蓄電池・リフォームのECサイト。
安心の長期保証日本全国対応!

家庭用蓄電池とは?【太陽光発電と組み合わせるメリット】

蓄電池 2021年02月08日更新

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

家庭用蓄電池とは?【太陽光発電と組み合わせるメリット】

蓄電池とは?太陽光発電とは?【分かりやすく解説】

緊急事態宣言による在宅ワークの浸透や、日本列島を襲った記録的な寒波の影響でSNSなどを中心に「電気代高騰」の話題を見受ける機会が増えました。

高すぎる電気代、家計を圧迫する前にできる対策には、「蓄電池」や「太陽光発電」などのエコ商材への関心が高まっています。

とはいえ、「蓄電池」や「太陽光発電」などの用語をよく耳にするけどいまいちよく分からない…。

そんな方も少なくないことでしょう。

そこで今回の記事では、蓄電池と太陽光発電の仕組みを分かりやすく説明します。

この2つのエコ商材、もちろん単品仕様でも節電効果はありますが、組わせて使用することでより大きな節電効果があることをご存じでしょうか?

太陽光発電と蓄電池の仕組みを知って導入し、組み合わせ、生活をより良いものにしていきましょう!

蓄電池のしくみ

蓄電池とは、充電して電気を蓄えることができる電池・バッテリーのことです。

この蓄えた電気は必要な時にご家庭の電気機器に供給することが出来ます。

最近は、災害時の電力供給としてだけではなく、節電・省エネなどへの意識の高まりから導入するご家庭が増えてきています。

蓄電池のなかにもバリエーションが多数あり、大きいものから小さいもの、屋外設置のものから屋内設置のものまで取り揃えられています。

蓄電池をご家庭に導入すれば、震災などの災害時に非常用電源として使えます。

さらに、電気料金が安い夜間に電気を蓄え、その電気を電気料金が高い昼間に使うことで、電気代の節約にもなります。

蓄電池は乾電池と同じくプラス極とマイナス極で成り立っており、仕組みはほとんど一緒です。

1つだけ大きく違うのが、蓄電池は充電できるという点です。「再利用可能な乾電池」と考えてもらうと分かりやすいと思います。

太陽光発電のしくみ

太陽光発電というと、太陽光パネルを思い浮かべる方が多いと思います。あの太陽光パネルは、光エネルギーから直接電気をつくる太陽電池を使用しています。

この太陽電池によって生まれた電気はパワーコンディショナー(通称:パワコン)によって、一般家庭で使用する電力に変換されます。

このように、太陽光発電は仕組みが単純なため管理がしやすいという特徴があります。

太陽光発電と家庭用蓄電池を組み合わせるメリットとは

それでは、蓄電池と太陽光発電を組み合わせるメリットをご紹介していきます!

この2つのエコ商材コンボは、場合によっては限りなく毎月の電気料金を0に近づけることも夢ではありません。

万単位だった電気料金が数千円単位まで削減することができたというような事例は数多く存在します。

具体的には、下記の感じ。

  • 発電した電気を災害時に利用できる!
  • 節電に大きく貢献!
  • FIT期間が終了しても太陽光発電システムを有効活用できる!

順番にご説明していきます。

①発電した電気を災害時に利用できる!

太陽光発電単体では曇りや雨の日には発電できず、電気を使用することができません。

しかし蓄電池と組み合わせることで、発電量が0の日でも前日に太陽光発電システムでつくった電気を利用することができます!

もちろん非常時にも蓄えておいた電気を使用することができます!

②節電に大きく貢献!

蓄電池のしくみについて述べた際、電気料金の安い夜の時間帯に電気をためておくと電気料金の節約につながることをお伝えしましたが、太陽光発電と蓄電池を組み合わせるとさらに節電につながります。

日中は、太陽光発電によってつくられた電気を使用し、同時に蓄電池に電気を蓄えます。夜間はその蓄えた電気+夜間料金の電気を使用します。

そうすることで、太陽光発電単体、蓄電池単体のケースよりも電気代が安く抑えられるのです!

③FIT期間が終了しても太陽光発電システムを有効活用できる!

太陽光発電を導入するとFIT期間(固定価格買取制度)が設置から10年間有効になります。

このFIT期間には各ご家庭で太陽光発電によってつくられた電気のうち、余剰電力を電力会社などの事業者が買い取ってくれるというものです。

この10年間が過ぎてしまうと、太陽光発電でつくられた電気のうち使われない無駄な電気が生じてしまいます。

しかし、蓄電池さえあればこの余剰電力を有効に使うことができるのです。売ることの出来ない電気を蓄え、各ご家庭で消費することができます!

太陽光発電に蓄電池を導入するベストタイミングとは

すでに太陽光発電システムを導入されているご家庭に蓄電池を導入するタイミングは、ズバリ「太陽光発電のFIT期間終了時期」です!

先ほども述べましたとおり、FIT期間が終了すると余剰電力を売ることが難しくなり無駄が生じてしまいます。

この無駄を有効活用するには、FIT期間終了時期を目安に蓄電池を導入するのが賢い方法です。

また、FIT期間終了以前でもつくられた余剰電力を売電するのではなくご家庭で消費したい!という方は、もちろんFIT期間満了を待たずに導入されることをお勧めします。

蓄電池とは電気代削減の強い味方!【太陽光発電と組み合わせよう】

太陽光発電と蓄電池を組み合わせるメリット、導入するタイミングについて解説してきました。

蓄電池と太陽光発電の組み合わせ使用は、お互いの特性を活かし合う最強の節電コンボです。

災害時の電力を確保しておきたい、電気代を節約したい、など、様々な願いをまとめて担保できる非常にコスパの良い手段といえるでしょう。

導入を考えている方はぜひ多様な製品を比較しご家庭に合った商品を導入してみてください。電気代を賢く節約しましょう(^^)/

各地域の蓄電池補助金については蓄電池補助金ページをご確認ください!

 

蓄電池やリフォームのご相談や
お見積りは完全無料です!

お気軽にお問合せください!

お問い合わせはこちら

\お電話でも受け付けております/

フリーダイヤル0120-30-30-70受付時間 9:00〜18:00(土日祝含む)

関連記事