴や魅力、種類やおすすめポイントについて詳しく解説していきます。

ソーラーカーポートとは?

ソーラーカーポートとは、文字どおりカーポートと太陽光パネルが一体化した発電システムのことです。
一般的なカーポートに使われるポリカ樹脂ではパネルの強度を保てないため、ソーラーカーポートには「折半(せっぱん)屋根」と呼ばれる金属製の屋根が使われています

今まで屋根としての役割しかなかったカーポートに発電機能を持たせることで、自宅の敷地を最大限に有効活用することができますね。
電気代が上がり続ける現在、すでに屋根に太陽光パネルを設置している家庭でも、追加でソーラーカーポートを導入する意義は大きいといえます。

ソーラーカーポートは大きく分けて2種類ある

ソーラーカーポートは、「パネルと屋根が一体になったタイプ」「市販のカーポートにパネルを乗せるタイプ」の2種類から選ぶことになります。

パネルと屋根が一体になったタイプは、余分なスペースが無いフラットな外見が特徴的です。
屋根の端から端までパネルになっているため発電量が大きく、限られた敷地でできるだけ多く発電したい方におすすめです。

市販のカーポートにパネルを乗せるタイプは、自分好みの機器ををそれぞれ選べる自由度の高さが魅力です。
パネルと屋根が一体のものより選択肢がはるかに多いため、安い機器を選べば導入コストを下げることも可能です。

【売電収入UP】こんな人にソーラーカーポートはおすすめ!

太陽光発電の売電収入を増やしたい方にはカーポートの屋根スペースで発電できる恩恵は大きいといえます。
屋根の形状や周囲の環境のせいでパネルの設置を諦めていた方にも、ソーラーカーポートはおすすめです。

売電収益や毎月節約できる電気代を考えれば、10〜20年で購入資金の元を取ることも不可能ではありません。
蓄電池と連携すれば急な停電時の予備電力としても活躍しますので、万が一のトラブルが起きても安心して生活できますね。

ソーラーカーポートのメリット・デメリットを詳しく解説!

続いて、ソーラーカーポートを設置するメリットやデメリットについて解説していきます。

ソーラーカーポートのメリット

ソーラーカーポートを設置する最大のメリットは、生産性のないカーポートの屋根で太陽光発電ができるようになることです。
カーポートはもともと車を雨や日差しから守るものですが、それ以外の役割がないため設置していない家庭も多いのではないでしょうか?

ソーラーカーポートがあれば車の寿命を伸ばしながら発電もできるため、経済的なメリットは非常に大きいといえます。
家の屋根とは違い、ソーラーカーポートなら日当たりに合わせてパネルの角度や位置を調整できますので、発電効率が優れている点も見逃せません。

ソーラーカーポートのデメリット

一方で、ソーラーカーポートのデメリットは、設置するコストが高額であることです。
比較的安価で設置できるポリカ屋根のカーポートに比べると、パネルの重みに耐えられる強度が必要なソーラーカーポートの方がどうしても高価になってしまいます。

ソーラーパネルの取付工事やパワーコンディショナーへの配線工事も必要になるため、施工費用も割高になることも多いでしょう。
予算的に厳しいのであれば、まずは折半屋根のカーポートのみ設置し、資金に余裕があるときにあらためてソーラーパネルを取り付けることをおすすめします。

ソーラーカーポートの費用相場は?固定資産税についても解説

最後に、取付工事費を含むソーラーカーポートの価格相場や、気になる固定資産税について詳しく解説していきます。

【駐車台数別】ソーラーカーポートの費用相場

駐車台数ごとに分類したソーラーカーポートの価格相場は以下のとおりです。

駐車台数

2

3

4

発電量(kW)

3.5〜7.5

6.5〜9.5

9.5〜12.5

価格(万円)

150〜250

180〜350

250〜400

一般的な太陽光パネルの設置費用も150〜350万円ほどですので、ソーラーカーポート自体の価格設定はそれほど高くないといえます。

カーポートのメーカーや設置する土地の環境によっても価格は大きく変わりますので、今回ご紹介した相場はあくまで目安としてお考えください。

ソーラーカーポートに固定資産税はかかる?

ソーラーカーポートに限らず、「発電量10kW以上」の太陽光発電システムに対しては、基本的に固定資産税は課税されます。
ビルトインガレージのような「建物」としてみなされるカーポートにパネルを設置するときも、建物の面積に応じて税金がかかってしまいます

カーポートが建物としてみなされる条件は「3面が壁で覆われている」ことです。
ソーラーパネルの有無や発電量にかかわらず、建物とみなされれば固定資産税がかかりますので、ガレージの建設を検討している場合は注意しましょう。

固定資産税がかからない条件を満たす方法は?

固定資産税の課税条件を満たさずにソーラーカーポートを設置するなら、「合計発電量が10kW未満」かつ「ビルトインガレージ以外」のものを設置するようにしましょう。
すでに家の屋根にソーラーパネルを設置している方は、合わせて10kW未満になるようにパネルの発電量を調整する必要があります。

3面が壁で覆われていなければ建物とはみなされませんので、ガレージ以外という条件を満たすことはそれほど難しくありません。
せっかくの売電利益を固定資産税で減らしたくない方は、合計発電量やカーポートの形状には注意が必要です。

【まとめ】ソーラーカーポートを導入して電力の自家消費率を高めよう

カーポートの屋根は太陽光発電にとって絶好の空きスペースです。
ソーラーカーポートを設置すれば、電力の自給自足率を大幅に高めることができます。
電気代が値上げ傾向にある現在、電力会社から買った電力をそのまま使うより、カーポートで発電してたエネルギーを使った方が経済的にはお得です。

ソーラーカーポートは通常のカーポートに比べて高価ですが、毎月の節約金額を考えれば十数年で充分に購入資金を回収することができます。
屋根にソーラーパネルが取り付けられずに諦めていた方も、土地さえあれば設置できますので、太陽光発電を導入したい方は検討してみてはいかがでしょうか?

リノベステーションではニチコンやシャープを始めとした蓄電池を取り扱っております。

蓄電池の商品ページはこちら

もちろん、太陽光発電機器との同時購入も可能です!

太陽光発電の商品ページはこちら

手続きが面倒な補助金申請も代行しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

IHやエコキュートのお取り扱いもございます。

IHの商品ページはこちら

エコキュートの商品ページはこちら

 

この記事の監修者

光熱費削減コンサルタント

中田 萌

『お客様に寄り添うこと』をモットーに日々の業務に取り組んでおります。
太陽光発電の活用方法や蓄電池の導入などのご相談は年間2000件以上頂いており、真摯に問題解決に取り組んできました。
光熱費削減に関するお悩み等ございましたら、お気軽にご相談下さい。

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にリノステまでお問合せください!

LINEでご相談はこちら

\お電話でも受け付けております/

0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(祝日除く)

関連記事

New call-to-action